ライフスタイル

オリーブオイルがない時に代わりになる代用品4選|炒め物の味の違いも

2019年04月18日更新
オリーブオイルがない時に代わりになる代用品4選|炒め物の味の違いも

オリーブオイルがない時に代わりになる代用品4選を紹介します。

日本でオリーブオイルを常備していない家はあっても、サラダ油・ごま油・バター・マーガリンのどれかならありますよね。

この4種類とオリーブオイルの違いを比較してみます。

オリーブオイルが無い時の代用レシピもあるので参考にしてみてください。

オリーブオイルがない時に代わりになる代用品4選 オリーブオイルがない時に代わりになる代用品①サラダ油 Amazonで商品の詳細を見る オリーブオイルがない時に代わりになる代用品1つ目は、サラダ油です。

サラダ油は直物から抽出する油で、菜種・ひまわり・トウモロコシなどから抽出する事が出来ます。

味や香りにクセが無く、何にでも合わせやすい油です。

サラダ油は、生野菜に合うように日本で開発された油です。

生野菜に合わせるために作った油なので、サラダという名前になりました。

低温でも濁ったり固まったりしない事が特徴です。

保存している時に濁ったり固まったりした場合は、それはサラダ油ではありません。

得体が知れないので捨てましょう。

オリーブオイルがない時に代わりになる代用品②ごま油 Amazonで商品の詳細を見る オリーブオイルがない時に代わりになる代用品2つ目は、ごま油です。

白ごまを焙煎してから抽出します。

黒ごまは油分が少ないので、基本的にごま油に使用される事はありません。

茶色でごまの香ばしい香りが特徴です。

透明のごま油もありますが、焙煎をしない状態で抽出しているので香りが薄いです。

香りは薄いですが、ごまの風味は出ています。

オリーブオイルとは成分が違いますが、コレステロールを下げる効果がある成分が入っています。

オリーブオイルがない時に代わりになる代用品③バター Amazonで商品の詳細を見る オリーブオイルがない時に代わりになる代用品3つ目は、バターです。

バターは牛乳から分離した乳脂肪です。

乳であれば牛ではなくても大丈夫ですが、牛乳で作るのが一般的です。

バターには種類があり、発酵バターと無発酵バターに分かれます。

そこから更に、有塩バターか塩分不使用バターに分かれます。

一般的に売られているバターは、無発酵バターです。

発酵バターは一般的には出回っていません。

塩分不使用バターは食塩を使用しないで作りますが、塩分が0になる訳ではありません。

昔は無塩バターと呼ばれていましたが、今は塩分不使用バターと呼ばれています。

オリーブオイルがない時に代わりになる代用品④マーガリン Amazonで商品の詳細を見る オリーブオイルがない時に代わりになる代用品4つ目、マーガリンです。

マーガリンは、バターの代替え品として作られ人造バターと呼ばれていました。

バターよりも風味がなく、あっさりしているのが特徴です。

バターは牛乳から出来ていますが、マーガリンは植物性・動物性の油脂から出来ています。

油脂含有量が80%以上の物がマーガリンで、それ以下はファットスプレットと呼びます。

実は一般的に販売されているマーガリンは、ファットスプレットがほとんどです。

オリーブオイルとサラダ油の違いは? オリーブオイルとサラダ油の違い①サラダ油は香りがしない Instagram オリーブオイルとサラダ油の違い1つ目は、サラダ油は香りがしない事です。

サラダ油は味や香りにクセが無い事が特徴なので、オリーブオイルのように香りを付ける事は出来ません。

味や香りが無いため、オリーブオイルと違いあっさりとした味に仕上がります。

オリーブオイルの味や香りが嫌いな人は、オリーブオイルの代わりにサラダ油を使用すると良いでしょう。

オリーブオイルとサラダ油の違い②サラダ油は善玉コレステロールも下げる オリーブオイルとサラダ油の違い2つ目は、サラダ油は善玉コレステロールも下げてしまう事です。

菜種油はオリーブオイルと同じオレイン酸が多いサラダ油ですが、他のサラダ油にはリノール酸が多く含まれている物もあります。

リノール酸は、血圧やコレステロールを下げる効果がありますが、悪玉コレステロールだけではなく善玉コレステロールまで下げてしまいます。

基本的なカロリーや脂質は変わりませんが、善玉コレステロールが減ると悪玉コレステロールが増えるので注意が必要です。

オリーブオイルとサラダ油の違い③種類によってビタミンなどの栄養もある オリーブオイルとサラダ油の違い3つ目は、サラダ油の種類によってビタミンなどの栄養もある事です。

