ヘアスタイル

赤のインナーカラーの染め方は?ツートンカラー/メッシュ/毛先の部分

2019年04月17日更新
赤のインナーカラーの染め方は?ツートンカラー/メッシュ/毛先の部分

赤のインナーカラーの魅力とは? 赤のインナーカラーの魅力とは①初心者におすすめのインナーカラー Instagram 赤のインナーカラーの魅力初めは、初心者におすすめのインナーカラーです。

初心者の方でも、チャレンジしやすいインナーカラーの方法です。

いきなり茶髪にするのは自信がない方におすすめです。

黒髪の内側から、チョットした仕草の時に見える程度の赤のインナーカラー、とても魅力的でキレイです。

挑戦してみて下さい。

顔の周りに赤のインナーカラーを入れると、表情がとても明るいイメージになります。

それほど目立つように入れていなくても、魔法の様にガラッとイメージが変わりますので、是非試してみて下さい。

勇気を持ってチャレンジしてみて下さい、おすすめです。

赤のインナーカラーの魅力とは②さり気なくてオシャレなインナーカラー Instagram 赤のインナーカラーの魅力2番目は、さり気なくてオシャレなインナーカラです。

色々なカラーの色味が有りますが、黒系統の髪色の方には赤のインナーカラーがおすすめです。

さり気なく髪色にマッチし、自然な雰囲気になります。

赤は、元々黒系統の髪色に含まれる色味ですので、違和感を感じません。

さり気なく使って下さい。

黒髪にマッチする色味の中では赤が一番です。

肌の色味にもよりますが、日本人女性の肌色にスーッと溶け込む色味です。

さり気なく赤のインナーカラーを楽しんでください。

赤のインナーカラーの魅力とは③目立ちにくいインナーカラー Instagram 赤のインナーカラーの魅力3番目は、目立ちにくいインナーカラです。

職場や学校では、目立ったヘアカラーは不向きですね。

赤のインナーカラーで目立たないオシャレをして下さい。

ほんの少し赤のインナーカラーを入れるだけで、目立ちにいですが、ご自身の気分も上昇して、周りの人たちの見る目がもきっと変わります。

仕事や学校の都合上全体のヘアカラーが出来ない方には、目立ちちにくいインナーカラーがおすすめです。

ほんの少し、カラーリングの気分も味わえます。

ヘアカラーが堂々とできるようになってから、楽しんでください。

ご自分に似合うヘアカラーについての関連記事を合わせてご覧ください。

インナーカラーの染め方は?セルフカラーリング方法 インナーカラーの染め方①染めない髪をしっかりブロッキングする Instagram インナーカラーの染め方初めは、ブロッキングするです。

インナーカラーをしない髪の毛をしっかりブロッキングして下さい。

ヘアゴムやヘアピンなどで、落ちて来ないように、しっかりまとめて留めておきます。

決めたラインも、合わせ鏡などで真っすぐになる様にして下さい。

斜めにならないように十分気を付けて下さい。

インナーカラーの染め方②ブリーチ剤で色を抜く Instagram インナーカラーの染め方2番目は、ブリーチするです。

インナーカラーする部分の髪色をブリーチ剤で抜きます。

そうすることで、赤のインナーカラーがキレイに入りますのでおすすめです。

黒髪のままでは、赤のインナーカラーが中々キレイに入りません。

初めての方は様子を見て、2度ブリーチされるとよりきれいに入ります。

インナーカラーの染め方③カラーリング剤で染める Instagram インナーカラーの染め方3番目は、カラーリングするです。

一言で赤のインナーカラー用のヘアカラー剤と云っても、様々な「赤」が有りますので、色見本をご覧になってお好きな赤を選んでください。

初めは、暗めの赤がおすすめです。

一度試されてから、明るめの赤にチャレンジして下さい。

失敗を考えると、その方が賢明です。

ご自身でカラーリングする時に、気を付けて頂きたいことですが、長い時間置けばカラーがしっかり入る訳では有りませんので、なるべく髪にダメージが掛からないように気を付けて下さい。

もう一点は、染めない髪をしっかりブロッキングすることです。

分かりやすいように、手順を表にしていますので、参考にしてください。

インナーカラーの染め方セルフカラーリング方法 初めにカラーリングしないヘアをしっかりブロッキングします。

根元から2~3センチの辺りからブリーチ剤を塗っていき10分程度そのままで置きます。

一度シャンプーしてブリーチ剤を残らないように洗い流します。

元々の髪色が黒髪の方は2回ブリーチする事をおすすめします。

しっかり色抜きが出来ます。

それほど髪色が黒くない方は1度でも大丈夫です。

ご自身で髪色の変化を確かめて下さい。

好みのカラーリング剤を毛先から根元に向けて塗って行きます。

ブリーチで色を抜いた根元2~3センチ辺りまでです。

15分~20分そのまま置いてから、少しの毛束で色の入り具合をみて下さい。

キレイに染まっていればカラーリング剤が残らない様にしっかりシャンプーをして下さい。

最後に、ブリーチ剤やカラーリング剤で、髪の毛がダメージを受けていますので、トリートメントやコンディショナーで髪の内側、表面のケアをして下さい。

赤のインナーカラーが映えるヘアアレンジは? 赤のインナーカラーが映えるヘアアレンジ①内側インナーカラーショートボブ Instagram 赤のインナーカラーが映えるヘアアレンジ1つ目は、内側インナーカラーショートボブです。

