メイク

毛穴落ち&毛穴浮き対策ファンデーション|カバーとメイク直し方法&おすすめ

2019年05月29日更新
毛穴落ち&毛穴浮き対策ファンデーション|カバーとメイク直し方法&おすすめ

ファンデーション毛穴・角栓 せっかくファンデーションを塗ったのに、「なんだか毛穴が目立って気になる…。

」ということはありませんか? 「毛穴落ち」や「毛穴浮き」と呼ばれる化粧崩れは、毛穴から出る余分な皮脂とファンデーションが混ざり合うことで起きやすくなるといわれています。

メイクでカバーし、化粧崩れを防いで毛穴を目立たせなくするためには、毛穴の種類に合ったファンデーションを選ぶこと&ベースメイクをキレイに仕上げるポイントを押さえることがとても大切! そこで今回は、毛穴カバーにぴったりのおすすめファンデーションとベースメイクのポイント、毛穴落ちや毛穴浮きをしてしまった時のメイク直し方法、スキンケアのポイントまでたっぷりとご紹介します。

毛穴カバーに適したファンデーションを選び、使いこなして思わず鏡を見たくなるような、美しい肌を演出しましょう! ◆肌らぶ セレクション◆ オルビス スムースマットベース 内容量:12g 価格:1,200円(税抜) 気になる毛穴をフラットにカバーできる、オルビスの部分用化粧下地。

光を操る独自のパウダーが光を強力に乱反射!毛穴の凹凸をなめらかに整えます。

ベージュ色のベースクリームは、肌なじみも絶妙です。

黒ずみや色ムラを自然にカバーし、テカリや化粧崩れも防いでくれるのもうれしいポイントでしょう。

さらさらの感触のパウダーに変化し、まるでベルベットのような肌を演出するスムースマットベース。

ひと塗りであなたのメイク、もっと楽しんでみませんか。

1|ファンデーションによる毛穴落ち&毛穴浮きって? 「毛穴落ち」・「毛穴浮き」とは、一般的に毛穴から出る余分な皮脂によって起きる化粧崩れのことを指します。

「毛穴落ち」と「毛穴浮き」は、毛穴の種類によって起こりやすい傾向が変わってくるようです。

ここでは、「毛穴落ち」「毛穴浮き」それぞれの主な原因と特徴をご紹介します。

1-1.毛穴落ちの特徴! 毛穴落ちの主な原因は、毛穴から余分な皮脂が過剰に出ることだと考えられています。

主に頬にみられることが多く、皮脂が出ることで毛穴の入り口が広がり、肌表面のファンデーションが毛穴の中にポコンと落ち込んでしまう状態になります。

毛穴の中でファンデーションと皮脂が混ざり合うことで、毛穴の中が白っぽく目立って見えることがあります。

毛穴落ちは、開き毛穴やたるみ毛穴などの「凹凸毛穴」がある場合に起こりやすい傾向があるようです! ▽開き毛穴 開き毛穴は、余分な皮脂が過剰に出ることで、毛穴の入り口が押し広げられて目立ってしまう状態です。

オイリー肌の方だけに限らず、肌の乾燥によって皮脂が多く出ることで開き毛穴になることもあります。

▽たるみ毛穴 たるみ毛穴は、40代~50代に多くみられ、年齢を重ねることで肌のハリが失われ毛穴周りがたるむことで、毛穴の形が縦に長いしずく型に見える状態です。

1-2.毛穴浮きの特徴! 毛穴浮きは、毛穴落ちと同じく毛穴から余分な皮脂が出ることが原因だと考えられています。

皮脂の分泌が特に多い鼻やおでこのTゾーンに多くみられ、皮脂の油分によって毛穴部分のファンデーションがはがれてしまい、毛穴や角栓が浮き出て見える状態です。

毛穴周りのファンデーションが崩れやすくなるため、毛穴悩みがある部分のファンデーションが全体的に白浮きした印象になります。

詰まり毛穴や黒ずみ毛穴などの角栓詰まりの毛穴がある場合に起こりやすい傾向があります。

Tゾーンや小鼻など特に皮脂が出やすい部分に多く見られるのが特徴です。

▽詰まり・黒ずみ毛穴 詰まり毛穴は、古くなった角質と皮脂が混ざり合った角栓が毛穴に詰まっている状態を指します。

触るとザラつきがあり、白くぽつぽつと目立つ毛穴です。

黒ずみ毛穴は、黒くぽつぽつと目立っているのが特徴的な毛穴です。

2|【毛穴の種類別】ファンデーションの選び方&おすすめ 毛穴落ちや毛穴浮きなどの化粧崩れを防いで毛穴悩みをキレイに隠すには、毛穴の種類に合わせたファンデーション選びが大切です。

