恋愛

幸せを感じる力を高めよう。毎日続けられる「引き寄せ」習慣って?

2019年05月28日更新
幸せを感じる力を高めよう。毎日続けられる「引き寄せ」習慣って?

「幸せになりたい」……誰もが願っていることではないでしょうか。

幸せになりたくて恋愛をし、彼ができたらさらなる幸せを望み、その先に結婚を願う。

それが自分を幸せにしてくれると信じて……。

でも、私自身の経験をふまえて言えるのは、「自分のことは、自分しか幸せにできない」ということです。

幸せは自分でつくるもの 「相手に幸せにしてもらいたい」と考える人は、特に女性に多いような気がします。

でも、自分の幸せを相手任せにしていると、自分の考えていた状態にならなかったときに、「こんなはずじゃなかった」と相手を責めてしまいがち。

私自身がそうでした。

たとえば、念願の彼とつき合ったときのこと。

なかなかLINEをくれない、すてきなデートのプランを立ててくれない、誕生日プレゼントが期待と違っていた、と不満を募らせていました。

「彼が私を幸せにしてくれる」と期待していた私は、彼から思うものを得られなかったときに、「なんで私を幸せにしてくれないの?」と、すべてを相手のせいにしてしまっていたんです。

このように、自分の幸せを相手任せにしていると、期待がはずれて不機嫌になり、相手の行動や思考に一喜一憂し、それによって振り回されてしまう。

これでは、自分の幸せどころか、相手にとっても不幸でしかありませんよね。

欲望は果てしない、ということを知ること 人間の欲望には、きりがありません。

彼がいないときは、好きな人がいるだけで幸せ、片思い中なら、あの人とつき合えたらそれで幸せ、その彼とつき合えたら、彼と結婚できたら幸せ、彼と結婚できたら、子どもができたら幸せ……。

幸せの欲望は、それがかなったとたんに、次はこれ、その次はあれと、際限なく続いていくものです。

また、常に新しい刺激を求めて、古くなったものはすぐに飽きる、という人もいるでしょう。

あんなに欲しかった洋服やバッグを手に入れても、ワクワクするのは最初だけ。

次のシーズンにはとうに飽きて、また別の新しいものが欲しくなる……思いあたる人もいるのではないでしょうか。

でもそうではなく、今あること、今いる人にありがたみを感じる、それを「意識する」ことが、“幸せを感じやすい体質”を形づくっていくのです。

それはどういったことなのか、具体的にお話ししていきますね。

日々の中に“幸せを感じる”を心がける 普段、なにげなく暮らしていると、つい見落としてしまうのですが、こまやかに意識をすると、“自分がいかに幸せに囲まれているか”ということに気づかされます。

ひとつひとつはほんのささやかなことです。

それはたとえば、朝ごはんにおいしいパンを食べた、プレゼンテーションを褒められた、いつもより早く仕事が終わった、ひと駅分歩いたら気持ちがよかった、お天気で洗濯物からいい香りがした、希望の時間に美容院の予約が取れた、たまたまつけた番組に好きなアーティストが出ていた……こんなささやかだけど幸せなことが、いくつも出てきませんか? “幸せ感度”が高い人は、こういった日常の幸せな事柄を見落としません。

それでは、“幸せ感度”を上げるにはどうすればいいのでしょうか。

私がオススメの方法は、その日に見つけた幸せを、日記に文字でつづること。

それを続けることで、幸せを感じとる力は自然と高まります。

また幸せは過去の思い出からも感じることができます。

たとえば1週間に一度、その日記を読み返し、幸せの余韻を感じてみましょう。

幸せを感じる「出来事」を、自分にプレゼントする 日々の小さな幸せたちを集め、さらに「大きな幸せ」で満たすには、“自分が幸せだと感じること”を実行することも大切です。

自分のために何かをすることは自己を肯定することにつながり、何か失敗したときにも必要以上に落ち込まず、自分自身を認めてあげることができるからです。

たとえば、喫茶店が好きだったら、週末に喫茶店巡りをする、観劇が好きなら忙しい時間をやりくりしても劇場に足を運ぶ、着物に興味がわいたなら着つけ教室に通う。

1カ月に一度でも、休暇を利用するのもいいでしょう。

がんばった自分へのごほうびは、決して無駄な贅沢(ぜいたく)ではないのです。

ポジティブな言葉を発する 昔から、言葉には「言霊(ことだま)」が宿ると言われています。

簡単に言うと、いい言葉を発すれば幸せに、悪い言葉を発すれば不幸せになるという不思議な力のことですね。

ややスピリチュアルに聞こえるかもしれません。

でも私の周囲を見渡してみても、「私いつもラッキーなの」と言っている人は、くじが当たったり、恋愛がうまくいっているし、「私なんてダメだ」が口グセの人には、ネガティブな事象が続いている気がします。

これこそ、引き寄せの法則ではないでしょうか。

自分が発する言葉は、誰よりも1番に自分の耳に届く。

だからマイナスの言葉を発したあなたが、マイナスの感情を感じやすいのは当然ですよね。

ですから、ありがとうと感謝の気持ちを述べたり、人をほめたりと、ポジティブな言葉を意識して使えば、その分“幸せを引き寄せられる”と考えて、実践してみましょう。

腸内環境を整えて、幸せホルモンを分泌する 最後に、幸せ感度を高める食習慣についてお話しします。

腸と幸せを感じる能力は、実は切っても切れない関係にあります。

恋をしたときに分泌されるホルモン、別名「幸せホルモン」であるセロトニンの約9割は腸で作られているともいわれ、腸内環境が悪化していると、ホルモンの分泌も低下するとされています。

そうなると、幸せを感じにくくなるだけでなく、イライラや憂鬱(ゆううつ)な気分を引き起こしたりします。

つまり、“幸せ感度”を高めるには、腸内環境の改善が有効、ということになりますね。

1. 暴飲暴食をやめる 2. コンビニ食やジャンクフードを避ける 3. 食物繊維を摂る 4. 納豆、みそなどの発酵食品を摂る 5. よくかんで、消化吸収をアップさせる これらは、実際に私がいつも実践している5つの「腸活」です。

これら意識的に続けるようになってから、イライラすることが減っていき、慢性的な便秘も改善され、目に見えて肌荒れもしにくくなってきました。

幸せ感度と美力を同時に高めて、健やかな日々を送る、まさに一石三鳥の方法です。

何が幸せなのかを決めるのは、自分 幸せそれ自体は、目に見えるものではありません。

幸せそうに見える人が、本当に幸せを感じているかはわからない。

幸せの基準を決めるのは、自分自身なのです。

自分の考え方を工夫し、生活習慣を改善ことで、幸せ感度は高まります。

そうすればおのずと、これまで見逃していた幸せをキャッチできるようになるのです。

少しずつでも日々の習慣にとりいれて、いっぱいの幸せを感じ取ってくださいね。

(安田光絵) ※画像はイメージです。

キーワード

  • 幸せ
  • 幸せ感度
  • 日々
  • 改善
  • 分泌
  • 腸内環境
  • 意識
  • 欲望
  • 期待
  • 結婚
  • ホルモン
  • 幸せホルモン
  • ポジティブ
  • プレゼント
  • イライラ