ライフスタイル

通園バッグの作り方は?幼稚園のレッスンバッグ/保育園の手提げかばん

2019年04月23日更新
通園バッグの作り方は?幼稚園のレッスンバッグ/保育園の手提げかばん

幼稚園・保育園用通園バッグの作り方のポイントは? 幼稚園・保育園用通園バッグの作り方のポイント①生地は扱いやすい物を選ぶ 幼稚園・保育園用通園バッグの作り方のポイントとして1つ目に挙げられるのが「生地は扱いやすい物を選ぶ」という点です。

様々な生地の通園バッグが販売されていますが、生地によって作りやすさは異なります。

初めてかばんを手作りをする方は特に、キルティング生地などの針が通りやすい柔らかい生地を使うと良いでしょう。

幼稚園・保育園用通園バッグの作り方のポイント②子どもが好きな絵柄にする 幼稚園・保育園用通園バッグの作り方のポイントとして2つ目に挙げられるのが「子どもが好きな絵柄にする」という点です。

生地以上にチェックしておきたいのが生地の柄・デザインです。

長く使えて、楽しく通園してもらえるように、実際に作る前に子どもと一緒に生地を選ぶと良いでしょう。

幼稚園・保育園用通園バッグの作り方のポイント③デコレーションをする 幼稚園・保育園用通園バッグの作り方のポイントとして3つ目に挙げられるのが「デコレーションをする」という点です。

手作りの通園バッグ・レッスンバッグはシンプルになりがちですが、子どもの好みに合わせてリボンパーツやビーズ・バイアステープなどでデコレーションするなど、工夫してみると良いでしょう。

【初心者向け】手作り通園バッグの簡単な作り方は? 【初心者向け】手作り通園バッグの簡単な作り方①手提げ型レッスンバッグ Instagram 初心者向けの手作り通園バッグの簡単な作り方として1つ目にご紹介するのが「手提げ型レッスンバッグ」です。

こちらの作り方では、縦30cm×40cmという道具箱や本もたっぷり入れられるワイドサイズのシンプルな通園バッグを作ることができます。

難しい手順もほとんどないため、初心者や不器用な方にもおすすめです。

「手提げ型レッスンバッグ」に必要なもの テープ紐(2.5mm幅・34cm)…2本 お好きな生地…1枚 「手提げ型レッスンバッグ」の作り方 生地を縦64cm、横42cmになるようにカットしていきます。

この時左右に1cmずつの縫い代、上下に2cmずつの折り代を含みます。

上下には中心部分と中心から左右に6cmの場所に、それぞれ印を打ちます。

生地の上に、テープの裏面が上になるようにしてマチ針で留め、テープの先を上・下・上の順番に折り込みます。

反対側も同様に行います。

紐の根元部分にジグザグにミシンをかけます。

取っ手の部分も一緒に縫いましょう。

上下にジグザグミシンをかけたら、左右も同様にジグザグミシンをかけます。

生地を中表に折って、端をマチ針で固定します。

左右の端から1cmの部分を直線縫いします。

縫った部分の縫い代を開いて、上から2cmの部分を折ってマチ針で留めます。

全体を折ったら、袋口の部分を一周縫います。

袋口の上から0.5mm部分を一周縫います。

袋を裏返して、形を整えたら完成です。

【初心者向け】手作り通園バッグの簡単な作り方②裏付き手提げかばん Instagram 初心者向けの手作り通園バッグの簡単な作り方として2つ目にご紹介するのが「裏付き手提げかばん」です。

こちらの作り方では、裏地付きの手提げ型通園バッグを作ることができます。

生地の切り返しも付いているため、生地の色やデザインを変えるだけで、簡単に可愛いものからかっこいいものまで作ることができます。

「裏付き手提げかばん」に必要なもの 表布(22×42cm)…2枚 裏布(62×42cm)…1枚 切りかえし用布(22×42cm)…1枚 持ち手用テープ紐(8×32cm)…2本 「裏付き手提げかばん」の作り方 柄の向きを考えて、表布1枚と切りかえし用の布を表面を合わせて置きます。