一般的に、リキッドファンデーションやクリームファンデーションなどの液状タイプのファンデーションは、どのタイプの毛穴悩みもカバーしやすいといわれています。

より毛穴悩みの種類にフォーカスをあててファンデーションを選ぶと、納得のいく仕上がりに一歩近づくことができますよ。

ここでは、毛穴悩みに合ったファンデーション選びのポイントをご紹介します。

2-1.“頬の毛穴落ち”が気になる方にはクリームやスティックファンデーション! 頬に現れやすい「開き毛穴」や「たるみ毛穴」には、液状ファンデーションの中でもテクスチャーが固めのクリームまたはスティックファンデーションがおすすめです。

肌に密着しやすく、毛穴の凹凸感をよりなめらかに見せることができます。

クリームファンデーションやスティックファンデーションは、リキッドタイプよりも固さがあるので厚塗り感が出ないよう、しっかりと肌になじませるのがポイント。

ここでは、手軽に使えてキレイに仕上がる肌らぶ編集部おすすめのスティックファンデーションをご紹介します。

肌らぶ編集部おすすめスティックファンデーション ★マナラ BBリキッドバー 内容量:7g 価格:3,400円(税抜) SPF35・PA+++/全2色 伸びが良く、するすると伸びるスティック状BBクリームです。

伸ばした瞬間、肌の熱でとろっとなじむ感触がやみつきに。

しっとりと肌に密着し、気になる毛穴をカバーしてツヤと透明感をプラスしてくれます。

配合されたブライトピーチパウダーが肌に血色感を演出してくれるため、お疲れ顔やハリ不足だと感じる時にもおすすめ。

肌に直接塗った後、スポンジでトントンとなじませるだけなので、手が汚れず手間がかからないのもうれしいポイントです。

肌らぶ編集部おすすめスティックファンデーション ★24hコスメ 24 ミネラルスティックファンデ #プチプラ 内容量:7g 価格:1,800円(税抜) 24hコスメのスティックファンデーションは、気になる毛穴をしっかりとカバーしてくれます。

ヨレやテカリなどの化粧崩れも気になりにくく、ナチュラルな仕上がりに◎形状がリップスティックのように斜めになっているので、テクニックなしでもキレイに仕上がりやすいアイテムです。

肌らぶ編集部おすすめスティックファンデーション ★セルヴォーク インテントスキン スティックファンデーション #デパコス 内容量:11g 価格:4,800円(税抜) なめらかなテクスチャーでするすると均一に伸ばしやすく、ぴったりと肌に密着し、美しい仕上がりを演出してくれるスティックファンデーション。

保湿成分としてラベンダー油・ティーツリー葉油を配合!メイク時の乾燥を防ぎ、うるおいを与えてくれるのもうれしい点です◎時間が経ってもカラーや質感が肌にしっかりとなじんでいるのもポイントです! 肌らぶ編集部おすすめスティックファンデーション ★カバーマーク ブライトアップファンデーション(部分用ファンデーション) 価格:3,500円(税抜) シミや目の下のくま・くすみをしっかりとカバーしてくれる部分用スティックファンデーション。

部分用なので、細かい部分にも塗ることができます!落ちにくくフィットしやすいので、まばたきや表情によるヨレにも◎ 2-2.“Tゾーン(鼻・おでこ)の毛穴浮き”が気になる方にはリキッドやパウダーファンデーション! Tゾーンによく現れる「詰まり毛穴」・「黒ずみ毛穴」には、テクスチャーが軽く薄付きタイプのリキッドファンデーションやパウダーファンデーションがおすすめです。

黒ずんでいない詰まり毛穴であれば、パウダーファンデーションでも美しくカバーすることができます♪ 黒ずみ毛穴には、肌とのなじみが良く程よい密着感のあるリキッドタイプがおすすめ。

ここからは、肌らぶ編集部おすすめのファンデーションをリキッドタイプとパウダータイプに分けてそれぞれご紹介します。

肌らぶ編集部おすすめリキッドファンデーション ★マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール(医薬部外品) 内容量:25mL 価格:3,904円(税抜) SPF35・PA+++/全5色。

