ライフスタイル

割れる足の小指の爪の対処法・生えてくるケアは?縦ひび・副爪の治療の仕方

2019年05月28日更新
割れる足の小指の爪の対処法・生えてくるケアは?縦ひび・副爪の治療の仕方

足の小指の爪が割れる!割れやすい理由は? 足の小指の爪が割れやすい理由①合わない靴で爪が変形 1つ目の足の小指の爪が割れやすい理由は、足のサイズに合っていないパンプスや靴を履き続けることです。

足に合わない小さな靴を履いて爪先が圧迫され続けると、徐々に爪が変形していき、割れることがあります。

逆に、サイズが大きい靴を履き続けていると、靴の中で足が動いて摩擦が起き、爪が擦れて変形して割れることもあります。

足の小指の爪がよく割れる、もしくは現在変形している方は、靴のサイズが合っていないのかもしれません。

足の小指の爪が割れやすい理由②縦にひびわれた爪は乾燥が原因の可能性も 2つ目の足の小指の爪が割れやすい理由は、乾燥です。

小指の爪に縦のひびが入って割れる人は、爪自体が乾燥している可能性があります。

もしくは、爪の周りの皮膚が乾燥して硬くなり、爪に負担がかかって縦ひびが入っている場合もあります。

足の小指の爪が割れやすい理由③爪のたんぱく質不足 3つ目の足の小指の爪が割れやすい理由は、爪のたんぱく質不足です。

爪はたんぱく質からできているため、たんぱく質が不足してしまうと栄養が足りていない状態になり、縦ひびが入りやすい、もしくはよく割れる爪になってしまいます。

爪の成分は主にたんぱく質ですが、他にもビタミンE、ビタミンB群、亜鉛、鉄も爪の大事な成分なので、小指の爪が割れやすい場合、これらが不足しているのかもしれません。

足の小指の爪が割れやすい理由④血行が悪い 4つ目の足の小指の爪が割れやすい理由は、血行が悪くなっていることです。

指先の血行が悪くなると、爪を作るための栄養が運ばれにくなってしまいます。

栄養を意識的に摂っているのに、爪がよく割れるという方は、血行不良のせいで爪に届いていないのかもしれません。

足の小指の爪が割れた時のケアや対処法は? 足の小指の爪が割れた時のケアや対処法①絆創膏で固定する 1つ目の割れる小指の爪のケアや対処法についてですが、割れてしまっている場合は、それ以上悪化しないように絆創膏やガーゼで固定しましょう。

ただ、割れた部分に絆創膏やガーゼを固定するためのテープが当たると、爪が引っ張られて痛みが出てしまうかもしれないので、慎重に巻いてくださいね。

よく割れてしまうという方は、割れた爪をケアするための絆創膏を常に持ち歩くのもおすすめです。

足の小指の爪が割れた時のケアや対処法②ネイルグルーで固める 2つ目の足の小指の爪が割れた時のケアや対処法は、ネイルグルーで固めることです。

ネイルグルーというのは、爪専用の接着剤のことで、ネイル用品を売っているお店や、通販で手に入れることができます。

割れた部分に塗りにくい場合は、爪楊枝を使うと綺麗に塗れますよ。

ネイルグルーと、爪の境目をつるっとさせたい場合は、仕上げに爪やすりで整えることをおすすめします。

まだネイルグルーを持っていない方は、ケアように1つ持っておくと重宝するでしょう。

足の小指の爪が割れた時のケアや対処法③爪が伸びるまでマニキュアを塗る 3つ目の足の小指の爪が割れた時のケアや対処法は、割れた爪が伸びるまでの間マニキュアをしばらく塗ることです。

割れてしまった部分を覆うように塗って、綺麗な爪が伸びるまでの間時間稼ぎをします。

さらに、絆創膏で上から巻いておけば安心ですよ。

普段マニキュアを塗らないという方も、最近は、100均にも豊富な種類のマニキュアが売られていますので、ケア用として1つ持っておくのもいいでしょう。

足の小指の爪が割れる!割れた爪が綺麗に生えやすくする対処法は? 割れた爪が綺麗に生えてくるための対処法①ビタミンAを意識して摂る 1つ目の割れた爪が綺麗に生えてくるための対処法は、ビタミンAを意識して摂ることです。