サラダ油は、ビタミンEやビタミンKを摂取する事が出来ます。

ひまわり油だと、ビタミンEがオリーブオイルの約5倍あります。

大豆油だと、ビタミンKがオリーブオイルの約5倍あります。

他のサラダ油も5倍まではいかなくても、何倍かのビタミンが摂取する事が出来ます。

オリーブオイルとごま油の違いは? オリーブオイルとごま油の違い①ごま油は香ばしい Instagram オリーブオイルとごま油の違い1つ目は、ごま油は香ばしい事です。

ごま油はごまの独特の味や香りが特徴です。

オリーブオイルは爽やかでフルーティーな香りなので、香りが全然違います。

ごまの味や香りは、中華や和食にはよく合いますが洋食に合わせる事は難しいです。

アレンジとしては美味しく作る事が出来ますが、あくまで代用品なので全く別物になると理解して使用しましょう。

あっさりと酸味がある料理には代用しない方がいいでしょう。

オリーブオイルとごま油の違い②ごま油は過剰摂取で健康被害がある オリーブオイルとごま油の違い2つ目は、ごま油は過剰摂取で健康被害がある事です。

油なので過剰摂取はもちろん体に良くありません。

しかし脂質の過剰摂取が理由ではなく、ごま油に含まれるリノール酸が原因なのです。

リノール酸は体に必要な物ですが、取りすぎると色々な健康被害があります。

アトピーやアレルギーを引き起こした人もいます。

サラダ油にもリノール酸が含まれている物もあるので注意しましょう。

オリーブオイルとごま油の違い③ごま油は善玉コレステロールも下げる オリーブオイルとごま油の違い3つ目は、ごま油は善玉コレステロールも下げてしまう事です。

ひまわり油や大豆油よりは少ないのですが、ごま油もリノール酸を多く含んでいます。

オレイン酸も同じだけ含んでいるのでサラダ油よりはましですが善玉コレステロールも下げてしまいます。

コレステロールが全くないというのも困るので、ごま油は過剰摂取しなければサラダ油ほどは問題ありません。

健康被害もあるので取りすぎには注意しましょう。

オリーブオイルとバターの違いは? オリーブオイルとバターの違い①バター特有の香りがする オリーブオイルとバターの違い1つ目は、バター特有の香りがする事です。

バター特有の香りは美味しそうな香りですが、嗅ぎすぎると胸やけしてしまいそうな香りです。

オリーブオイルは爽やかな香りなので、大量に使用してもくどくなりませんが、バターはあまり使いすぎない方が良いでしょう。

オリーブオイルといえば、アヒージョが有名です。

しかしバターは大量に使用するには向かないので、アヒージョの代用はやめた方が良いです。

少量で足りるソテーなどが、バターの香りが活かせる料理です。

オリーブオイルとバターの違い②バターはコレステロールが上昇する オリーブオイルとバターの違い2つ目は、バターはコレステロールが上昇する事です。

オリーブオイルはオレイン酸のおかげで、コレステロールを下げる事が出来ます。

しかしバターには、リノール酸もオレイン酸もあまり入っていません。

コレステロールを減らす働きがないのに、飽和脂肪酸が多いのでコレステロールが上昇してしまいます。

コレステロールを下げる為に、鶏肉などと一緒に調理すると良いでしょう。

オリーブオイルとバターの違い③バターの方がカロリー・脂質が低い オリーブオイルとバターの違い3つ目は、バターの方がカロリー・脂質が低い事です。

オリーブオイルの方がヘルシーなイメージがありますが、実はバターを使用した方がヘルシーになります。

オリーブオイル100gに対して、カロリーは921kcalで脂質は100gです。

バター100gに対して、カロリーは745kcalで脂質は81gです。

バターの方がカロリーも脂質も低いので、カロリーや脂質を抑えたい時はバターを代用に使いましょう。

オリーブオイルとマーガリンの違いは? オリーブオイルとマーガリンの違い①マーガリンはバターに近い香りと風味 オリーブオイルとマーガリンの違い1つ目は、マーガリンはバターに近い香りと風味がある事です。

