メイク

フィニッシュパウダー【2019】人気のプチプラ&デパコス~仕上がり別まで

2019年04月16日更新
フィニッシュパウダー【2019】人気のプチプラ&デパコス~仕上がり別まで

フェイスパウダー フィニッシュパウダーが欲しいな。

どんなフィニッシュパウダーが人気かな? どう選べばいいかな? どんな使い方があるかな? つけ方のポイントはあるかな? など、気になっている方に、今回はフィニッシュパウダー特集をお届けします。

人気のデパコスもプチプラも優秀フィニッシュパウダーが盛りだくさんです。

ぜひ、お買い物候補を見つけてください! 1. フィニッシュパウダーの魅力&使い方 最初に、フィニッシュパウダーの魅力&使い方について確認しましょう。

フィニッシュパウダーはフェイスパウダーと呼ばれることもありますね。

つまり、フィニッシュパウダーとはいっても、仕上げに使うだけではない魅力があるんです♡ ぜひチェックしてみてください。

フェイスパウダーの魅力・使い方 ①基本!仕上げに使って化粧崩れ防止 まず基本の使い方です。

リキッドファンデーションやクリームファンデーション、BBクリームなどの液状のファンデーションを使用した後、ベースメイクの仕上げにフィニッシュパウダーを使いましょう。

キメの整った繊細な印象の肌に仕上がるだけでなく、化粧崩れ防止効果もあります。

基本的には、フィニッシュパウダーでおさえることで肌はマット寄りの質感に落ち着きますが、最近はツヤ肌仕上げのフィニッシュパウダーもたくさんあります。

仕上がりは選べるので、アイテム選びの際、意識してみるとよいでしょう。

●関連記事⇒【夜まで崩したくない!フェイスパウダーの使い方】 フェイスパウダーの魅力・使い方 ②定番!日中のメイク直しに 外出先での、簡単なメイク直しにもフィニッシュパウダーは大活躍。

時間がないときでも、ささっと一瞬でお直しできて、皮脂によるテカリやベタつきをおさえることができます。

携帯用にはプレストタイプのフィニッシュパウダーが使いやすいでしょう。

ぜひ、UVカット効果のあるフィニッシュパウダーを選んでくださいね。

●関連記事⇒【化粧直しにフェイスパウダー】 フェイスパウダーの魅力・使い方 ③応用!素肌を魅せる軽やかメイクに ナチュラルメイクが好きな方や、ちょっとした外出でしっかりメイクをするほどではないときは、日焼け止めや化粧下地の上にフィニッシュパウダーを重ねるだけの使い方もおすすめです。

軽くテカリを押さえつつ、きめ細やかな肌にみせてくれるでしょう。

「すっぴん」と「すっぴん風」のほんのちょっとした違いですが、実践してみると意外とその仕上がりにうれしくなるかも♡ フェイスパウダーの魅力・使い方 ④アレンジ!パウダーファンデーションの前に? 本来は仕上げに使うフィニッシュパウダーですが、スキンケアの後(または化粧下地の後)に肌にのせることでテカリ防止に役立つことがあります。

粉が余計なベタつきをおさえてくれるのです。

そして、肌をサラっとした状態に整えることができます。

その上からパウダーファンデーションをのせると、ムラ付きしにくく均一に伸ばしやすいので、ベースメイクをきれいに仕上げやすくなります。

パウダーファンデーションを使う方で、テカリが気になる方や、薄付きでナチュラルなメイクがお好みの方はぜひ一度試してみてください。

2. フィニッシュパウダーおすすめ【2019】デパコス&プチプラ まずは、最近の人気アイテムが気になる!という方にむけて、肌らぶ編集部おすすめのフィニッシュパウダーの中から、人気ブランドのフィニッシュパウダーをご紹介していきます。

デパコス編とプチプラ編に分けてご紹介しますので、ぜひ、人気のフィニッシュパウダーをチェックしてくださいね。

★仕上がりや効果で選びたい方は第4章【仕上がり別】をチェック! フィニッシュパウダーおすすめ【2019】 ◆デパコス編【7選】 人気のデパコスブランドから、おすすめのフィニッシュパウダーをピックアップしました。

