ライフスタイル

さん付けで名前を呼ぶ心理5選!君・ちゃんの呼び方や呼び捨ての意味と理由も

2019年03月15日更新
さん付けで名前を呼ぶ心理5選!君・ちゃんの呼び方や呼び捨ての意味と理由も

【恋愛編】さん付けの名前の呼び方の心理5選 好きな人にさん付けの名前の呼び方をする心理①恋愛感情を持っていない 好きな人にさん付けの名前の呼び方をする心理1つ目は、恋愛感情を持っていないことです。

長年友達付き合いしているにもかかわらず、一向に「さん」を取らないのは、恋人になりたいという気持ちを持っていない傾向にあります。

気になる人が時間が経つにつれて変わっていた場合は、脈ありと考えて良いでしょう。

好きな人にさん付けの名前の呼び方をする心理②距離感を感じている 好きな人にさん付けの名前の呼び方をする心理2つ目は、距離感を感じていることです。

自分と相手の仲はそれほど良くないと感じている場合や、お互いに知り合って時間が経っていない場合、機嫌を損ねないために付けています。

好きな人にさん付けの名前の呼び方をする心理③敬意を示している 好きな人にさん付けの名前の呼び方をする心理3つ目は、敬意を示している場合です。

親しき仲にも礼儀ありという言葉がある通り、長年親友として連れ添った相手に対して遠慮ない態度を取ってしまうと、築き上げてきた関係性が崩れます。

さん付けは相手への敬意を忘れない行為でもあるのです。

こちらの記事では、リスペクトの意味についてまとめられています。

敬意を英語で表現するとリスペクト(respect)となりますが、この言葉には様々な使われ方があります。

相手や作品に対して敬意を示すためにも、こちらの記事を読んで、リスペクトという言葉を使いこなしましょう。

好きな人にさん付けの名前の呼び方をする心理④相手に遠慮している 好きな人にさん付けの名前の呼び方をする心理4つ目は、相手に遠慮している場合です。

その人が部下や取引先の相手である場合、立場上さんをつけざるを得ません。

もし、その人が自分に好意を持っていると感じたら、デートに誘ってプライベート上で合うと良いでしょう。

好きな人にさん付けの名前の呼び方をする心理⑤距離を詰めたい 好きな人にさん付けの名前の呼び方をする心理5つ目は、距離を詰めたい場合です。

最初から馴々しく接してしまうと、相手は不快に感じます。

なので、最初は敵意がないことを示してから段々仲良くなろうと考えているのです。

こちらの記事では、隣に座る男女の心理についてまとめられています。

気になるあの人が自分の隣を座ってくる場合、あなたと仲良くなりたい、楽しく喋りたいという心理が働いている可能性があります。

こちらの記事を読んで、あの人がどうして隣の席に座ってくるのかを考えてみましょう。

【仕事編】さん付けの名前の呼び方の心理5選 仕事中にさん付けの名前の呼び方をする心理①相手を尊重している 仕事中にさん付けの名前の呼び方をする心理1つ目は、相手を尊重している場合です。

同じ職場の同僚や取引先の相手など、仕事仲間として相手に敬意を払う場合にさん付けで呼ぶことがあります。

こちらの記事では、親しくない相手への送別メッセージの例文についてまとめられています。

転職したり結婚退職で辞めてしまう仕事仲間に対して、どのようにメッセージを送ればいいのか悩む人は多い傾向にあります。

そんな悩みを解決するためにも、こちらの記事を読んで、相手を快く送るためのメッセージを考えてみましょう。

仕事中にさん付けの名前の呼び方をする心理②礼儀をわきまえている 仕事中にさん付けの名前の呼び方をする心理2つ目は、礼儀をわきまえていることです。

いくら自分の立場が上だからといって、呼び捨てにしたり、女性社員にちゃん付けで呼ぶとパワハラやセクハラになりかねません。

こういったトラブルを回避するためにも、立場が下の人出会っても、礼儀正しく接する必要があります。

仕事中にさん付けの名前の呼び方をする心理③さん付け運動を心掛けている 仕事中にさん付けの名前の呼び方をする心理3つ目は、さん付け運動を心掛けている場合です。

さん付け運動とは、上司を役職名ではなくさん付けで呼ぶという意識的な活動を指します。

これにより、運動を取り入れている会社の社員全体に仲間意識が芽生えて自由に意見を発言したり、お互いが仲良くなるというメリットが生まれます。

仕事中にさん付けの名前の呼び方をする心理④尊敬し合う上下関係を持ちたい 仕事中にさん付けの名前の呼び方をする心理4つ目は、尊敬し合う上下関係を持ちたいことです。

お互いの関係性が上司と部下である場合、堅苦しく役職名を交えて呼び合っていては仕事がしにくくなります。

それを回避するために、お互いに「苗字+さん付け」で呼び合って尊敬し合います。

これにより、円滑なコミュニケーションが取れるようになります。

そこで、お互いに「苗字+さん付け」で呼び合って尊敬し合うことによって、円滑なコミュニケーションが取れるようになります。

ああ 仕事中にさん付けの名前の呼び方をする心理⑤運動に関連して話しかけやすい 仕事中にさん付けの名前の呼び方をする心理5つ目は、運動に関連して話しかけやすいことです。

