メイク

奥二重さん必見!アイシャドウの塗り方・色選び・おすすめ【徹底解説】

2019年03月14日更新
奥二重さん必見!アイシャドウの塗り方・色選び・おすすめ【徹底解説】

お悩み解決メイクアイシャドウ・アイカラー 奥二重だからアイシャドウがきれいに塗れない、思い通りの仕上がりにならないとお困りではありませんか? 印象的な目元を演出するために欠かせないアイシャドウ。

ちょっとしたポイントを意識するだけで、奥二重を活かしつつ理想のまなざしを叶えることができるのです。

そこで今回は、奥二重のまぶたを魅力的に見せるアイシャドウの塗り方と注意したいポイント、アイシャドウの選び方からイエベ・ブルベ別のおすすめまで徹底的にご紹介します! 1.奥二重のアイシャドウの塗り方 ではさっそく、奥二重の方の基本的なアイシャドウの塗り方をご紹介します。

★基本的なアイシャドウの塗り方はこちら →アイシャドウの塗り方|基本から一重/二重別のポイント・選び方まで 【奥二重のアイシャドウのポイント】 ・上まぶたのパールは入れ方注意 ・万能カラーは薄いブラウン ・ミディアムカラーは目を開けたときに見える位置まで ・締め色の入れすぎに注意 ・涙袋にハイライトをオン 上気のポイントを踏まえながら、手順に沿ってアイシャドウの塗り方を説明していきます。

① アイホールにハイライトカラーをブラシでなじませる このとき注意したいのが、ハイライトカラーをあまりしっかり入れすぎないこと。

ハイライトカラーには膨張効果があるため、入れすぎてしまうとまぶたがはれぼったく見えてしまうことがあります。

その都度目を開け、確認しながら入れていきましょう。

② ミディアムカラーを二重幅の少し上まで乗せる メインとなるミディアムカラーを、目を開いた際に隠れてしまう範囲より少し上の部分まで乗せます。

万能カラーはナチュラルなブラウンやベージュ!赤やピンクなどのカラーアイシャドウは、目尻だけにするなどのポイント使いがおすすめです。

時々目を開け、二重の幅で隠れる少し上の位置まで入れるようにしましょう。

③ 締め色を目の際に入れる 濃い色で二重幅を塗りつぶしてしまうと、引き締め効果で目が小さく見えてしまいます。

細いチップやブラシを使い、アイラインを引くようなイメージで目の際へ丁寧に乗せましょう。

④ 涙袋にハイライトカラーを乗せる 涙袋の部分にハイライトを入れることで、目の縦幅を強調して大きな目元を演出することができます。

自然なグラデーションアイの完成です! 2.奥二重のアイシャドウの塗り方|Q&A 続いて、奥二重の方がアイシャドウを塗るときに悩みがちなポイントとその対策方法をお伝えします。

◆奥二重にアイシャドウがたまるときの対処法 まぶたの奥二重の部分にアイシャドウがたまると、よれてしまいきれいに仕上がりません。

そんなときの対策方法を2つご紹介します。

・ティッシュや手の甲でオフする ブラシやチップ、指に取ったアイシャドウを、そのまままぶたに乗せていませんか?当てはまる方は、アイシャドウの量が多かったりムラになっているかもしれません。

一度取ったらそのまままぶたに乗せず、一度ティッシュや手の甲でなじませましょう。

余計なアイシャドウをオフすることでチップやブラシ、指に適量が残るので、ムラづきを防ぐことができます。

・アイベースを使う それでもよれるという方は、アイシャドウの前にベース(下地)を取り入れてみてはいかがでしょうか。

ベースを使うことでその後に使うアイシャドウをまぶたへ密着させ、化粧持ちを高めることができます。

●関連記事 ⇒おすすめのアイシャドウベース ◆ピンクや赤を使うとはれぼったく見える 前章でご紹介したとおり、赤やピンクのアイシャドウは入れ方によってはまぶたがはれぼったく見えてしまうこともあります。

ピンクや赤を使いたい場合は、目尻などのポイント使いを意識しましょう。

3.奥二重におすすめのアイシャドウ【イエベ・ブルベ別】 塗り方・使い方をマスターしたら、お気に入りのアイシャドウを見つけましょう。

この章では、塗り方の章でご紹介した通りナチュラルなブラウンやベージュ系のアイシャドウをイエベ・ブルベ別にご紹介します。

肌色別の似合う色もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

◆似合うアイシャドウの選び方 【イエローベース(イエベ)】 黄みを帯びたあたたかみのあるイメージの肌色が特徴です。

似合う色を身に着けると生き生きとした肌に見せることができます。

【ブルーベース(ブルベ)】 青みを帯びた涼しげで爽やかなイメージの肌色が特徴です。

似合う色を身に着けると肌の透明感が増します。

●パーソナルカラー診断についてはこちら ⇒あなたのパーソナルカラーは?セルフチェック診断&似合うカラー 【イエベ】奥二重におすすめのアイシャドウ ■キャンメイク パーフェクトスタイリストアイズ 02 ベビーベージュ 価格:780円(税抜) 肌に溶けこむようになじむ、王道のベージュ。

ナチュラルメイクにぴったりな5色がセットになっています。

★レビューはこちら→《キャンメイク パーフェクトスタイリストアイズ》 ■エクセル スキニーリッチシャドウ SR01 ベージュブラウン 価格:1,500円(税抜) 繊細な粉質でナチュラルな陰影を表現できるエクセルのアイシャドウ。

SR01は、ベーシックで使いやすいベージュブラウンのパレットです。

★レビューはこちら→《エクセル スキニーリッチシャドウ》 ■ルナソル スキンモデリングアイズ 01 Beige Beige 価格:5,000円(税抜) ルナソルの中でも定番のベージュ系アイシャドウ。

