ファッション

制服のスカートの綺麗な折り方は?切り方やベルトの使い方・短くする方法

2019年05月21日更新
制服のスカートの綺麗な折り方は?切り方やベルトの使い方・短くする方法

制服のスカートの折り方や短くする方法について解説していきます。

上手なスカートの履き方や裾の上げ方についても紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。

学校の校則が厳しくてスカートを短くすると怒られる方も必見のスカート短くする方法です!ぜひ参考にしてください。

制服のスカートの綺麗な折り方 制服のスカートの綺麗な折り方①1回折り 制服のスカートの綺麗な折り方の1つ目は、1回折りです。

特に中学生におすすめの折り方です。

というのも、中学生は校則も厳しく極端にスカートを短くできない傾向にあります。

しかし中学生の制服は丈が極端に長いものが多いです。

女子であれは、ある程度の長さにしたいという気持ちを持っているものです。

そこで1回折りという折り方が登場します。

中学生だけでなく、少しだけ短くしたいという人にもおすすめの折り方です。

1回折りは、スカート履いてプリーツが揃っているのを確認したら、お尻側から外側にスカートのウエスト部分を折っていきます。

1周折れたらプリーツが崩れていないかを確認して完成です。

1回折りの大きな特徴としては、プリーツ部分が大きく崩れることが無いという点です。

一時的に短くしてみたい人などにはおすすめです。

また、パッとすぐに戻せるというところも利点です。

制服のスカートの綺麗な折り方②2回折り 制服のスカートの綺麗な折り方の2つ目は、2回折りです。

およそ5センチスカート丈を短くすることができます。

2回折りは1回折りをもう一度繰り返した折り方です。

プリーツ部分が崩れやすくなるので注意しましょう。

ポイントとしては、プリーツを丁寧に整えながら折っていくと比較的プリーツが崩れることなく、キレイに折る事ができます。

また、もしもプリーツが崩れてしまった場合にはめんどくさくても最初からやり直した方が仕上がりが奇麗になります。

制服のスカートの綺麗な折り方③中折り 制服のスカートの綺麗な折り方の3つ目は、中折りです。

1回折りも2回折りもスカートのウエスト部分を外側に折るいわゆる外折りという折り方をしているのですが、反対に内側に折るという方法もあります。

これが中折りです。

ただし、中折りはお腹周りが太って見えてしまうので1回折るのが最適な回数と言えます。

中折りの大きな特徴としてはプリーツが崩れにくいという点です。

プリーツを手軽にきれいに見せたくてそこまで短くしなくてもいい場合には、中折りをおすすめします。

スカートの切り方 スカートの切り方①裾部分を切る場合 スカートの切り方の1つ目は、裾部分を切る場合です。

まずスカートの長さを決めて切るべき部分に印をつけます。

裾を解いて伸ばします。

脇も線を引いた部分より上までほどいておきます。

スカートの裏を見ると裾をまつってから縫い合わせてあるのが分かります。

これをすることでプリーツが綺麗に出るのでここをほどきます。

折り返し部分が必要なので、先ほど引いた線より下の部分に印をつけます。

この2回目に印をつけた部分を切ります。

裾の部分にミシンをかけて最初につけた印の部分まで折り上げて、裏側からスチームアイロンを優しくかけます。

プリーツごとに、まち針で裾の長さがずれないように固定します。

まつり縫いで留めていきます。

最後に脇を縫い合わせます。

角を三角に織り込んでミシンをかけます。

ミシンは裾も脇もロックかジグザグがおすすめです。

最後にプリーツのひだ1本1本にあて布をして丁寧にアイロンをかければ完成です。

スカートの切り方②ウエスト部分を切る場合パート1 スカートの切り方の2つ目は、ウエスト部分を切る場合パート1です。

最初にスカートのプリーツが動かないようにテープなどで上下2箇所固定しておきます。

ベルトとポケットとファスナーを取り外します。

再度くっつけることを考えて取り外さなくても平気そうな部分はそのまま残しましょう。

短くしたい部分で切ります。

元々のウエストと切って出来たウエストの差はプリーツのひだを均等に寄り合わせて調整していきます。

例えば差が5センチでひだが20本の場合はひだ20本を5で割ります。

すると4ミリと出てきますので、ひだ1本あたり4ミリずつプリーツのひだを寄せます。