バターよりは少ないのですが、バター独特の香りと風味を楽しむ事が出来ます。

バターに劣るという事は、バターよりも香りが気にならないので色々な料理に合わせやすいです。

バターだとくどすぎる場合には、マーガリンをオリーブオイルの代用に使用すると良いでしょう。

オリーブオイルとマーガリンの違い②マーガリンはカロリー・脂質が少ない オリーブオイルとマーガリンの違い2つ目は、マーガリンはカロリー・脂質が少ない事です。

マーガリンはカロリーも脂質もバターとあまり変わらないので、オリーブオイルと比べてヘルシーです。

カロリーも脂質もオリーブオイルより少ないのですが、バターと比べるとほんの少しだけ多くなっています。

しかしマーガリン100gに対して13kcalしか変わらないので、実際に使う時に大差はありません。

オリーブオイルとマーガリンの違い③カルシウムやビタミンが含まれている オリーブオイルとマーガリンの違い3つ目は、カルシウムやビタミンが含まれている事です。

マーガリンはビタミンA・ビタミンE・ビタミンKが含まれています。

ビタミンAとビタミンEは、オリーブオイルの倍程度含まれています。

ビタミンKは約1.3倍の量が含まれています。

ほんの少しですが、オリーブオイルよりもビタミンが多く含まれていてカルシウムも摂取する事が出来ます。

ビタミンAはバターの方がマーガリンの20倍も多いですが、他のビタミンはオリーブオイルの方が多くなっています。

オリーブオイルの代用品の選び方|それそれどんな物に向いてる? オリーブオイルの代用品の選び方①サラダ油はあっさりした食べ物 オリーブオイルの代用品の選び方1つ目は、サラダ油です。

サラダ油はあっさりした食べ物に向いているので、サラダのドレッシングなどがおすすめです。

味や香りにクセが無いので、あっさりした味に仕上がります。

クセが無いので、何に使っても邪魔する事はありません。

オリーブオイルの代用品の選び方②ごま油は香ばしい香りを楽しみたい食べ物 Instagram オリーブオイルの代用品の選び方2つ目は、ごま油です。

ごま油は香ばしい香りを楽しみたい食べ物に向いているので、炒め物や焼き物などがおすすめです。

ごま油と一緒に調理すれば、かなり食欲をそそる香りが楽しめますよ。

オリーブオイルの代用品の選び方③バターやマーガリンはお菓子 オリーブオイルの代用品の選び方3つ目は、バターやマーガリンです。

バターやマーガリンはお菓子に向いています。

バターの独特の風味があるので、その風味が合う調理法が良いでしょう。

お菓子以外にも、オムレツやポテトなどもバターの風味とよく合います。

オリーブオイルの代用品で作る炒め物の味の違いは? 炒め物の味の違い①サラダ油は香りも風味もないのであっさりした味になる Instagram 炒め物の味の違い1つ目は、サラダ油を使用した時の違いです。

サラダ油は香りも風味もないので、あっさりした味になります。

オリーブオイルを使用した時は、爽やかでフルーティーな香りがしますが、サラダ油には何のクセも無いので良くも悪くもあっさりした味になります。

炒め物の味の違い②ごま油は香ばしく中華風になる Instagram 炒め物の味の違い2つ目は、ごま油を使用した時の違いです。

ごま油は香ばしく中華風な味になります。

味付けによっては、和風にもなります。

しかし洋風な味にはならないので、オリーブオイルの代用としてはかなり味が変わってしまいます。

炒め物の味の違い③バター・マーガリンはバターの香りで洋風になる Instagram 炒め物の味の違い3つ目は、バター・マーガリンを使用した時の違いです。

バター・マーガリンはバターの香りで洋風な味になります。

バター醤油にすれば和風も楽しめますが、基本的には洋風な味です。

オリーブオイルも洋風な味になるので、代用として使える場面は多いです。

しかし風味が強いという事は覚えておきましょう。

オリーブオイルがない時の代用レシピ3選 オリーブオイルがない時の代用レシピ①ごま油で香ばしいアヒージョ Instagram オリーブオイルがない時の代用レシピ1つ目は、ごま油で香ばしいアヒージョです。