上品でリッチ感のあるブランドイメージだけでなく、デザインも洗練されて魅力的なフィニッシュパウダーばかりですので、ぜひデザインにも注目しながらチェックしてみてくださいね。

フィニッシュパウダーおすすめ【2019】デパコス ■コスメデコルテ AQ MW フェイスパウダー 価格:5,000円(税抜) 全5色 オーガニックシルクパウダーをキメ細かな粒子にしてアミノ酸でコーティングした、コスメデコルテのフィニッシュパウダー。

軽いタッチで使いやすく、肌にしっかりフィットします。

光の乱反射で肌をソフトフォーカスし、毛穴を目立たなくしてくれるのが魅力。

乾燥が気になる肌にもおすすめ。

フィニッシュパウダーおすすめ【2019】デパコス ■エレガンス ラ プードル オートニュアンス リクスィーズ 価格:15,000円(税抜) 全6色 色とりどりのペールトーンのパウダーがキメ細かさ、ふんわりとした明るさを演出してくれるフィニッシュパウダー。

軽やかな付け心地ながら気になるところを巧みにカモフラージュ。

「セミマット」4色と「ツヤ」2色、仕上がりの印象が異なる6種から選べます。

メイク直し用の「ラ プードル オートニュアンス」もあります。

フィニッシュパウダーおすすめ【2019】デパコス ■ローラメルシエ ルースセッティングパウダー トランスルーセント 価格:4,800円(税抜) ソフトフォーカス効果で毛穴など気になる部分を目立たなくしながら、ナチュラルで透明感ある肌を演出してくれるフィニッシュパウダー。

「ローラ メルシエ」のロングセラーの人気アイテムのひとつです。

軽やかなつけ心地で、皮脂崩れを防いでくれメイク持ちもいいのも魅力。

白浮きしにくいトランスルーセントタイプ。

無香料。

フィニッシュパウダーおすすめ【2019】デパコス ■シャネル プードゥル ユニヴェルセル リーブル 価格:6,300円(税抜) 全3色 ファッションからフレグランス、メイクアイテム、スキンケアまで、数々の人気アイテムを生み出してきている「シャネル」のフィニッシュパウダー。

軽くソフトなテクスチャーで、なめらかに整ったマット肌に仕上げてくれます。

乾燥から肌を守りながら、きめ細やかで繊細な仕上がりを長くキープ。

フィニッシュパウダーおすすめ【2019】デパコス ■ジバンシイ DW10 ブライトニング ルーズ パウダー 価格:8,200円(税抜) 全1色 ベージュトーンのパウダーが肌色に自然になじみながら、明るい肌に仕上げてくれるフィニッシュパウダー。

SPF15・PA++で日常のふとした紫外線から肌を保護してくれるのもポイント。

軽やかな付け心地で、きめ細かな肌に仕上げます。

フィニッシュパウダーおすすめ【2019】デパコス ■ディオール カプチュール トータル パーフェクション ルース パウダー 価格:10,000円(税抜) 全1色 パウダーが肌色を補正、くすみをカバーして、輝くような肌を演出するディオールのフィニッシュパウダー。

付属の柔らかで大きめのパフで顔全体に使えば、ツヤ肌仕上げで、化粧崩れ防止にも。

カプチュールシリーズのスキンケアアイテムとライン使いもおすすめ。

フィニッシュパウダーおすすめ【2019】デパコス ■SUQQU オイル リッチ グロウ ルース パウダー 価格:6,000円(税抜) 全1色 「すっくとまっすぐに立つ立ち姿」にブランド名の由来を持つ、凛とした大人の女性をイメージさせるブランド「SUQQU」のフィニッシュパウダー。

その名前の通り、オイルリッチな艶やかさを肌に与えてくれるのが特徴です。

頬骨などの立体的に見せたい部分に重ね付けして、ツヤを強調するように使うと、よりこのフィニッシュパウダーの魅力を活かすことができます。

ファンデーションで作ったツヤ肌をさらに一歩先へ。

フィニッシュパウダーおすすめ【2019】 ◆プチプラ編【7選】 続いて、人気のプチプラブランド、ドラッグストアコスメブランドの中から、おすすめのフィニッシュパウダーをご紹介します。