ちなみに、先ほど切った布のウエスト部分と合わせることで微調整ができるので、しっかりと微調整した方がいいでしょう。

ウエストのサイズが合ったらミシンで縫います。

ウエストの次にポケットを取り付けていきます。

スカートの切り方③ウエストで切る場合パート2 スカートの切り方の3つ目は、ウエストで切る場合のパート2です。

スカートの前側にポケットのファスナーがついていない方を中表にして重ねてまち針を刺して固定しながらミシンで縫います。

ポケット口の下にはファスナーが付いているのでそれも取り付けます。

まずはスカートの脇をファスナーの長さまでほどきます。

ファスナーを縫い付けたら縫い方向に直角に行ったり来たり縫ってポケット口を補強します。

これをあき止まりと言います。

反対側のファスナーもぬいつけて同じようにあき止まりをします。

あき止まりをすることでファスナーとスカートの間に隙間が多少あっても問題なくなります。

ファスナーを閉じてスカートを重ねて端から1,2ミリの部分を縫ってファスナーの止まり部分もあかり止まりをします。

最後にベルトをつけていきます。

まずスカートの表面にベルトのミシン目の無い方の縫い代を重ねてポケットの上も挟むようにまち針を刺します。

スカートの切り方④ウエストで切る場合パート3 スカートの切り方の4つ目は、ウエストで切る場合パート3です。

ベルトの折り目通りにミシンをかけます。

ベルトの芯を縫い代の下に入れます。

ベルト布を折りベルト芯を巻き込んだら表側からまち針で押さえます。

裏から見てまち針がきちんと布を押さえられているか確認をし、ベルトぎりぎりのスカート側を縫えば完成です。

スカートベルトの使い方 スカートベルトの使い方①使い方は簡単 スカートベルトの使い方の1つ目は、その使い方は簡単だということです。

まず、スカートを短くしたい長さのところまで上げます。

スカートベルトをスカートのウエストより少し高い部分にスカートの上から取り付けるだけです。

スカートベルトの使い方②スカートベルトの注意点 スカートベルトの使い方の2つ目は、スカートベルトを使う時の注意点です。

スカートベルトは使い方がとっても簡単なのですがその分ずれやすいというデメリットも持っています。

スカートを1回折ればズレにくくなるので、スカートベルトを使う場合には試してみてください。

スカートを短くする方法 スカートを短くする方法①折る スカートを短くする方法の1つ目は、折るということです。

先ほど紹介したようにスカートを折ることでスカートを短くすることが可能です。

ただし、ウエストを折るという事はそれだけウエストが苦しくなるので注意しましょう。

しかし、スカートを短くしたい一心で高校生くらいになると2回ではなく3回折る人もいます。

以下の記事にスカートを短くしたい心理が載っていますのであわせて読んでみてください。

スカートを短くする方法②切る スカートを短くする方法の2つ目は、切るということです。

先ほど紹介した2種類の切り方の内のどちらかの切り方がおすすめです。

ミシンの扱いに慣れているならばウエストで切る方がきれいに仕上がります。

スカートを短くする方法③履き方を工夫してスカートベルトを使う スカートを短くする方法の3つ目は、履き方を工夫してスカートベルトを使うという方法です。

スカートベルトはそのまま装着していると丸見えなのでスカートの履き方に工夫が必要です。

例えば上にセーターやブレザーを羽織ってベルトを隠す場合はベルトが見えません。

ばんざいをしても見えないような履き方も大事です。

スカートを短くする方法④履き方を工夫してサスペンダーを使う スカートを短くする方法の4つ目は、履き方を工夫してサスペンダーを使う方法です。

サスペンダーを使うことで少しですがスカート丈を短くすることができます。

ほんの少しだけ短くしたい場合にはおすすめの履き方です。

ただし、サスペンダーもスカートベルト同様でそのままでは丸見えです。

しかもスカートベルトはおしゃれアイテムですがサスペンダーは制服には合いません。

こちらも履き方を工夫してセーターでしっかりと隠して使いましょう。

スカートを短くする方法⑤裾折りで裾の上げ方 スカートを短くする方法の5つ目は、裾折りで裾の上げ方を知るということです。

まずは裾をほどいて伸ばします。

好みの長さになるまで折ってプリーツを整えます。

スチームアイロンを表から優しくかけて、まつり縫いをしたら完成です。