端から約1cmの部分を縫います。

はじめと終わりの部分はしっかり返し縫いをしましょう。

縫い終わったら、もう1つの表布を重ねて縫います。

紐部分は手持ち部分を半分折って、上下を縫い合せます。

返し縫いをして、生地と紐を縫い付けます。

手持ちの付けた方を、両方の端を表合わせで裏布を縫い合せます。

表面・裏面を分けて畳みます。

柄が合うようにマチ針で留めてから、表になる布の端から縫います。

表面・裏面を両方縫います。

裏側の布は手が入る程度のすき間を開けておきましょう。

縫い終えたら、開けておいたすき間から生地を裏返します。

形を整えたら、完成です。

【初心者向け】手作り通園バッグの簡単な作り方③キルティング手提げかばん Instagram 初心者向けの手作り通園バッグの簡単な作り方として3つ目にご紹介するのが「キルティング手提げかばん」です。

こちらの作り方は、ミシン1つで簡単にポケット付きの通園バッグを作ることができます。

ポケットがあるだけでかなり使い勝手がよくなるため、ぜひチャレンジしてみましょう。

また、こちらの手順ではトッピング飾りとしてリボンを使用していますが、子どもが好きなキャラクターのアップリケや飾りでデコレーションすると、さらに子どもに喜ばれる通園カバンを作ることができますよ! 「キルティング手提げかばん」に必要なもの キルト生地(42×33cm)…2枚 ポケット部分用生地(14×20cm)…1枚 裏布(42×33cm)…2枚 かばんテープ…2本 好きなトッピング用飾り(ここではリボン飾りを使用)…適量 「キルティング手提げかばん」の作り方 フェルト生地を中表に合わせ、端を縫います。

ポケット部分の生地は端1cmを折ってから縫い、中心に印を付けます。

生地を開き、中央にポケット部分を乗せてマチ針で留めます。

ポケット部分の端は約1cm内側に折り込んでからミシンで縫います。

内生地を裏表に重ね、端をミシンで縫います。

縫い終わった生地を開き、生地の端から約13cmの部分に紐の端が来るように紐を乗せて固定します。

この時紐の端約1cmを出した状態にしておきましょう。

紐を固定した部分の端をミシンで縫ったら、生地を中表に合わせるように開いてマチ針で留めます。

上下の部分を返し口をあけて縫い、返し口から生地を裏返します。

かばんの口の部分にミシンをかけ、ワンポイントにリボンを付けたら、完成です。

【上級者向け】幼稚園・保育園用通園バッグの作り方は?(その1) 【上級者向け】幼稚園・保育園通園バッグ作り方①ポケット付き手提げかばん Instagram 上級者向けの幼稚園・保育園通園バッグ作り方として1つ目にご紹介するのが「ポケット付き手提げかばん」です。

こちらの作り方では、ポケット・裏地がついた強度の高い通園バッグを作ることができます。

初心者向けの作り方と比べると材料・手順が複雑になりますが、使い勝手の良いキルティングかばんは通園にぴったりです。

「ポケット付き手提げかばん」に必要なもの 表地(上)(22.5×47cm)…2枚 表地(下)(22×47cm)…1枚 裏地(32.5×47cm)…2枚 ポケット(表地)(17×22cm)…1枚 ポケット(裏地)(17×22cm)…1枚 アクリルバンド(2.5cm幅・40cm)…2本 「ポケット付き手提げかばん」の作り方 まず、ポケット部分の表地・裏地を中表に重ね、ポケットの下側に返し口・約1cmの縫い代を残して縫います。