キュートで可愛くて優秀で10代から20代・30代まで人気のあのブランドも、シンプルさの中に清潔感と誠実さを感じさせてくれるあのブランドも、一挙ご紹介です。

気になるフィニッシュパウダーがあったらぜひ、帰り道ドラッグストアで探してみてくださいね! フィニッシュパウダーおすすめ【2019】プチプラ ■キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー 価格:940円(税抜) 全4色 キュートなデザインが女子の目を引き付けてやまないコスメブランド「キャンメイク」のフィニッシュパウダー。

ベタつき・テカリを抑えてナチュラルマット肌に仕上がります。

気になる毛穴や色ムラも、厚塗り感なくふんわりカバー。

ナチュラルな仕上がりが好みの方に。

リフィルの販売もあります。

⇒肌らぶ編集部が【キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー】を実際に試したレビューはこちら>>> フィニッシュパウダーおすすめ【2019】プチプラ ■セザンヌ UVクリアフェイスパウダー 価格:680円(税抜) 全4色 シンプルなデザインや簡易包装、日常的に使いやすいリーズナブルなプチプラ価格もうれしいブランド「セザンヌ」のフィニッシュパウダー。

軽くさらさらのパウダーがくすみをカバーして明るい肌を演出してくれます。

パウダーが余分な皮脂を吸着するのでテカリ防止にも。

SPF28・PA+++。

紫外線吸収剤不使用・無香料・無鉱物油・タール系色素不使用・アルコールフリー・パラベンフリー。

フィニッシュパウダーおすすめ【2019】プチプラ ■ケイト フェイスパウダーA 価格:ノープリントプライス 全2色 トレンドをキャッチしたクールなメイクを作り出すアイテムが揃うブランド「KATE(ケイト)」のフィニッシュパウダー。

ルースタイプです。

きめ細やかなパウダーが、テカリを抑え、メイク崩れを防ぎます。

毛穴・色ムラをサッとカバーしてなめらか肌に。

軽やかなマット肌仕上がりの「ナチュラル」とツヤ肌仕上げの「グロウ」の2種類から選べます。

フィニッシュパウダーおすすめ【2019】プチプラ ■インテグレート スーパーキープパウダー 価格:1,300円(税抜) 全1色 きちんとしたクオリティと機能のなかにさりげない可愛さがあり、リーズナブルな価格でセルフメイクアップを応援してくれる「インテグレート」のフィニッシュパウダー。

サッと重ねるだけで毛穴目立ちをカバーしながら、余分な皮脂を吸収して、テカリ・ヨレを未然に防ぎます。

化粧直しも楽々。

化粧崩れ・化粧持ちが気になる方におすすめです。

SPF15・PA+。

フィニッシュパウダーおすすめ【2019】プチプラ ■KOSE エルシア プラチナムフェイスパウダー 価格:ノープリントプライス 全1色 大人の女性の上品な美しさを追求するブランド「エルシア」のフィニッシュパウダー。

すべすべのパウダーがくすみがちな肌をささっと補正、キメ細かいツヤ感のある明るい肌を演出してくれます。

毛穴を軽やかにカバーしてくれるのもポイント。

SPF15・PA++。

フィニッシュパウダーおすすめ【2019】プチプラ ■ちふれ プレスト パウダー 価格:800円(税抜) 全2色 使い続けやすいリーズナブルな価格で、シンプルで使いやすいコスメを数多く展開するブランド「ちふれ」のフィニッシュパウダー。

テカリ・毛穴をカバーしてサラサラ肌に仕上がる「1 ルーセント」と、くすみ肌を明るいツヤ肌に補正してくれる「2 パーリー ルーセント」の2種類から選べます。

詰替用の販売もあります。

フィニッシュパウダーおすすめ【2019】プチプラ ■メディア フェイスパウダーAA 価格:1,300円(税抜) 全1色 透明感のある仕上がりが魅力のメイクブランド「メディア」のフィニッシュパウダー。

大きめで使いやすいふんわりパフ付。

キメの細かいパウダーがふんわり肌にフィット、毛穴目立ちをカバーしながらほんのり明るい肌に仕上げます。

テカリ・皮脂崩れが気になる方にもおすすめ。

SPF18・PA++。

3. フィニッシュパウダーの選び方 気になるフィニッシュパウダーがいくつかあるけれど、どれにしようか迷ってしまう、選び方がわからないという方もいらっしゃいますよね。

