エンタメ

沢尻エリカ「別に」騒動から12年、NHK大河初抜擢も変わらぬ「自己チュー」ぶり芸能

2019年04月08日更新
沢尻エリカ「別に」騒動から12年、NHK大河初抜擢も変わらぬ「自己チュー」ぶり芸能
大女優の風格も(他の写真を見る) 「別に」騒動から、はや12年。ワガママ女優と呼ばれた沢尻エリカ(32)が、NHK大河ドラマに初抜擢された。ところが、早々に「自己チュー」を危ぶむ声が……。出演者発表会見の場でも、大御所を差し置いて、1人だけ目立ってしまっていたという。 速報漫画『コブラ』作者の“一夫多妻”在宅ケア生活 元アシが告発する“セクハラ”“奴隷扱い” 速報フジテレビ、開局60周年ドラマで大ポカ 字幕が終始ズレたまま放送 来年1月スタートの「麒麟がくる」は、主人公の明智光秀を長谷川博己が演じ、沢尻は織田信長の正妻で斎藤道三の娘、濃姫の役。これまで、大河ドラマでは...

キーワード

  • 沢尻
  • 騒動
  • 大河ドラマ
  • 自己チュー
  • 沢尻エリカ
  • 主役
  • ドラマ
  • 会見
  • 問題
  • 評価
  • 演技
  • キワモノ
  • 濃姫
  • 大河
  • NHK