さりげないのに美しいグラデーションで、目元の美人印象を高めます。

■インテグレート トリプルレシピアイズ BR703 価格:1,500円(税抜) ベーシックなグラデカラーに、選べる2種類の質感チェンジパウダーがセットになったインテグレートのアイシャドウ。

BR703は、まろやかなまぶたに仕上がりそうなピーチ系のパレットです。

■セザンヌ トーンアップアイシャドウ 01 ナチュラルブラウン 価格:580円(税抜) 中央の「肌なじみカラー」に一重や奥二重の方でも使いやすい色を採用しているセザンヌのアイシャドウパレット。

01は、やや黄みよりのナチュラルなブラウンです。

★レビューはこちら→《セザンヌ トーンアップアイシャドウ》 【ブルベ】奥二重におすすめのアイシャドウ ■キャンメイク パーフェクトスタイリストアイズ 11 ローズベージュ 価格:780円(税抜) やわらかなローズベージュと赤みブラウンがセットになったパレット。

ソフトな色味なので、特にサマータイプの方におすすめです。

★レビューはこちら→《キャンメイク パーフェクトスタイリストアイズ》 ■エクセル スキニーリッチシャドウ SR06 センシュアルブラウン 価格:1,500円(税抜) 理想のブラウンがきっと見つかる、エクセルの4色アイシャドウ。

赤みブラウン系のSR06は、まぶたに塗ると女性らしい上品な印象に仕上がります。

★レビューはこちら→《エクセル スキニーリッチシャドウ》 ■ルナソル ザ ベージュアイズ 02 Noble Beige 価格:10,000円(税抜) パレットを開けるとずらりと広がる10色のベージュは圧巻。

02は、やわらかな印象をまとわせるノーブルベージュです。

■マジョリカ マジョルカ マジョルック(イルミネーター) BR799 妖艶 価格:1,400円(税抜) イルミネーション効果で、明るくクリアな目元をつくるアイシャドウ。

あらかじめクリームベースがセットになっているので、奥二重にアイシャドウがたまりがちな方にも最適です。

■セザンヌ トーンアップアイシャドウ 02 ローズブラウン 価格:580円(税抜) 一重・奥二重の方が幅広く塗っても浮かない色設計になっているセザンヌのアイシャドウ。

02は、大人フェミニンな印象に仕上がるピンクベージュ系のパレットです。

★レビューはこちら→《セザンヌ トーンアップアイシャドウ》 4.奥二重のアイメイク|アイシャドウ以外のポイント 最後に、アイシャドウの塗り方とともにチェックしておきたい奥二重のアイメイクのポイントをご紹介します。

ぜひ合わせて意識してみてくださいね。

◆アイラインは主張させすぎない アイシャドウの締め色と同様、奥二重の方はアイラインを太く入れてしまうと、二重の幅が塗りつぶされて目が小さく見えてしまいます。

アイライナーは主張させすぎないことを意識し、目の際に細く入れましょう。

インサイドラインを引くのもおすすめです。

太さを出さない分、目尻をやや切れ長気味にすっと伸ばすのも似合います。

また黒は引き締め効果があるため、色に関しては「漆黒」のような真っ黒よりも、強すぎない黒やブラウンブラックなどがおすすめです。

●関連記事 ⇒奥二重のアイラインの引き方 ⇒おすすめのプチプラブラウンアイライナー ◆マスカラはセパレートを意識 自然と大きな目元を演出するためには、まつげをきれいにセパレートさせることで目の縦幅を強調しましょう。

マスカラがダマになってしまうという方は、セパレートタイプのマスカラを選んだり、マスカラコームも活用してみてくださいね。

●関連記事 ⇒マスカラの上手な塗り方&使い方 5.まとめ 奥二重の方がアイシャドウを塗るときのコツや、おすすめのアイシャドウなどをご紹介してきました。

アイシャドウの塗り方で悩みがちな奥二重さんも、ちょっとしたポイントを意識するだけで印象的な目元をつくることができます。

肌に合った色のアイシャドウを使えばさらに魅力が増すはず♡ぜひ、奥二重を生かした理想のまなざしを演出してみてくださいね。

◆メイク 肌らぶ関連記事◆ ◆メイク初心者さん必見!基本のメイク方法 ◆ファンデーションの塗り方|道具・順番・コツ ◆シミ・そばかすはメイクで隠す!おすすめアイテムとテクはこれ ◆クマ隠しならコンシーラー【青・黒・茶】タイプ別に確認! ◆毛穴落ち&毛穴浮きのファンデーション対策とメイク直し方法 ◆眉毛の基本の整え方|初心者さんも必見 ◆綺麗な「美人眉毛」の描き方&整え方! ◆目を大きく見せるメイク方法とは? ◆アイシャドウの上手な塗り方と選び方 ◆アイラインの上手な引き方! ◆マスカラの上手な塗り方&使い方 ◆化粧直し|化粧直し方法&簡単お直しアイテムも 作成者情報 肌らぶ編集部 キレイになりたいあなたに価値ある情報を提供する美容メディア「肌らぶ」編集部。

スキンケア・メイクを中心に、みなさまのキレイに寄り添った記事を日々執筆中。

肌のお悩みからコスメの最新トレンド情報までお任せください! ⇒肌らぶ編集部員一覧を見る メイク のトップに戻る

キーワード

  • アイシャドウ
  • 奥二重
  • ポイント
  • 塗り方
  • まぶた
  • レビュー
  • ベージュ
  • ブラウン
  • 意識
  • 目元
  • パレット
  • ハイライトカラー
  • ピンク