エンタメ

「痴漢をされた時はね…」 保健室の先生のアドバイスに大反響

2019年05月15日更新
「痴漢をされた時はね…」 保健室の先生のアドバイスに大反響
中学2年生の時に、初めて痴漢被害にあったという、あくび(@AkubiHarubiyori)さん。 保健室の先生に相談すると、このようなアドバイスをもらったそうです。 人生初めての痴漢被害にあった時保険の先生が言ったこと pic.twitter.com/5fEdNrm0qV— あくび (@AkubiHarubiyori) 2019年5月13日 恐怖のあまり、痴漢をされても声を上げることができない人は多くいます。 黙って痴漢に耐えることで、行為がエスカレートする危険性もあるかもしれません。 そうならないためにも、保健室の先生は「安全ピンを持ち歩きなさい」と助言...

キーワード

  • 痴漢
  • あくび
  • 先生
  • 安全ピン
  • AkubiHarubiyori
  • 保健
  • コメント
  • アドバイス
  • お話
  • 強制
  • 撃退
  • 助言
  • 痴漢被害
  • シャープペンシル
  • エスカレート