ヘアスタイル

髪の毛を切るか切らないか迷う時に似合う髪に出会うには?ロング/ボブ

2019年03月19日更新
髪の毛を切るか切らないか迷う時に似合う髪に出会うには?ロング/ボブ

髪の毛を切るか切らないか迷う時に似合う髪を見つける方法は? 髪の毛を切るか切らないか迷う時に似合う髪を見つける方法①輪郭 髪の毛を切るか切らないか迷う時に似合う髪を見つける方法1つ目として、自分の顔の輪郭から探すことがあげられます。

顔の輪郭は、「卵みたいな形」や「三角形を逆にした形」のように、何かの形に例えて5つのタイプに分けられます。

顔の輪郭の形5つのタイプの内訳は、丸顔・卵型・面長・ベース型・逆三角形です。

丸顔は、ボールのようにまん丸に近い曲線を描いた顔の輪郭です。

卵形は、その名のとおり卵のような曲線を描いた顔の輪郭です。

面長は、卵の形を引っ張って縦長にしたような顔の輪郭です。

ベース型は、ホームベースのように下部がシャープな顔の輪郭です。

逆三角形は、その名のとおり三角形を逆にしたような顔の輪郭です。

それでは、顔の輪郭を5つのタイプに分類した丸顔・卵型・面長・ベース型・逆三角型に似合う髪形を作るためには、どのようなことに気をつければよいでしょうか。

下記に5つのタイプ別にポイントをまとめてみました。

顔の輪郭タイプ別似合う髪型を作るポイント 丸顔…子供っぽさをなくすために縦方向を意識し、前髪には分け目を作り、髪で覆うことで顔をひし形に見せる 卵型…似合う髪形を作るポイントは特になく、どのような髪形でも似合う理想的な輪郭 面長…横方向を意識し、顔の長さを目立たないようにするため頬周りにボリュームを持たせたり、前髪を幅広く取る ベース型…縦方向を意識してトップにボリュームを出したりしつつ、頬周りを覆うことでエラを目立たなくする 逆三角型…縦方向・横方向ともにボリュームを出しつつ、顎の周りにボリュームを出して輪郭の凹みを補う 髪の毛を切るか切らないか迷う時に似合う髪を見つける方法②顔立ち 髪の毛を切るか切らないか迷う時に似合う髪形を見つける方法2つ目として、顔立ちから探す方法があげられます。

人間の顔立ちは、子供っぽいか、大人っぽいか、パーツが曲線的か直線的かによって、4つのタイプに分類されます。

子供っぽさがありパーツが曲線的な顔立ちは、可愛い系に分類されます。

子供っぽさがありパーツが直線的な顔立ち爽やか系に分類されます。

大人っぽさがありパーツが曲線的な顔立ちは、セクシー系に分類されます。

大人っぽさがありパーツが直線的な顔立ちはクール系に分類されます。

それでは、顔立ちを4つのタイプに分類した可愛い系・爽やか系・セクシー系・クール系型に似合う髪形を作るためには、どのようなことに気をつければよいでしょうか。

下記に4つのタイプ別にポイントをまとめてみました。

顔立ちタイプ別似合う髪型を作るポイント 可愛い系…横方向を意識し、髪の毛は短く軽く仕上げ、ラフな動きを出すためウェーブやカールを施す 爽やか系…縦方向を意識し、髪の毛は短く軽く仕上げ、パーツの直線に合わせたストレートラインを出す セクシー系…縦方向を意識し、髪の毛はロングでウェーブやカールでパーツの曲線に合わせて仕上げる クール系…縦方向を意識し、髪の毛はロングでパーツの直線に合わせたストレートラインを出す 髪の毛を切るか切らないか迷う時に考えるべきこと5つ 髪の毛を切るか切らないか迷う時に考えるべきこと①ヘアアレンジ 髪の毛を切るか切らないか迷う時に考えるべきこと1つ目として、ヘアアレンジがあげられます。

髪の毛が長くても髪の毛が短くても、ヘアアレンジができなくなるということはありません。

ヘアアレンジの方法というのは、髪の毛の長さに関係なく簡単なものから複雑なものまでたくさんあります。

しかし、髪の毛が長い人と短い人とでは、ヘアアレンジの方法が異なります。

髪の毛が長い人であれば、髪の毛をくくることができますので、それだけアレンジの方法も増えます。

一方、髪の毛が短い人であれば、髪の毛をくくることができるピンなどで留めることでヘアアレンジを行うという違いがあることを知っておきましょう。

髪の毛を切るか切らないか迷う人で、短い髪の毛のアレンジ方法が着になるという方は下記の「ショートヘアはワックスでつくる!女子力全開の簡単アレンジテクニック」の記事で、短い髪の毛のアレンジ方法を勉強してみることをおすすめします。

髪の毛を切るか切らないか迷う時に考えるべきこと②髪の毛のクセ 髪の毛を切るか切らないか迷う時に考えるべきこと2つ目として、髪の毛のクセがあげられます。

髪の毛を伸ばすと、クセは比較的出にくいのですが、髪の毛を切ったり好いたりしてしまうと、今までは出ていなかった髪の毛のクセが出てしまうということよくあります。

特に、前髪を作るとなると他の部分の髪の毛より短くなりますので、その分、髪の毛のクセも出やすくなるので注意が必要です。

もし、前髪の毛を切るか切らないか迷うという方がいれば、湿度の高い日などに前髪となる部分の髪の毛にクセがないか、縮めたり伸ばすことで確認してみましょう。

髪の毛を切るか切らないか迷う人の中で、自分の髪の毛にクセがあるけど髪の毛を切りたいという方は、下記の「くせ毛が収まるブローのやり方!髪の毛が綺麗になるコツと秘密って?」の記事をチェックして、実践できるかどうかを確かめておきましょう。