角をカットし、返し口から表に返したら、ポケットの上側をステッチ縫いします。

柄が逆さになるように表地(上)を用意し、切り替え(下)の生地を用意して、中表に合わせます。

縫い代約1cmで縫ったら生地を開き、切り替え(下)にステッチ縫いをします。

柄が逆さになるように、もう1枚の表地(上)を用意し、先程と同じく縫い代約1cmで縫います。

繋ぎ合わせた表地を表面を外にして半分に折ります。

ポケット部分の生地を乗せてマチ針で固定したら、ステッチ縫いをします。

表地を半分に折り、印をつけます。

印から6.5cmあけてアクリルバンドの端を留めます。

端から5mmの場所をミシンで留めます。

裏地用の生地を2枚用意し、中表に合わせてミシンで縫います。

表地と裏地を中表に合わせ、縫い代1.5cmで縫います。

表地・裏地同士が中表になるように合わせて畳みます。

表地・裏地の両端から約1cmの部分をミシンで縫います。

生地をひっくり返し、バッグの口にステッチ縫いをします。

返し口は手縫いで留めて、形を整えたら完成です。

【上級者向け】幼稚園・保育園用通園バッグの作り方②ショルダー通園バッグ Instagram 上級者向けの幼稚園・保育園通園バッグ作り方として2つ目にご紹介するのが「ショルダー通園バッグ」です。

こちらの作り方では、使い勝手の良いワイドなショルダーバッグを作ることができます。

ベルト部分にはアジャスターが付いており、子どもの成長や服装に合わせて調節ができるため、通園でも長く使えます。

また、動画ではファスナー部分に古びたジーンズの生地を使用していますが、100均で購入できるロングファスナーなどを使うとさらに効率よく手作りをすることができるため、子どもが好きな色・デザインのものを使ってみましょう。

「ショルダー通園バッグ」に必要なもの 側面用生地(18×23cm)…2枚 ポケット部分の生地(15cm)…1枚 ファスナー横(5.5×34cm)…2本 マチ底(10×40.5cm)…1枚 ファスナー(30cm)…1本 紐(2.5cm)…1本 「ショルダー通園バッグ」の作り方 まず、口を3つ折りにしてポケット部分の生地を縫います。

飾り用テープも縫い付けます。

側面用生地にポケットを縫い付けます。

ファスナー横の生地・バイアスを縫い付けたファスナーの上下左右の真ん中に印をつけ、印を合わせてマチ針で留めます。

カーブは小さく切れ目を入れてから留め、ミシンで縫います。

縫い代をバイアスでくるみ、ミシンで縫い付けます。

長さ調節用のアジャスターをベルトと一緒に取り付けます。

手縫いでワッペンを作り、バッグに縫い付けたら完成です。

【上級者向け】幼稚園・保育園用通園バッグの作り方は?(その2) 【上級者向け】幼稚園・保育園用通園バッグの作り方③ボックス型かばん Instagram 上級者向けの幼稚園・保育園通園バッグ作り方として3つ目にご紹介するのが「ボックス型かばん」です。

こちらの作り方では、コンパクトでありながらたくさん物を入れることができるボックス型のかばんを作ることができます。

マチやポケットもしっかり付いているため、幼稚園・保育園はもちろん、小学校低学年でも使えます。

「ボックス型かばん」に必要なもの 角カン(26mm)…2つ ベルト送り…1個 ファスナー…1個 お好みのバイアステープ…1本 表生地・表生地(43×58cm)…1枚ずつ 表生地・裏生地・接着芯(16×43cm)…1枚ずつ 「ボックス型かばん」の作り方 表生地に接着芯をアイロンで付けていきます。

ポケットの生地の下を1cm折り返してアイロンをかけ、上は1cmを2回折り返してアイロンをかけます。

2回折り返した方をミシンで縫います。

内ポケットの生地も同様に、上を2回折り返したらミシンで縫います。

ポケットの生地を、表生地の上から9cmの部分に乗せ、下・両端をミシンで縫います。

裏生地も同様に行います。

ファスナーの引手を下にし、ミシンで縫います。

内生地を中表にした状態で端を縫います。

表に返してミシンをかけ、反対側も同様の手順でファスナーをつけていきます。

ファスナーを閉じ、生地を中表に合わせて印をつけます。

印にファスナーを合わせます。

10cmにカットした生地に角カンを通し、中心につけます。

ファスナー・角カンを置いた部分にミシンをかけます。

反対側も同様に行います。

カバンテープに金具を通し、端を3cmほど折り返したら縫います。

ファスナーを開いて角カンを出したら、カバンテープを両端に通します。

角カン・ファスナーを合わせて縫い、両端をバイアステープでくるみます。

角から7.5cmの部分をカットし、角を合わせて縫います。

バイアステープでくるんだら、生地をひっくり返して完成です。

【上級者向け】幼稚園・保育園用通園バッグ作り方④トート風レッスンバッグ Instagram 上級者向けの幼稚園・保育園通園バッグ作り方として4つ目にご紹介するのが「トート風レッスンバッグ」です。