ここで改めて、フィニッシュパウダーを選ぶ際に、意識したいポイントを3つご紹介します。

フィニッシュパウダーはメイクの最後に使う、つまり「仕上がりを左右する」ものです。

そして化粧崩れや化粧持ち、化粧直しに関して大きなカギを握っています。

ぜひ、この3つのポイントを意識して、フィニッシュパウダー選びをしてみてくださいね。

(次の章で、仕上がり別のおすすめフィニッシュパウダーをご紹介します。

) ①仕上がりをチェック! 先にもお伝えしたように、基本的にはパウダーなので、ベーシックなフィニッシュパウダーはマット肌に仕上がるものが多いです。

でも中には、パールやオイルを配合することで、ツヤ感を演出してくれるフィニッシュパウダーもあります。

皮脂が多めのオイリー肌の方は、マット系の中でも、さらに、しっかり皮脂を吸着してテカリ・皮脂崩れを防ぐ、サラサラ肌仕上げのものなどに注目するのもよいでしょう。

もちろん、隠したい肌悩みがある方はカバー力重視で選ぶのもよいですね♡ ★選びたい仕上がりの例★ ・ツヤ肌仕上げ ・テカリ防止 ・毛穴を隠す ・ファンデーションの色を活かす 仕上げたい質感や目的を意識して、フィニッシュパウダーを選びましょう。

②色をチェック! 肌なじみのよいベージュタイプや、ファンデーションの色を邪魔しないルーセントタイプ、明るく仕上げてくれる白っぽいタイプ、ラベンダー系などの色味で肌色を補正するタイプなどいろいろあります。

どの色を選んでももちろんOKですが、「白浮きしないか?」と「重ねたときにどんどん濃く(白く)なりで浮いてしまわないか?」はチェックしましょう。

せっかくの仕上げやお直しが、裏目に出ないために大事なチェックポイントです。

③ルースorプレスト? 最後に、フィニッシュパウダーの形状についてもチェックしましょう。

形状は2タイプあります。

ふんわり粉状のルースタイプと、しっかりプレスされて固まった形状のプレストタイプです。

ルースパウダーは軽くナチュラルなつけ心地でふんわりとムラなく仕上げやすく、プレストタイプは肌に密着させやすくしっかりとしたつけ心地です。

使い勝手としては、全体を手早くカバーしたいならルースタイプが、狙った個所をさっとおさえたいときにはプレストタイプが向いているでしょう。

また、外出先に携帯して化粧直しに使うなら、プレストタイプのほうが使いやすくおすすめです。

4. フィニッシュパウダーおすすめ|仕上がり別 仕上がりを意識して、よりこだわりのフィニッシュパウダーを選びたいという方に、肌らぶ編集部おすすめのフィニッシュパウダーをご紹介していきます。

ツヤ肌仕上げから、テカリ防止マット肌仕上げ、毛穴カバー、ファンデーションを邪魔しないルーセントタイプまで、いろいろチェックしてみてくださいね♡ フィニッシュパウダーおすすめ 4-1. パールでツヤ肌仕上げ 仕上げにパウダーは使いたいけど、下地とファンデで作り上げたツヤ感は消したくない。

そんな時は、パールが入っていて、さらにツヤ肌を演出してくれるフィニッシュパウダーが活躍してくれます。

パール系フィニッシュパウダーは、ベーシックなフィニッシュパウダーにプラスして持っておいて、TPOに合わせて使い分けるのもおすすめ。

●関連記事⇒【ファンデーションでつくる艶肌】 フィニッシュパウダーおすすめ|パールでツヤ肌仕上げ ■エチュードハウス シークレットビーム パウダーパクト 価格:1,350円(税抜) 全3色 根強い人気の韓国コスメブランドのひとつ「エチュードハウス」のフィニッシュパウダーです。

