エンタメ

史上最高のイノベーターは同性愛者で、菜食主義者で、左利きの「メモ魔」だった

2019年03月30日更新
史上最高のイノベーターは同性愛者で、菜食主義者で、左利きの「メモ魔」だった
Appleの創始者を書いた、評伝『スティーブ・ジョブズ』は世界的ベストセラーとなった。その著者が次の題材に選んだのはレオナルド・ダ・ヴィンチ。なぜ、いまダ・ヴィンチなのか、そして彼はいかなる人物だったのか。この決定版『レオナルド・ダ・ヴィンチ』は遺された7200枚の全自筆ノートを基に書かれているが、実際のノートはその4倍あったとされる。恐るべき「メモ魔」だったダ・ヴィンチに迫る。※『レオナルド・ダ・ヴィンチ』上巻・5章「生涯を通じて、記録魔だった」より転載 ◆◆◆ アイデア、スケッチ、リスト、なんでも記録 何世代も続く公証人の家系に生まれたためか、レオナルドには事細かに記録を残そ...

キーワード

  • レオナルド
  • ノート
  • 記録
  • ページ
  • スケッチ
  • 老人
  • アイデア
  • 自然
  • 観察
  • パターン
  • テーマ
  • 幾何
  • 手稿
  • 芸術
  • 人間