ビタミンAには爪を強くして乾燥を防ぐ役割があり、よく爪が割れるという方には欠かせない栄養分と言えます。

ビタミンAは、トマトやほうれん草や人参などの緑黄色野菜に含まれています。

毎日は難しいかもしれませんが、割れる爪を防いで強くするために意識して摂ってみてくださいね。

食材では難しい場合は、爪が綺麗に生えてくるようにするために、サプリメントを利用するのもいいでしょう。

ビタミンAに加えて、他のビタミンやたんぱく質や亜鉛も一緒に摂れればなおいいですね。

サプリメント代をリーズナブルに抑えたい方は、100均で人気のサプリメントがおすすめですよ。

下記の記事でおすすめサプリメントを紹介していますので、是非チェックされてくださいね。

割れた爪が綺麗に生えてくるための対処法②お菓子や加工品を控える 2つ目の割れた爪が綺麗に生えてくるための対処法は、お菓子や加工品を控えることです。

爪は主にたんぱく質でできているため、不足すると割れやすくなると先ほど述べましたが、お菓子や加工品を摂取しすぎるのもよくありません。

お菓子や加工品でお腹が一杯になってしまうと、豆腐や納豆などのたんぱく質が含まれている食品が入らなくなってしまい、自然と不足してしまいます。

割れてしまった爪の後に、綺麗な爪が生えてくるように、しっかり栄養を摂りましょう。

割れた爪が綺麗に生えてくるための対処法③爪を噛む癖がある場合は控える 3つ目の割れた爪が綺麗に生えてくるための対処法は、爪を噛む癖がある場合は控えることです。

ついつい気付いたら爪を噛んでしまうという方は、噛んだ痕が溝になってしまい、生えてくる爪が凸凹に変形してしまうことがあるので要注意です。

いつの間にか口に指がいってしまわないように、意識して過ごしてみましょう。

割れた爪が綺麗に生えてくるための対処法④爪やすりを使用する 4つ目の割れた爪が綺麗に生えてくるための対処法は、爪を切る時は、爪を刃で挟んでカットするタイプの爪切りではなく、爪やすりを使用することです。

爪切りは、ぱちんと切る瞬間に爪に負担をかけている場合があります。

爪というのは、ミルフィーユ状になっており、負担がかかると目に見えないヒビが入ることがあります。

ヒビが広がると割れに繋がってしまいますので、日々爪を短くしたい時は爪やすりが最適です。

すでに割れている爪や伸びてきた爪は、爪やすりで負担をかけないように整えましょう。

綺麗な爪が生えてくるところを想像しながら、爪やすりを普段から使用してくださいね。

足の小指の爪が割れる!割れないようにする予防策は? 足の小指の爪を割れないようにする予防策①マッサージを習慣化する 1つ目の足の小指の爪を割れないようにする予防策は、マッサージを習慣化することです。

爪の発育を促すために、血行が悪くならないように心掛けましょう。

そのためには、空いた時間を利用して指先をマッサージするのがおすすめです。

マッサージを習慣化していると、血行が良くなり、摂取した栄養素が爪に届きやすくなるとされています。

強くて綺麗な爪を育てたい方は試してみる価値があるでしょう。

ハンドクリームやボディクリームをつけてゆっくりとマッサージする時間は、爪が強くなるだけではなく心の癒しにも繋がります。

是非、お気に入りのクリームを見付けてマッサージしてみてください。

足の小指の爪を割れないようにする予防策②保湿を常に心掛ける 2つ目の足の小指の爪を割れないようにする予防策は、保湿を心掛けることです。

爪は乾燥してしまうと割れやすくなってしまいますので、小まめにハンドクリームを塗るようにしましょう。

薬局には、持ち歩きに便利なコンパクトサイズが売られていますので、バッグの中に1つ忍ばせておくといいですね。

ハンドクリームだけでは保湿が足りない場合は、爪用のオイルをプラスするのもいいでしょう。

足の小指の爪を割れないようにする予防策③つぼ押しで新陳代謝アップ! 3つ目の足の小指の爪を割れないようにする予防策は、つぼ押しを取り入れて新陳代謝アップする方法です。

指先が冷えると新陳代謝が悪くなり、脆く割れやすくなってしまいます。

指先が冷えたと感じた時は、爪の両端を強めの力で30秒ほどぎゅっと押しましょう。

そうすると、血行が良くなり栄養が届きやすくなり、新陳代謝がアップします。

是非つぼ押しを習慣化してみてくださいね。

足の小指の爪を割れないようにする予防策④除光液の使い過ぎに注意する 4つ目の足の小指の爪を割れないようにする予防策は、除光液の使い過ぎに注意することです。

マニキュアをする方は、普段除光液を使うことも多いでしょう。

ですが、除光液は爪の水分を奪って乾燥させてしまいます。

乾燥すると爪が割れやすい状態になってしまいますので、マニキュアを落とした後はクリームで必ず保湿しましょう。

また、頻繁にカラーを変えないようにすることも大切です。

足の小指の爪を割れないようにする予防策⑤靴はフィッティングして買う 5つ目の足の小指の爪を割れないようにする予防策は、靴を買う時は必ずフィッティングしてからにすることです。

