エンタメ

志賀理江子が写す春。輝かしく溢れる生命と、腐食から訪れる死

2019年04月08日更新
志賀理江子が写す春。輝かしく溢れる生命と、腐食から訪れる死
古今東西を見渡せば、歌謡曲には写真について歌ったものは多い。個人的に印象に残っているのは、椎名林檎の“ギブス”。 <あなたはすぐに写真を撮りたがる あたしは何時も其れを厭がるの だって写真になっちゃえば あたしが古くなるじゃない> これに続けて、恋人(?)がすぐ口にする「絶対」に、歌の語り手である女性は疑いを向けるわけだが、この考え方は自分が理解する写真の実体に近い。つまり、写真とは「過去」を撮るもので、それは絶対的な真実・事実を保証するものではないということ。SNSに溢れる写真が、そもそもの意図を離れて一人歩きし、曲解されたり炎上の火種になったりすることを思えば、現在の写真の移...

キーワード

  • 写真
  • 志賀
  • 展覧会
  • 志賀理江子
  • 震災
  • 人間
  • 今回
  • イメージ
  • 儀式
  • 東北
  • ヒューマン・スプリング
  • 自然