ライフスタイル

積読に罪悪感は要らない!積読のメリットと本をスルッと読む方法

2019年04月05日更新
積読に罪悪感は要らない!積読のメリットと本をスルッと読む方法
読書は好き。でも忙しくてなかなか本を読む時間がとれない……。 そんな人が抱えがちなのが、「積読」の悩みです。 積読をしている人は多く、一般的な家庭でも数十冊、読書好きの方なら数百冊〜数千冊に及ぶ積読タワーが部屋に出来上がっていることも珍しくありません。 「早く読まなきゃ」と思うと心が苦しくなってしまう積読ですが、じつは「無理に読まなくても、積読は無駄にはならない」という考え方が少しずつ広まり始めています。 それはいったいどういう理由からなのでしょうか? 今回は、「積読がそのままの形で私たちにくれるメリット」と、それでもやはり読みたいという人のために「積読中の本に手をつけるコツ」について...

キーワード

  • 積読
  • 読書
  • 刺激
  • セレンディピティ
  • コツ
  • 場所
  • タイトル
  • ひらめき
  • 現代
  • 手元
  • 存在