ラメがキラキラと華やかで立体的な肌を演出。

肌の色ムラをたくみにカバーしながら、すべすべ肌に仕上がります。

フィニッシュパウダーおすすめ|パールでツヤ肌仕上げ ■キャンメイク トランスペアレントフィニッシュパウダー 価格:940円(税抜) 全4色 キュートであれもこれも揃えたくなるようなプチプラコスメがそろう「キャンメイク」の、こちらはツヤ肌仕上げのフィニッシュパウダーです。

さらりとなめらかに肌にフィットして、テカリ・くすみ・色ムラをカバー。

繊細なパール・ラメが上品なツヤ感を肌に与えてくれます。

プレストタイプ。

フィニッシュパウダーおすすめ 4-2. テカリ防止 春夏はテカリが気になりやすい季節ですね。

皮脂・テカリが気になる方におすすめのフィニッシュパウダーをご紹介します。

オイリー肌の方も必見です♡ ●関連記事⇒【顔テカリの5大原因とは?】 フィニッシュパウダーおすすめ|テカリ防止 ■NARS ソフトベルベットルースパウダー 価格:5,000円(税抜) 全5色 黒を基調としたエッジィなパッケージデザインが印象的で、大人の女性の個性を生かしたメイクを叶えてくれるブランド「NARS」のフィニッシュパウダー。

軽い使用感のパウダーが肌にフィットして、皮脂をおさえ、肌を心地よくキープ。

ソフトフォーカス効果で肌悩みを目立たなくし、つるんとなめらかに見せてくれます。

ルースタイプ。

フィニッシュパウダーおすすめ|テカリ防止 ■SHISEIDOメーキャップ トランスルーセント プレストパウダー 価格:3,600円(税抜) 全1色 資生堂のその名を受けつぐ、ただ一つの化粧品ブランド「SHISEIDO」にはフィニッシュパウダーがいくつかあります。

こちらのフィニッシュパウダーは、過剰な皮脂・テカリを抑えたいときにおすすめ。

すべるように肌に広がり、きめ細かいベルベットのようななめらか肌に仕上げます。

化粧崩れを防いで、仕上がりをキープ。

毛穴カバーにも活躍してくれます。

プレストタイプ。

フィニッシュパウダーおすすめ 4-3. カバー力・毛穴隠し 「カバー力」はメイクにおいてかなり重要な要素ですよね。

「カバー力」において最後の仕上げまで手を抜きたくないという方に、おすすめのフィニッシュパウダーをご紹介します! ●関連記事 ⇒【開き毛穴をメイクでカバー!】 ⇒【たるみ毛穴を隠すメイクのポイント】 フィニッシュパウダーおすすめ|カバー力・毛穴隠し ■チャコット フィニッシングパウダー 価格:1,200円(税抜) 全5色 ステージでの使用に耐えうるプロ用コスメとして誕生したブランド「チャコットフォープロフェッショナルズ」の、そのカバー力に期待が集まるフィニッシュパウダーです。

細かい粒子が毛穴をカバーして、キメを整えなめらかなマット肌に仕上げます。

汗をかいても崩れにくいところも魅力。

ルースタイプ。

フィニッシュパウダーおすすめ|カバー力・毛穴隠し ■リンメル CC パウダー エアリーフィニッシュ 価格:2,000円(税抜) 全2色 ロンドン発の歴史あるコスメブランド「リンメル」のフィニッシュパウダーです。

パウダーなのに肌にしっとりフィットして、毛穴や肌くすみ、色ムラをきちんとカバー。

ソフトフォーカス効果で目立たなくします。

汗や皮脂によるテカリ崩れも防いでくれます。

SPF18・PA++。

無香料・アルコール(エタノール)フリー・鉱物油フリー・合成界面活性剤フリー 合成着色料フリー・パラベン(防腐剤)フリー。

ルースタイプ。

フィニッシュパウダーおすすめ 4-4. ルーセントタイプで透明感仕上げ ルーセントタイプは、その名の通りパウダー自体は無色に近く、カバー力はあまりありませんが、透明感のある仕上がりが魅力です。

ファンデーションの肌色をそのまま活かしたいときや、より自然な仕上がりを目指したいときにおすすめ。

まだ使ったことがないという方は、ふわっとナチュラルな仕上がりが楽しめるルースパウダータイプでまずはその魅力を取り入れてみては? フィニッシュパウダーおすすめ|ルーセントタイプ ■コフレドール ルーセントフィニッシュパウダー 価格:ノープリントプライス 全1色 「Be playful」をコンセプトに掲げる、カネボウ化粧品のトータルメイクアップブランド「コフレドール」のフィニッシュパウダーです。