何かしらの会話をする時、役職名で話しかけるよりもさん付けで呼ぶ方が、話しかけやすいという傾向にあります。

そのため、気軽になれるさん付けが使われています。

さん付け以外で呼ばれる名前の呼び方の心理は? 君付けで呼ばれる名前の呼び方の心理①相手に対して親しみを持っている 君付けで呼ばれる名前の呼び方の心理1つ目は、相手に対して親しみを持っていることです。

知り合ってから長い期間が経っている時、相手に対する好感度が高いと君付けで呼ぶようになる場合があります。

ある日君付けで呼ばれたら、仲良くなったと確信して良いでしょう。

君付けで呼ばれる名前の呼び方の心理②その人を友達だと認識している 君付けで呼ばれる名前の呼び方の心理2つ目は、その人を友達だと認識していることです。

同窓会などで再開した人に君付けで呼ばれる場合、その人はいまだにあなたのことを友達だと思ってくれています。

この場合はその人を大切に考えるようにしましょう。

ちゃん付けで呼ばれる名前の呼び方の心理①女性に対して好意を持っている ちゃん付けで呼ばれる名前の呼び方の心理1つ目は、女性に対して好意を持っていることです。

男性が女性に対して、苗字ではなく名前にちゃん付けしている場合は、親密性を感じ取っている傾向にあります。

しかし、その男性に女友達が多く存在する場合は必ずしも恋人関係を考えてるわけではありません。

友達として仲良いためにちゃん付けしていることもあるので、どちらの意味で呼んでいるのかを見極めるようにしましょう。

こちらの記事では、男友達の行動で「友達として好き」と「恋愛感情」の違いが判断できる方法についてまとめられています。

男友達がとる行動の裏に隠されている思いは難しいものがありますが、これを間違えると、恋人になれるチャンスが水の泡になります。

こちらの記事を読んで、違いのわかる女性になりましょう。

ちゃん付けで呼ばれる名前の呼び方の心理②女性と仲良くなりたい ちゃん付けで呼ばれる名前の呼び方の心理2つ目は、女性と仲良くなりたい場合です。

初対面の頃は距離を取っていた人が、ある日ちゃん付けで呼びながら距離を詰めてきたら、恋愛対象として意識しているか、もっと親密な関係になりたいと考えている可能性があります。

呼び捨てで呼ばれる名前の呼び方の心理①信頼している 呼び捨てで呼ばれる名前の呼び方の心理1つ目は、信頼していることです。

苗字や名前を呼び捨てで呼ぶようになったら、その人は気を許していることを表しています。

そこから親友になるか恋人になるかはあなた次第と言えるでしょう。

呼び捨てで呼ばれる名前の呼び方の心理②目下に見ている 呼び捨てで呼ばれる名前の呼び方の心理2つ目は、目下に見ていることです。

その人が上司や先輩である場合、部下や後輩を呼び捨てにするのは当たり前だと考えて呼び捨てで呼ぶ人は少なからずいます。

このタイプの人は権力主義なので下の立場に何か言われると苛立つ可能性があります。

さん付けで呼ぶのは悪いことではない! 初対面の頃から日が経つのに、いつまで経ってもさん付けで呼ぶことに苛立つ人もいます。

しかし、「さん」は尊敬の意を表す言葉なので、受け取り方によっては「あなたを敬っています」や「やましい気持ちを持っていません」とも考えられます。

どうしていつも他人行儀なのかと問う前に、一度相手の立場に立って考えてみましょう。

その人はあなたと仲良くなりたい、恋人になりたいという思いを持っている可能性があります。

それを確信できたら、自分から向かっていくのも良いでしょう。

キーワード

  • さん付け
  • 心理
  • 名前
  • 呼び方
  • 仕事
  • 君付け
  • 友達
  • 尊敬
  • 立場
  • 恋人
  • 苗字
  • 可能性
  • 敬意
  • 傾向
  • 運動