片足だけ入れてサイズがぴったりと感じても、足の形は左右異なりますので、必ず両足とも履いてみるようにしましょう。

また、足を入れた瞬間は合っていると思っても、歩いてみると違和感を感じる事があるので、店内を歩いたりして入念に合っているかチェックするのがおすすめです。

あまりに割れがひどい時は、ヒール高めのパンプスだと爪に負担がかかって悪化しますので、フラットタイプの靴を選ぶようにしてくださいね。

足の小指の爪を割れないようにする予防策⑥ジェルネイルの利用法に注意 6つ目の足の小指の爪を割れないようにする予防策は、ジェルネイルの利用の仕方に気をつけることです。

ジェルネイルをしている場合、力任せに剥がしたり、頻繁に変えると自爪に負担がかかってしまいますので、注意しましょう。

ジェルネイルが浮いてきた時は、自分で触らずにネイルサロンでとってもらってくださいね。

また、ネイリストによっては、必要以上に自爪を削って割れやすくなる場合がありますので、腕がいいと思えるネイルサロンを見つけることも大切です。

足の小指の爪を割れないようにする予防策⑦サプリを摂取して割れと変形防止 7つ目の足の小指の爪を割れないようにする予防策は、サプリを摂取して割れと変形防止することです。

綺麗な爪を生やすためには、爪を作っているたんぱく質やビタミンや亜鉛などを欠かさないようにすることが大切です。

しかし、毎日の食事だけで全ての成分の必要量を補うことは大変という方も多いのではないでしょうか?そんな方は、薬局で手軽に手に入るサプリメントを利用するのがおすすめです。

爪を作るための成分を常に補うことで、爪が強くなり綺麗に生えてくるようになるでしょう。

足の小指の爪が割れる!割れやすい人の爪トラブル5つ 足の小指の爪がすぐ割れる人の爪トラブル①副爪は治療が必要な場合も 1つ目の足の小指の爪がすぐ割れる人の爪トラブルは、副爪です。

先ほど綺麗な爪を生やすためには、たんぱく質やビタミンや亜鉛などの成分が必要と述べましたが、これらの成分が不足すると、爪が脆くなり割れやすくなってしまいます。

栄養不足による小指の爪の割れを放っておくと副爪と呼ばれる2つに分かれて割れてそのまま伸びるという厄介な状態になることもあります。

悪化すると、皮膚と靴の間で爪が圧迫されて痛みが出ることもありますので、その場合は病院に行くのがベストです。

治療法は、症状にもよりますので一概には言えませんが、治療の仕方は、余分な部分をカットしたり、表面を整えたりなどです。

とにかく気付いたら悪化する前に診てもらうのがベストでしょう。

足の小指の爪がすぐ割れる人の爪トラブル②巻き爪 2つ目の足の小指の爪がすぐ割れる人の爪トラブルは、巻き爪です。

巻き爪というのは、爪の両端が指の内側に食い込むように生えている爪のことです。

深爪をしたり、合わない靴を履き続けることで爪が変形して起こる場合があります。

足の小指の爪がすぐ割れる人の爪トラブル③二枚爪 3つ目の足の小指の爪がすぐ割れる人の爪トラブルは、二枚爪です。

二枚爪というのは、挟むタイプの爪切りによる爪への負担や、乾燥が原因で爪の表面が剥がれてくる爪のことです。

改善するためには、保湿を心掛けて、爪を短くする時は爪やすりを使う必要があります。

足の小指の爪がすぐ割れる人の爪トラブル④深爪 4つ目の足の小指の爪がすぐ割れる人の爪トラブルは、深爪です。

爪を切る時に、指先の皮膚が見えるほど深く切り過ぎている状態のことで、これをきっかけに変形したり、巻き爪になることがあります。

挟んで切るタイプの爪切りを使うと深爪になりやすいので、爪やすりを使って少しずつバランスを見ながら削っていくのがおすすめです。

足の小指の爪がすぐ割れる人の爪トラブル⑤縦すじがある 5つ目の足の小指の爪がすぐ割れる人の爪トラブルは、縦すじがある状態です。

縦すじがある爪は、加齢によるものがほとんどですので、心配は要りません。

ただ、乾燥が原因で縦すじが出ている場合がありますので、見つけたら一旦保湿してみるといいでしょう。

そうすれば縦すじが消える場合があります。

割れる足の小指の爪の対処法を知って綺麗をキープしよう! 足の小指の爪が割れる原因や、生えてくる爪のためのケア法や、足の小指の爪が割れやすい人の爪トラブルなどを紹介してまいりました。

爪が割れやすい原因や、割れや変形防止の方法を知っておけば、常に綺麗な爪を維持しやすくなります。

自分に合ったケアを見つけて、指先のおしゃれを存分に楽しみましょう!

キーワード

  • 小指
  • 綺麗
  • 対処法
  • 予防策
  • ケア
  • 爪トラブル
  • ビタミン
  • たんぱく質
  • 乾燥
  • 理由
  • 爪やすり
  • 栄養
  • 負担