こちらの作り方では、調節可能なベルトと子どもにも扱いやすい樹脂ホックがついた、使い勝手の良いキルティングかばんを作ることができます。

通園はもちろん、塾用のかばんとしてもおすすめですよ。

「トート風レッスンバッグ」に必要なもの 表生地・裏生地(74×50cm)…それぞれ1枚 底布(32×50cm)…1枚 ナスカン・Dカン…それぞれ2個 コキカン…1個 テープ紐(1.5m)…1本 テープ紐(1m)…2本 樹脂ホック…1組 「トート風レッスンバッグ」の作り方 表生地の中心から左右8cmの位置にカバンテープを固定します。

外側に印をつけ、線より内側を縫い付けます。

底布は両端1cmずつ折り、中心線に印をつけます。

表生地の中心に底布を合わせ、端をミシンで縫います。

裏生地・表生地をそれぞれ中表に合わせ、端から約1cm部分をミシンで縫います。

そこを三角になるように折り、上から約4cmの部分に線を引き、約8cmのマチを作ります。

袋口を2cmずつ折り曲げ、8cmにカットしたテープに角カンを付け、表生地の両サイドに取り付けます。

裏生地を表生地にかぶせ、端から0.5mmの部分を縫い付けます。

袋を裏返したら、本体は完成です。

テープ紐にナスカンを通し、先を1cm折り曲げて縫います。

コキカンを通し、反対側から紐を通してループさせたら縫います。

本体の角カンにテープ紐を取り付け、樹脂ホックを本体に取り付けたら、完成です。

通園グッズの作り方が学べるおすすめの手芸本は? おすすめの手芸本①新版通園・通学グッズの超きほん Amazonで商品の詳細を見る おすすめの手芸本の1冊目にご紹介するのが『新版通園・通学グッズの超きほん』です。

こちらの本では、入園・入学時に必要な手作りアイテムの作り方を収録した本であり、そのまま使える実物大型紙や詳しい解説がついているため、初心者にもぴったりです。

おすすめの手芸本②通園・通学バッグとこもの Amazonで商品の詳細を見る おすすめの手芸本の2冊目にご紹介するのが『通園・通学バッグとこもの』です。

こちらの手芸本は、可愛い物好きな女の子のために、豊富なバリエーションの可愛い通園・通学グッズの作り方が収録されています。

手順には写真が付いているため、初心者にもおすすめです。

おすすめの手芸本③かっこいい!通園&通学グッズ Amazonで商品の詳細を見る おすすめの手芸本の3冊目にご紹介するのが『かっこいい!通園&通学グッズ』です。

こちらの本は、恐竜・車・マリンなどの多彩なモチーフを用いた男の子向けの通園・通学グッズの作り方が解説されています。

型紙・図案も付いているため、すぐに手作りすることができますよ。

通園・通学バッグを手作りする時のデコレーションにも多く用いられる「ワッペン」は簡単に手作りすることができます。

そこで関連記事では、簡単にできるワッペンの作り方をまとめた記事を掲載しています。

通園バッグを手作りしてみよう! 通園・通学などの便利なかばんの作り方は、今回ご紹介した方法の他にもまだまだ存在しています。

今回ご紹介したアイデアも参考にしながら、ぜひ1度手作りの通園バッグを作ってみましょう。

通園だけでなく、普段のお出かけにもぴったりなバッグが「トートバッグ」です。

関連記事では、初心者にも作れるトートバッグの作り方についてまとめた記事を掲載しています。

キーワード

  • 作り方
  • 生地
  • 通園バッグ
  • 保育
  • 幼稚
  • 通園
  • 手提げかばん
  • ポケット
  • ミシン
  • かばん
  • ファスナー
  • レッスンバッグ
  • 上級者
  • 初心者
  • バッグ