白浮きしたり、粉浮きしたりせず、肌色に溶け込むように自然にフィット。

皮脂を吸着してテカリやヨレを防ぎます。

自然な仕上がりをキープしてくれます。

ルースタイプ。

フィニッシュパウダーおすすめ|ルーセントタイプ ■シュウウエムラ フェイス パウダー シアー(カラレス) 価格:4,500円(税抜) ハリウッドで活躍した日本人メークアップアーティスト植村秀氏が創業したコスメブランド「シュウウエムラ」のフィニッシュパウダー。

エアリーで透明感のある仕上がりが魅力です。

「カラレス」は 全ての肌タイプに合うスタンダードカラー。

ファンデーションの色を変えずに、自然な透明感があるなめらかな仕上がり。

ルースタイプ。

5. フィニッシュパウダーのつけ方|ブラシ&パフ フィニッシュパウダーのつけ方は2種類あります。

ブラシを使う方法とパフを使う方法です。

どちらを使うかは、目指したい仕上がりに合わせて使い分けると、より繊細に仕上がりの違いが楽しめてよいでしょう。

もちろん、購入時に付属でついてくるアイテムをそのまま使っても、好みの肌触りの方を使っても全く問題ありません。

一般的には、ブラシでつける方がふんわり軽めに、パフの方がしっかりめに肌に密着して仕上がりやすいです。

実際につけていく際は、ムラ付きを防ぐために以下のようなポイントに気を付けましょう。

◆ブラシでのつけ方ポイント ・ティッシュの上でブラシをくるくる動かして粉を均等になじませる ・くるくる動かしながらつける ・目元や小鼻のあたりなど細かい部分ももれなく、丁寧につける ・フェイスラインをぼかす ・ティッシュなどで粉を落としたブラシで、最後に軽く全体をはらい、つけすぎた粉を落とす ◆パフでのつけ方ポイント ・粉をパフにしっかりもみこむ ・顔の中心から外側に向かってつけていく ・パフを折って角をつくり、細かいところもおさえる ・フェイスラインをぼかす ★パフでつけた際も、最後に大きめのブラシで余分な粉をはらうのがおすすめです。

●関連記事 ⇒【プレストパウダーの使い方】 ⇒【ルースパウダーの使い方】 6. フィニッシュパウダー まとめ 今回はフィニッシュパウダー特集として、フィニッシュパウダーの使い方4選、フィニッシュパウダーの選び方、おすすめフィニッシュパウダー、つけ方のポイントなどをご紹介しました。

いかがでしたでしょうか? フィニッシュパウダーは、一度その魅力を知ると、フィニッシュパウダーなしの仕上げが物足りなくなってしまうアイテムのひとつ。

そして、仕上がりだけでなく、化粧持ちも、化粧直しも変えてしまうアイテムです。

ぜひ上手に使いこなして、一歩先の魅せ肌を目指してくださいね! ◆フィニッシュパウダー 肌らぶ関連記事◆ ◆おすすめのフェイスパウダー【ルースタイプ&プレストタイプ】 ◆日焼け止めパウダーおすすめ ◆メイク初心者さん必見!基本のメイク方法 ◆ベースメイクの基本 ◆肌らぶレビュー記事 新着一覧 ◆コスメデコルテ2019新作フェイスパウダー ◆スノービューティー 2018 作成者情報 肌らぶ編集部 キレイになりたいあなたに価値ある情報を提供する美容メディア「肌らぶ」編集部。

スキンケア・メイクを中心に、みなさまのキレイに寄り添った記事を日々執筆中。

肌のお悩みからコスメの最新トレンド情報までお任せください! ⇒肌らぶ編集部員一覧を見る メイク のトップに戻る

キーワード

  • フィニッシュパウダー
  • パウダー
  • カバー
  • テカリ
  • 魅力
  • プチプラ
  • フィニッシュ
  • 毛穴
  • ツヤ
  • ブランド
  • 皮脂
  • メイク
  • デパコス
  • ファンデーション