エンタメ

『いだてん』大河ドラマ史上最悪の低視聴率を記録宮藤官九郎の“打開策”とは

2019年05月07日更新
『いだてん』大河ドラマ史上最悪の低視聴率を記録宮藤官九郎の“打開策”とは
『いだてん』公式サイトより 現在放送中のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(以下、『いだてん』)。ドラマの内容以上に視聴率の苦戦がしばしば話題になってしまう作品だが、ついに大河ドラマ史上のワースト記録をつくってしまった。 ビデオリサーチの調べ(以下すべて同じ)によると、4月28日に放送された第16回の平均視聴率(関東地区)は7.1%。これは2012年11月18日放送『平清盛』の7.3%を下回る数字で、1963年から続く大河ドラマの長い歴史のなかで最低の記録となる。『いだてん』視聴率低下でNHK放送総局長の態度も変化 振り返れば『いだてん』は、放送開始当初は調子が良かっ...

キーワード

  • いだてん
  • 大河ドラマ
  • 視聴率
  • 1回
  • NHK
  • リアルタイム
  • 宮藤官九郎
  • FRIDAY
  • 放送
  • 記録
  • 数字
  • ゴールデンウィーク
  • ベルリンオリンピック
  • ピエール瀧
  • 逮捕