髪の毛を切るか切らないか迷う時に考えるべきこと③女友達の受け 髪の毛を切るか切らないか迷う時に考えるべきこと3つ目として、女友達の受けがあげられます。

男友達や彼氏の好みに合わせた方が、男性受けする髪の毛になるからよいのではないかと考える人も多いでしょう。

しかし、男性の好みというのは、無難な方向であることが多く、特に前髪に関しては奇抜なものを嫌います。

しかし、流行の髪の毛というのは無難なロングやセミロングばかりではなく、ボブやミディアムやボブであったり、厚めの前髪であるなど男性からすると奇抜なものもあります。

ここはやはり、無難か奇抜かで髪の毛の好き嫌いを判断する男性ではなく、純粋におしゃれを楽しむ女友達に判断してもらった方が良いでしょう。

髪の毛を切るか切らないか迷う時に考えるべきこと④前髪をどうするか 髪の毛を切るか切らないか迷う時に考えるべきこと4つ目として、前髪をどうするかということがあげられます。

ロングヘアからボブやショートになると、髪の毛の与えるイメージがかなり異なるため、バックやサイドの髪の毛ばかりに気をとられている人も多いのではないでしょうか。

髪の毛の与えるイメージで重要視すべきなのは、顔周りを構成する前髪です。

前髪は、作るか作らないかだけではなく、前髪の長さミリ単位で与えるイメージが変わってくるといわれるくらい大切なパーツです。

したがって、前髪を作るか作らないかだけではなく、どのような厚み長さで作るかまで考える必要があります。

そんな与えるイメージがミリ単位で違ってくる前髪について知りたいという方は、下記の「前髪の流し方は?短い・長い流し前髪の作り方や巻き方などを紹介」の記事をチェックして、前髪を作る前に学んでおきましょう。

髪の毛を切るか切らないか迷う時に考えるべきこと⑤切りたい理由 髪の毛を切るか切らないか迷う時に考えるべきこと5つ目として、切りたい理由があげられます。

人が髪の毛を切りたいと思う理由には、公私で何か行き詰るようなことがあったということが多いです。

人は行き詰った時、何かを変えようと思い、髪の毛を切りたくなるのです。

確かに、何かを変えようと思って髪の毛を切った結果、気分が晴れ晴れとして生産性が上がるというデータもあります。

しかし、新しい髪形というのはすぐに慣れてしまうこと、髪の毛を大幅に切ると似合うか似合わないかはできあがるまでわからないことなどを考えた上で切るか切らないかを決断した方が良いでしょう。

髪の毛を伸ばすか悩むときの長さ別のイメージは? 髪の毛を伸ばすか悩むときの長さ別のイメージ①ショート 髪の毛を伸ばすか悩むときの長さ別のイメージ1つ目として、うなじが見える短さのショートがあげられます。

ショートといえば、ボーイッシュなイメージですが、最近では女性らしいショーとスタイルが増えてきていることもあり人気が高い長さです。

髪の毛を伸ばすか悩むときの長さ別のイメージ②ボブ 髪の毛を伸ばす悩むときの長さのイメージ2つ目として、方のラインに毛先がくるボブがあげられます。

ボブスタイルは、カットの方法によって可愛いイメージを持たせることも大人っぽいイメージを持たせることもできる万能スタイルです。

ヘアアレンジが得意な方には、特におすすめの長さです。

髪の毛を伸ばすか悩むときの長さ別のイメージ③ミディアム 髪の毛を伸ばすか悩むときの長さのイメージ3つ目として、あごから方のラインに毛先がくるミディアムがあげられます。

ミディアムスタイルは、髪の毛の短さから活発なイメージを持たせつつ、女性らしいフェミニンさを兼ね備えている理想的な髪の毛の長さです。

髪の毛を伸ばすか悩むときの長さ別のイメージは④セミロング 髪の毛を伸ばすか悩むときの長さのイメージ4つ目として、毛先が肩よりは長く胸よりは短いセミロングがあげられます。

女性らしく髪の毛の長さが長い印象のセミロングですが、清潔感のある長さですのでお手入れもしやすく人気の長さです。

髪の毛を伸ばすか悩むときの長さ別のイメージ⑤ロング 髪の毛を伸ばすか悩むときの長さ別のイメージ5つ目として、毛先が胸まで伸びているロングがあげられます。

ロングスタイルといえば、女性の髪の毛の長さなのかで王道といわれるほどのメジャーなスタイルです。

女性らしさが際立つため、男性からも人気が高い長さです。

髪の毛を切るか切らないか迷うときは思いきって切ってみるのもアリ! 今回は、髪の毛を切るか切らないか迷う時に似合う髪に出会う方法や考えるべきことなどをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

髪の毛をバッサリと切るのは勇気がいることですが、切ってみないとわからないことも多々あります。

例え失敗したと思っても、アレンジ次第で似合うようにできますし、時間はかかりますが髪の毛を伸ばす事もできます。

それなら、髪の毛を切るか切らないか迷うこの時に、思い切って切ってみるのもアリではないでしょうか。

キーワード

  • 髪の毛
  • イメージ
  • 前髪
  • 輪郭
  • パーツ
  • ヘアアレンジ
  • 顔立ち
  • クセ
  • 意識
  • 分類
  • ロング
  • 縦方向
  • 髪形
  • ボブ