エンタメ

前田敦子「AKBのことは嫌いにならないでください」が映す平成アイドルの“危ういグループ観”

2019年05月04日更新
前田敦子「AKBのことは嫌いにならないでください」が映す平成アイドルの“危ういグループ観”
「私のことは嫌いでも、AKBのことは嫌いにならないでください」 AKB48の“絶対センター”だった前田敦子が涙ながらにこの「名言」を口にしたのは、いまから8年前、2011(平成23)年6月の「第3回AKB48選抜総選挙」で1位になったときだった。14歳でAKB48の結成に参加した前田は、このとき20歳の誕生日を翌月に控えていた。 2011年の総選挙で1位を獲得したあと「AKBのことは嫌いにならないでください」と口にした前田敦子 ©文藝春秋 この記事の画像(6枚) 昭和はソロアイドル、平成はグループアイドルの時代だった AKB48のシングル曲を歌うメンバーは、通常、総合プロデューサ...

キーワード

  • グループ
  • メンバー
  • AKB48
  • ファン
  • AKB
  • 卒業
  • アイドル
  • 握手会
  • 個人
  • 発表
  • 選抜総選挙
  • 嫌い
  • 平成
  • 山口真帆
  • NGT48