エンタメ

沢尻エリカNHK大河初出演で放送コード限界ギリギリの“濡れ場”決意

2019年04月08日更新
沢尻エリカNHK大河初出演で放送コード限界ギリギリの“濡れ場”決意
沢尻エリカ 沢尻エリカ(32)が来年放送のNHK『麒麟がくる』で感激の初大河出演を決め、芸能生活20年の集大成として、放送コード限界ギリギリの“濡れ場”を披露する決意という。 「『麒麟がくる』は'20年に放送される、長谷川博己主演の大作です。長谷川演じる戦国時代の武将、明智光秀の半生を描く内容で、沢尻は斎藤道三の娘で、後に織田信長の正妻となる帰蝶(濃姫)という重要な役を演じます。沢尻は3月8日の出演者発表の会見で“これが本当に自分の集大成。芸能生活20年にしてやっと大河に出演でき、本当に嬉しく思います”と涙を浮かべたのです」(芸能記者) 沢尻といえば、人気絶頂で勘違いモードだっ...

キーワード

  • 沢尻
  • 放送コード限界ギリギリ
  • 濡れ場
  • 大河
  • NHK
  • 覚悟
  • 披露
  • 決意
  • 沢尻エリカ
  • 年末
  • 関係者
  • 離婚
  • 結婚
  • 主演映画
  • 会見