エビを具材にする時は、玉ねぎも入れてエビチリ風にするのがおすすめです。

基本的には、具材は何を入れても大丈夫ですよ。

アヒージョに使うスキレットは100均でも買えるので、下の記事を参考にしてみてください。

ごま油で香ばしいアヒージョの材料 好みの具材 好きなだけ ニンニク ごま油100ccに対して1かけ 塩または鶏ガラスープの素 適量 鷹の爪(輪切り) 好きなだけ ごま油 器に合わせて適量 ごま油で香ばしいアヒージョの作り方 1ニンニクはみじん切りで、具材を食べやすい大きさに切る。

2小さめの鍋やスキレットにごま油を入れて、ニンニクと鷹の爪を弱火で加熱し香りを付ける。

3塩または鶏ガラスープの素を入れて味を調える。

(濃い方が良い) 4具材を弱火で2~3分加熱したら出来上がり! オリーブオイルがない時の代用レシピ②サラダ油であっさりカプレーゼ Instagram オリーブオイルがない時の代用レシピ2つ目は、サラダ油であっさりカプレーゼです。

カプレーゼはもともとあっさりしていますが、サラダ油を代わりに使う事によって、更にあっさりした味に仕上げる事が出来ますよ。

サラダ油であっさりカプレーゼの材料 トマト 1個 モッツァレラチーズ 1個 サラダ油 大さじ2 レモン汁 小さじ1 塩コショウ 適量 乾燥バジル 適量 サラダ油であっさりカプレーゼの作り方 1トマトとモッツァレラチーズを半分に切る。

2トマトとモッツァレラチーズを同じ枚数になるようにスライスする。

3調味料を全て混ぜ合わせる。

4トマトとモッツァレラチーズを交互に並べる。

5混ぜ合わせた調味料をかけて出来上がり! オリーブオイルがない時の代用レシピ③バターで柔らかいフォカッチャ Instagram オリーブオイルがない時の代用レシピ3つ目は、バターで柔らかいフォカッチャです。

柔らかいフォカッチャは最早パンであろうと思うかも知れませんが、薄力粉も入れるのでパンに近いフォカッチャに仕上がりますよ。

バターで柔らかいフォカッチャ 薄力粉と強力粉(強力粉が多いほうが弾力が出ます) 合わせて200g ドライイースト 3g 砂糖 1つまみ 塩 3g ぬるま湯 120cc バターまたはマーガリン 10g バターで柔らかいフォカッチャの作り方 1ボウルに材料を全て入れ粉っぽくなくなるまでこねる。

230分~1時間発酵させる。

(2倍の大きさになるまで) 3発酵が終わったら生地を押しつけてガスを抜く。

43つに分けて厚さ1cmに伸ばし、表面に油(分量外)を塗る。

5濡れ布巾などをかけ20分~30分発酵させる。

(2倍の大きさになるまで) 6指でくぼみを数か所つけて、表面に油(分量外)を塗る。

7190℃に余熱したオーブンで15分~20分焼く。

8焼けたら荒熱を取って出来上がり! オリーブオイルの代用品を使って色々なアレンジを楽しもう! オリーブオイルの代用品は、サラダ油以外はクセが強いです。

代用品というよりは、アレンジに近くなります。

忠実に味を再現したい時は、サラダ油を代わりに使いましょう。

サラダ油では物足りない時は、色々な代用品でアレンジを楽しみましょう! 商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

キーワード

  • オリーブオイル
  • バター
  • サラダ油
  • 違い
  • ごま油
  • マーガリン
  • 代用品
  • ビタミン
  • コレステロール
  • 使用
  • オイル
  • オリーブ
  • 風味
  • 善玉コレステロール
  • 炒め物