ファッション

Tシャツの裾上げの方法は?手縫い・テープでする丈詰めのやり方の紹介!

2019年04月18日更新
Tシャツの裾上げの方法は?手縫い・テープでする丈詰めのやり方の紹介!

Tシャツやボロシャツの着丈が長い場合は、Tシャツ・ボロシャツの裾上げやお直しをお店だけでなく自分でする方も増えています。

そこで、Tシャツの裾上げ・丈詰め方法を、手縫い・テープ・お店に分けて紹介していきます。

また、それぞれの裾上げ方法には、どんな方が向いているかなども紹介しています。

Tシャツの裾上げは手縫い・テープ・お店どれがおすすめ? 裁縫が得意な方におすすめなのは手縫いのTシャツ裾上げ・着丈直し 裁縫が得意な方におすすめなのは、手縫いのTシャツの裾上げ・着丈直しです。

手縫いの方法は、普段から裁縫をしている方や手先が器用な方、時間に余裕があり裁縫が苦ではない方などに向いています。

また、針と糸があればできる方法なので、お店を利用する方法よりもコスパを抑えてTシャツの裾上げ・着丈直しが可能です。

時間やコスパ重視の方におすすめなのはテープのTシャツ裾上げ・着丈直し 時間やコスパ重視の方におすすめなのは、テープを使ったTシャツの裾上げ・着丈直しです。

テープを使った方法は、手先が不器用な方や裁縫が苦手な方などでも比較的簡単に挑戦できます。

また、100均ショップなどの裾上げテープなどを使えば、費用も抑えながらTシャツの裾上げ・着丈直しが可能です。

さらに、自宅に裁縫道具がない方でも、アイロンがあれば、裾上げテープを用意するだけでTシャツの裾上げができます。

Tシャツやポロシャツ、パンツなどの裾上げをしたことがない方にもおすすめの方法です。

手間をかけたくない方におすすめなのはお店のTシャツ裾上げ・着丈直し 手間をかけたくない方におすすめなのは、お店を利用したTシャツの裾上げ・着丈直しです。

また、仕上がりの美しさや細かいディティールなどにこだわる方なども、お直し専門店などを利用しましょう。

Tシャツの裾上げ・着丈直しは、多くのお直し店が取り扱っており、クリーニング店などでもお直しが可能なお店もあります。

Tシャツの裾上げと同様に、洋服のお直しで多く利用されているのがパンツの裾上げです。

下記記事では、人気プチプラブランド「ユニクロ」のパンツの裾上げサービスについて詳しく紹介しています。

また、ユニクロのパンツの裾上げの頼み方なども紹介していますので、ユニクロのパンツを購入予定の方などもご覧ください。

【手縫い】Tシャツの裾上げ・丈詰めの方法は? 【手縫い】Tシャツの裾上げ・丈詰めの方法①裾を折り返してアイロンがけ 手縫いのTシャツの裾上げ・丈詰め方法1つ目は、裾を折り返してアイロンをかけることです。

まず、Tシャツを裏返して、Tシャツの裾を上げたい着丈まで内側に折り返しましょう。

続いて、Tシャツの裾の折り返した部分をマチ針などで固定し、折り返した部分にアイロンをかけて癖をつけていきます。

【手縫い】Tシャツの裾上げ・丈詰めの方法②まつり縫いをする 手縫いのTシャツの裾上げ・丈詰めの方法2つ目は、まつり縫いをします。

まず、Tシャツと同系色の糸を選び、針に糸を通して糸の端を玉結びにしましょう。

続いて、Tシャツの裾の折り返し部分にマチ針をさしたまま、折り返した部分の生地と身頃の生地を1.5cm程度の間隔でまつり縫いしていきます。

まつり縫いする際は、前身頃を針ですくう際にできるだけ細かくすくいます。

そうすることで、Tシャツの表側の糸が見えにくくなるので、丁寧に縫いましょう。

【手縫い】Tシャツの裾上げ・丈詰めの方法③アイロンをかける 手縫いのTシャツの裾上げ・丈詰め方法3つ目は、アイロンをかけます。

まつり縫いが終わったら、折り返し部分や縫い目にアイロンをかけると、手縫いのTシャツの裾上げ・丈詰めの完成です。

手縫いのTシャツの裾上げに挑戦したい方などは、下記記事の裁縫の基本的な縫い方を参考にしてください。

下記記事では、手縫いの基本的な縫い方や初心者にぴったりな手順なども紹介されています。

また、なみ縫いや返し縫い、まつり縫いの説明などもチェックできますので、縫い方の名前を知りたい方なども必見です。

【テープ】Tシャツの裾上げ・丈詰めの方法は? 【テープ】Tシャツの裾上げ・丈詰めの方法①Tシャツの裾を折り返す テープのTシャツの裾上げ・丈詰め方法1つ目は、Tシャツの裾を折り返します。

