恋愛

いったいなんで?ホワイトデーにお返しをくれない男性の心理とは?

2019年03月13日更新
いったいなんで?ホワイトデーにお返しをくれない男性の心理とは?

バレンタインデーにわざわざチョコレートを贈ったのに。

義理チョコを渡したのに・・・・。

それなのにお返しをくれないと、「なんで?」となりますよね。

この記事ではホワイトデーにお返しをくれない男性の心理や理由をまとめました。

「お返しナシなんて納得できない!」と思っている女子は必見です♪ 彼女に誤解されたくないから やむを得ない理由からお返しできない男性が!バレンタインデーに豪華なプレゼントをもらっても、返すに返せない男性がいます。

それが恋人アリの男性です。

たとえ贈り物のお礼とは言え、自分以外の女子に彼氏が何かを贈る行為を、面白くないと思う女性は少なくありません。

嫉妬深いタイプや、彼と付き合い初めて間もない女子はなおさらです。

そのため本人が「何かもらったのだから、お礼をしなきゃ」と思っていても、「でも彼女を心配させたくないから」「誤解されたくないから」との心理から、何もお返しできない男性が多々います。

そのような男性に「あの人、本命チョコもらっても、お礼はしないタイプなんだって。

マナー知らず」なんて言うと、本人だけでなく彼女も、とても傷つけてしまう恐れがあります。

このタイプからお礼がなくても「仕方ない」ですませてあげましょう。

イベントごとに興味がないから 季節のイベントに無関心なタイプも!ホワイトデーに対する男性の考え方は様々です。

「楽しいイベント」と感じるタイプもいれば、「興味ない」と考えるタイプも。

女性は一年のイベントを楽しめる人が多いですから、ちょっと意外かもしれませんが、男性のなかにはホワイトデーやバレンタインデー、クリスマスはもちろん、自分の誕生日にすら興味が持てない人が少なからずいます。

このような人たちは恋愛や季節のイベント以外のものに熱中しているグループに、多い傾向があります。

たとえば仕事人間や、好きな事柄の追求に人生を賭けている趣味人はホワイトデーに関心が薄めだったり、嫌いだったりします。

彼らのようなタイプにも本命チョコを渡しても、相手もあなたに気がない限り、「お返しを渡すなんて面倒」とか「一方的に気のない異性からプレゼントを押し付けられても、うれしくない。

来年はもうもらいたくないから、ホワイトデーは何もしないでおこう」とか思われ、お返しはあまり期待できないようです。

何を渡せば良いのか分からない お返しをくれない男子にはこんな理由も♪女性のなかには美味しいスイーツや可愛い小物に詳しい人がたくさんいますよね♪「あそこのお店のスイーツにはハズレがない!」「小物といえば、あのお店!」なんて言える女子も周りに一人はいるのでは?一方、大半の男性は女性ほどスイーツにも小物にも詳しくありません。

義理チョコであれ「お返しに何を贈れば良いのか」分からない、なんて悩んでしまいがち。

高価なバレンタインチョコをもらった場合や、職場の女性陣がグルメである場合なんかは「下手なものをお返しに渡せば、ひんしゅくを買うかも」と、プレッシャーを感じる男子も・・・・そのためホワイトデー前日になってもお返しが決まらず、結局、当日なにもできずに終わった男子も、なかにはいるものです。

このタイプは彼女持ちの男性と同じく、お返しをする気がまったくないわけではない場合が多いので、お返しをしてもらえなくても、やっぱり責めないようにしておきましょう。

落ち込んでしまう恐れがあります。

時間・お金がないから お返しする余裕がない男子も多い!時間やお金がなくてお返しを用意できない男性たちもいます。

たとえば学生の場合、お金がないので、本命の彼女にも何も贈れないタイプが時々います。

社会人の場合はお礼を買いに行く時間がとれず、結局、職場の女子にも本命にもお返しできなかった、となる人が珍しくありません。

先にお伝えしたように、男性はお礼として渡せる物を販売しているお店にうといのです。

そのためいちいち良いお店や適当な品物をチェックしなければならないのですが、激務の会社に勤めている男性は特に、そのような時間は容易にとれません。

お返しをする意志はあっても、途中で挫折する場合もあります。

もし2月14日にプレゼントを贈った相手に「なんでお返しがないの?」と質問したとき、「お金がないから」「時間がないから」との回答があったならば、単に「ケチ」「お返しを買うくらいの時間、作れそうなのに」とは思わないようにしましょう。

「それなら仕方ないな」と考えると、ストレスがたまらずにすみますし、「追求されたらどうしよう」と相手が心配していた場合、安心させられますから、おすすめです♪ ホワイトデーだと気づいていない 忙しさのあまり忘れているのかも・・・・「毎年、ホワイトデーには何かくれていたのに、今年はお返しがない。

手間ヒマかけて選んだプレゼントを渡したのに!」そんなときは彼氏が忙しく過ぎて、ホワイトデーを忘れてしまっているかもしれません。

男性は何かに集中しているときはそれ以外のものに、残念ながら恋人や大切なイベントも含めて、意識が向かない傾向があります。

彼女に「今日はホワイトデーだよ」と指摘されて初めて「そうだった!」となる男性もなかにはいるものです。

お仕事や就活といった、彼の人生にとって重要なものに意識を集中させている場合はなおさらです。

「でもカレは今、忙しくなさそう」そう思える場合は忘れているのではなく、ひょっとしたら彼のあなたに対する愛情がやや減ってしまっているのかも。

長くマンネリを感じていた場合はその確率が高めです。

お返しをくれるよう恋人に可愛くおねだりしたり、ホワイトデーに彼を誘ってちょっと刺激的なデートスポットに足を運んで、お返しについて質問したりすると、大急ぎで素敵なお返しを用意してくれるかも♡ writing by love recipe編集部

キーワード

  • お返し
  • ホワイトデー
  • イベント
  • お礼
  • 女子
  • プレゼント
  • バレンタインデー
  • お金
  • お店
  • 男子
  • スイーツ
  • 小物
  • 理由
  • 心理
  • 本命