手軽に行える上げ方なので覚えておきましょう。

スカートを短くする方法⑥裾上げテープで裾の上げ方 スカートを短くする方法の6つ目は、裾上げテープで裾の上げ方を知るということです。

に裾をほどいて好みの長さで折ってプリーツを整えます。

裾上げテープを水に浸し取り出してしっかりと絞ります。

裾部分にテープを乗せて接着すれば完成です。

以下の記事に自分でやる裾の上げ方が載っていますので参考にどうぞ。

スカートを短くしたい理由や心理は? スカートを短くしたい理由・心理①都道府県別スカートの長さ スカートを短くしたい理由・心理の1つ目は、都道府県別スカートの長さです。

全国で最もスカート丈が短かったのが東京・神奈川です。

膝上15センチよりも短い人が3割以上で多数です。

一方の大阪・神戸は膝下15センチより少し短いくらいの人が4割います。

制服でのおしゃれの違いは地域によって違うようです。

例えば、同じ関西でロング派の大阪と兵庫でも着こなし方は違います。

大阪は、膝丈はださいという考え方らしく、ホックを外したり腰で履いたりして頑張って丈を長くしているのだそうです。

リュックやスニーカーと合わせて古着のようなスタイルです。

一方の兵庫はワンピースや肩ヒモがついた制服が多く、お嬢様風のスタイルが主流のようです。

学校指定のスクールバッグを肘の当たりで持ってブランドバッグに見立てるような着方をしているようです。

同じ関西でも滋賀県はミニ傾向が強いようです。

スカートを短くしたい理由・心理②スカート丈が決まるのは地域だけではない スカートを短くしたい理由・心理の2つ目は、スカート丈が決まるのは地域だけではないということです。

例えば、学校での立ち位置も関係してきます。

学校で目立ちたくないという人は短すぎず長すぎずを選びます。

受験や成績にも影響してくるのでしっかりとそこら辺を考えている人も多いです。

また、校則との駆け引きなどもあるようです。

服装チェックがある時は指定の長さのスカート履いていき、それ以外は短いスカートを履いたり、放課後に短いスカートに履き替えるなど工夫をしているようです。

また、最近はくるぶし丈の靴下や紺のハイソックスをくしゅくしゅに丸めて短くする靴下の履き方が主流であったり、スクールバックよりもリュックが主流です。

その時その時の流行りによってもスカート丈の長さが変わるようです。

スカートを短くしたい理由・心理③可愛く見られたい スカートを短くしたい理由・心理の3つ目は、可愛く見られたいからです。

スカートを短くすると可愛く見えるという心理が働くようです。

長いスカートはダサいと思っている学生が多くいるようで、短いイコール可愛いという認識なのだそうです。

女性であれば少しでも可愛く見られたいという心理は必然です。

そんな気持ちがスカートを短くしたいという心理に結び付いてしまうのです。

特に校則などによる縛りがあると、尚更そこから抜け出せている人がかっこよく見えてしまいがちです。

また、中学生はそこまでいなくても、高校生になると周りがスカートを短くし始めます。

そうして他の人もどんどんスカートを短くしていくと、自分だけ置いてけぼりをくらっているような感覚に陥ってしまいます。

そこから脱出したいがためにスカートを短くする人もいます。

スカートを短くしたい理由・心理④今しかできないから スカートを短くしたい理由・心理の4つ目は、今しかできないからです。

制服というのはその時期しか着れないアイテムです。

1日でも違う日に着ればそれはもうコスプレとなります。

つまり今の時期しか着れない制服でいかにおしゃれをするかで今しかない貴重な時間の過ごし方が変わってくるのです。

そのため、今しかない時期にスカートを折るだけにしておくのか、切ってしまうのか、裾の上げ方やスカートの履き方にまでこだわるのです。

スカートを短くする方法を知ろう! いかがでしたか?制服のスカートを短くする方法や裾の上げ方について紹介してきました。

今回の記事を参考にして制服のスカートを短くする方法や上げ方などを知っておきましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

キーワード

  • スカート
  • ウエスト
  • プリーツ
  • スカートベルト
  • 制服
  • 折り方
  • ベルト
  • 心理
  • 切り方
  • ファスナー
  • 上げ方
  • 理由
  • 使い方
  • 綺麗
  • 1回