Tシャツを裏返して、Tシャツの着丈を上げたい分だけ折り返しましょう。

続いて、Tシャツの裾を折り返した部分にアイロンをかけて癖づけしていきます。

Tシャツの裾を折り返す際には、折り返した幅にテープが収まるかもチェックしましょう。

【テープ】Tシャツの裾上げ・丈詰めの方法②仮縫いをする テープのTシャツの裾上げ・丈詰めの方法2つ目は、仮縫いをするです。

目立つ色の糸を針に通し、糸の端を玉留めしておきましょう。

マチ針を付けたまま、Tシャツ裾を折り返した輪っか側に近い位置をざっくりと直線縫いしていきます。

テープを張り付ける際は仮縫いの糸の上に張り付け、仮縫いの糸は最後に外します。

続いて、折り返した部分のTシャツの余り布が長い場合は、テープ幅より少し長めに残して、残りの布をカットしておきましょう。

折り返した部分のTシャツ布が長くない場合は、カットする工程を省きます。

【テープ】Tシャツの裾上げ・丈詰めの方法③テープをカットする テープのTシャツの裾上げ・丈詰めの方法3つ目は、テープをカットするです。

裾上げテープの長さは、Tシャツ幅の2倍の長さに3cm程度足してカットしておきましょう。

Tシャツ生地は伸縮性が高いので、伸縮性の裾上げテープを利用するのがポイントです。

また、張り付ける前に濡らしてから使用するテープなどもあります。

【テープ】Tシャツの裾上げ・丈詰めの方法④テープをアイロンで貼る テープのTシャツの裾上げ・丈詰め方法4つ目は、テープをアイロンで貼るです。

折り返したTシャツ裾の仮縫いの上にテープを挟み、Tシャツの上からアイロンをかけていきましょう。

アイロンをかける際は、Tシャツをひっぱりすぎない様に注します。

また、アイロンの設定温度はテープの袋の表示に従いましょう。

Tシャツやボロシャツの裾上げにぴったりな裾上げテープは、ダイソーやセリアなどの人気100均ショップでも人気を集めています。

【お店】Tシャツの裾上げ・丈詰めの相場や方法は? 【お店】Tシャツの着丈が長い場合の裾上げ相場は2千円程度 Tシャツの着丈が長い場合のお店を利用した裾上げ相場は2千円程度です。

また、お直し期間はお店によっても異なりますが、店舗に持ち込む場合は数時間で完成する場合もあります。

宅配では、2週間程度の期間が必要なお店が多く見られます。

お店や店舗によって価格や期間は異なるので、利用前に電話などで確認しましょう。

【お店】Tシャツやボロシャツの裾上げ・丈詰めの依頼方法は店舗訪問や宅配 Tシャツやボロシャツの裾上げ・丈詰めのお店への依頼方法は、店舗訪問や宅配です。

店舗訪問で依頼する場合は、裾上げしたいTシャツやポロシャツを持って裾上げを依頼する店舗まで出掛けましょう。

続いて、お直し店の受付でTシャツやポロシャツの裾上げをしたいことを使え、申込用紙に氏名や住所などを記入します。

さらに、Tシャツの裾上げ位置を決定すると終了ですが、裾上げ位置を自宅で決めてマチ針などでしるしを付けておくと時間が短縮可能です。

宅配で依頼する場合は、お直し店のサイトで、Tシャツの裾上げを申し込みます。

続いて、お直し店の指定する方法で裾上げしたいTシャツをお直し店に送りましょう。

その後、裾上げしたTシャツが指定場所に送り返されてきますので、代金引換やクレジットカード決済などを利用して支払いをすると終了です。

Tシャツの裾上げの手縫い・テープ・お店の各メリット・デメリット 手縫いしたTシャツやボロシャツの裾上げのメリットはほつれにくいこと 手縫いしたTシャツやボロシャツの裾上げのメリットはは、ほつれにくいことです。

手縫いしたTシャツの裾は、洗濯を繰り返してもほつれにくく耐久性に優れています。

デメリットは、慣れていないと時間がかかり、他の方法に比べて手間や時間がかかることです。

テープを使ったTシャツやボロシャツの裾上げのメリットは手軽で簡単なこと テープを使ったTシャツやボロシャツの裾上げのメリットは、手軽で簡単なことです。

テープを使った裾上げは、最低ハサミとアイロンを用意すれば簡単に実践できます。

また、裾上げにかかる時間が少ない点も大きなメリットです。

デメリットは、手縫いやお店と比較すると耐久性や仕上がりの美しさが劣る点です。

お店を利用したTシャツやボロシャツの裾上げのメリットは仕上がりがきれい お店を利用したTシャツやボロシャツの裾上げのメリットは、仕上がりがきれいなことです。

また、Tシャツ糸と近い色の糸を使ってもらえる点や細部まで丁寧な縫製が期待できる点もメリットと言えます。

デメリットは、3つの方法の中で最も費用が高い点やお店まで持っていく&受け取りにいく手間・時間が必要な点です。

Tシャツやボロシャツの裾上げをセルフで行う方も増えていますが、Tシャツの袖や首元をセルフでアレンジする方も増加中です。

そこで、下記記事ではTシャツの袖や首元のアレンジ方法を12個紹介しています。

また、Tシャツ裾の編み込みアレンジやフリンジアレンジなども紹介していますので、ぜひチェックしてください。

手縫い・テープ・お店を利用してTシャツの裾上げに挑戦してみよう Tシャツの着丈が長い場合は、自分の好みや身長に合わせてTシャツの裾上げをするとよりかっこよく着こなせます。

手縫いやテープを使ったセルフ裾上げも人気ですし、お店を利用した本格的な裾上げも高い人気です。

予算や時間、手間などを検討しながら、ぜひ自分にあった方法でTシャツの裾上げに挑戦してください。

Tシャツの裾上げを手縫いで完成した方は、手縫いでできる簡単なバッグインバッグ作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

そこで、下記記事では手縫いの手つくりバッグインバッグの簡単な作り方や無料の型紙などを紹介していますので、手つくりのバッグインバッグの作り方が気になる方なども下記記事をぜひご覧ください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

キーワード

  • シャツ
  • テープ
  • 手縫い
  • お店
  • アイロン
  • 着丈
  • ボロシャツ
  • 利用
  • 紹介
  • 裁縫
  • 仮縫い
  • 下記記事