内側の部分に、細めのポイントで赤のインナーカラーをしています。

普段はヘアが被っていますので目立ちにくく、髪の毛の動きで見え隠れしておしゃれです。

ショートボブのヘアスタイルにおすすめのインナーカラーです。

赤のインナーカラーが映えるヘアアレンジ②サイドインナーカラーボブ Instagram 赤のインナーカラーが映えるヘアアレンジ2つ目は、サイドインナーカラーボブです。

少し後ろ目のサイドに、毛先までキレイに赤のインナーカラーを入れます。

染める時には、カラーリングしない髪の毛の部分はしっかりブロッキングして下さい。

サイドの内側は見えにくいポイントですので、ふとした瞬間に見えてステキです。

何度も繰り返しますが、くれぐれもカラーリングしない髪の毛を、しっかりブロッキングする事を忘れないでください。

おくれ毛やアホ毛も、しっかりブロッキングしてください。

思ってもいない所がブリーチされてしまったり、カラーリングされてしまったりしない様にして下さい。

赤のインナーカラーが映えるヘアアレンジ③メッシュかきあげバング 赤のインナーカラーが映えるヘアアレンジ3番目は、メッシュかきあげバングです。

遊び心満載で、毛先までしっかりメッシュをいれます。

バング(前髪)をかきあげる仕草で染めた部分が動きますので、ツートンカラーにしてもカッコイイです。

ショートヘアスタイルにもおすすめです。

赤のインナーカラーが映えるヘアアレンジ④ミディアムインナーカラ― Instagram 赤のインナーカラーが映えるヘアアレンジ4番目は、ミディアムインナーカラ―です。

ミディアムヘアスタイルは、色々なインナーカラーを楽しめる長さの髪型です。

あまり目立たないようにも仕上げることが出来ます。

黒めの髪色の方は、暗めの赤のインナーカラーがおすすめです。

初めは、この程度からチャレンジしてください。

赤のインナーカラーが映えるヘアアレンジ⑤ツートンカラーロング Instagram 赤のインナーカラーが映えるヘアアレンジ5番目は、ツートンカラーロングです。

ロングヘアスタイル、思いっきりインナーカラーを楽しみたい方におすすめなのは、ツートンカラーか、それ以上のインナーカラーです。

赤ベースに、ベージュ系、パープル系などで楽しんでください。

ヘアカラーの関連記事を合わせてご覧ください。

赤以外におすすめの黒髪に似合うインナーカラーは? 赤以外におすすめの黒髪に似合うインナーカラーは①毛先にかけてピンク系 Instagram 赤以外におすすめの黒髪に似合うインナーカラー初めは、毛先ピンク系です。

赤以外で黒髪に似合うインナーカラー色々有りますが、ピンク系は外せませんね。

グラデーションカラーもステキです。

桜色が今年のトレンドで、このカラーリングをしている方、よく見かけます。

ピンクは何と言っても春のイメージです。

赤以外におすすめの黒髪に似合うインナーカラーは②オレンジ系 Instagram 赤以外におすすめの黒髪に似合うインナーカラー2つ目は、オレンジ系です。

元気印の代表的なカラーと云えば、ビタミンカラーです。

その中でも代表的なオレンジ系カラーは、黒髪にキレイにマッチングしますので、おすすめです。

年代に関係なく使って頂けるカラーです。

日本人の肌色にも、とても映る色味です。

赤以外におすすめの黒髪に似合うインナーカラーは③ポイントベージュ系 Instagram 赤以外におすすめの黒髪に似合うインナーカラー3つ目は、ポイントベージュ系です。

髪色が黒すぎると感じている方は、もみ上げ付近の部分にポイントとして、ベージュ系インナーカラーを試してみて下さい。

顔全体が明るく、柔らかい印象に成ります。

大学生におすすめの髪色の関連記事を合わせてご覧ください。

赤以外におすすめの黒髪に似合うインナーカラーは④部分グレー系 Instagram 赤以外におすすめの黒髪に似合うインナーカラー4番目は、部分グレー系です。

黒髪を残しつつ、カラーリングを楽しみたい方におすすめなのが、部分ポイントに、毛先までキレイなグレー系のインナーカラーです。

ひっそりと、グレー系のインナーカラーの存在を楽しんでください。

周りの方はいつ気付くでしょうか、楽しみです。

赤のインナーカラーの魅力的な使い方は 赤のインナーカラーの魅力的な使い方、染め方について説明させて頂きました。

ご自身の髪色や肌色に合ったインナーカラーを楽しんでください。

インナーカラーの意味は、内側と云うだけの意味では有りません。

部分ポイント・毛先・内側・メッシュ・グラデーション・イヤリングカラー・ツートンカラー全てを指した意味です。

インナーカラーの染め方を参考にして、ご自身に合ったカラーリングにチャレンジしてみて下さい。

初めは、暗めの赤のインナーカラーから始めてください。

一番目立ちにくいカラーですので、慣れてから他の色味にチャレンジするようおすすめします。

心機一転したい時に、インナカラーで魅力的な自分との出会いが有ります。

キーワード

  • インナーカラー
  • カラーリング
  • 黒髪
  • ヘアアレンジ
  • ブリーチ
  • 髪色
  • ブロッキング
  • 染め方
  • 毛先
  • 色味
  • キレイ
  • チャレンジ
  • 内側
  • 魅力