まるで美容液のようにうるおいたっぷりの艶やかなヴェールで、ハリと透明感に満ちた肌を演出しながら、美白ケア*までできる薬用ファンデーションです。

美白有効成分プラセンタ配合。

シミや小じわ、毛穴などを目立たなくさせながら、艶やかでクリアな肌に仕上げることができる頼れるファンデーションです。

保湿成分ヒアルロン酸やコラーゲンも配合で、エイジングケア**を気にする方にもおすすめです。

合成香料・石油系鉱物油・タール系色素無添加。

*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ **年齢に応じたうるおいのお手入れ ⇒編集部が実際に試した【マキアレイベル】のレビューはこちら>>> 肌らぶ編集部おすすめリキッドファンデーション ★THREE(スリー) フローレスエシリアル フルイド ファンデーション #デパコス 内容量:30ml 価格:5,000円(税抜) 保湿成分としてインカインチオイル・ティーシードオイル・アルガンオイルを配合。

色つきの乳液かのようになめらかに伸び、溶け込むように肌にフィットします!カバー力がありながらも、美しいツヤ感のある仕上がりを演出してくれます◎ 肌らぶ編集部おすすめリキッドファンデーション ★KATE(ケイト) シークレットスキンメイカーゼロ(リキッド) #プチプラ 価格:1,600円(税抜) なめらかなテクスチャーで肌全体を綺麗にカバーしてくれるファンデーション。

伸びも良く肌と一体化するように密着するので、厚塗り感の出ないところもうれしいです◎カラー展開は全6色と幅広く、明るいカラーから暗めのカラーまでさまざまな肌色の方が使っていただきやすくなっています。

肌らぶ編集部おすすめパウダーファンデーション ★マキアージュ ドラマティックパウダリー UV #デパコス 内容量:9.2g 価格:レフィル:3,000円(税抜) ※ケース別売り SPF25・PA+++/全7色。

フェイスパウダーを肌の上にのせたような、ライトな使い心地が特徴。

ムース生まれのパウダーファンデーションです。

肌にとろけるようにフィットし、毛穴をカバーするのにまるで”すっぴん美人”のようなナチュラルな仕上がり。

重ねても厚さが出にくいため、お化粧直しなどマルチに使えるのもうれしいポイントです。

粉浮きしにくく、普段パウダーファンデーションをあまり使わない方にも使いやすくおすすめです。

⇒編集部が実際に試した【マキアージュ】のレビューはこちら>>> 肌らぶ編集部おすすめパウダーファンデーション ★CHIFURE(ちふれ) モイスチャー パウダー ファンデーション #プチプラ 内容量:14g 価格:800円(税抜)※詰替用500円(税抜) 肌にしっとりと溶け込むようになじみ、気になるところを自然にカバー。

しっとりやわらかい感触が、するするとなめらかに肌の上で伸びて、肌に溶け込むようになじみます◎凹凸がなく、キメの細かい美肌に仕上げてくれます! 3|毛穴を隠す!ファンデーションの付け方のポイント 毛穴落ちや毛穴浮きなどの化粧崩れを防いで、毛穴悩みをキレイに隠すためには、ファンデーションの付け方にもポイントがあります。

ここでは、クリームやリキッドなどの液状ファンデーションの付け方のポイントをご紹介します。

パウダーファンデーションの付け方のポイントは、化粧直しの章をご参照ください! ①液状ファンデーションは少量を意識する 液状ファンデーションは少量を取り、薄くつけるようにしましょう。

毛穴を隠そうと厚く塗り過ぎてしまうと、毛穴落ちや毛穴浮きしやすくなります。

毛穴悩みに合ったファンデーション選びができていれば、薄付きでも毛穴をキレイにカバーすることができます。

ニキビやニキビ跡をカバーしたい場合は、部分的にコンシーラーを使うのがおすすめです。

②両頬・おでこ・鼻・あごの5点にのせる 使用量を手の甲に出したら指先にファンデーションを取り、両頬、おでこ、鼻、あごの5点にのせます。

(スティックタイプの場合は、直接肌にのせましょう。

) 塗る面積に合わせてファンデーションの分量も調整しましょう。

③液状ファンデーションは、手早くなじませる 液状ファンデーションは、手早くなじませることがムラなくキレイに仕上げるポイントです。

なじませるのに時間がかかってしまうと、ファンデーションが伸びづらくなってしまう場合があるので注意しましょう。

④指を使って、顔全体にある程度液状ファンデーションを伸ばす まずはじめに、指を使って顔全体にファンデーションを伸ばしましょう。

毛穴が気になる部分は、下から上にクルクルと指を動かしながら伸ばします。

この時、力が入りにくい中指と薬指を使うようにしましょう。

後でしっかりとなじませるので、この段階ではある程度顔全体にファンデーションを広げられていればOKです。

⑤スポンジやファンデーションブラシを使ってなじませる 毛穴の目立ちが気になる部分にスポンジまたはファンデーションブラシを置いて、ポンポンとファンデーションを叩きこむようになじませます。

注意したいポイントとして、ファンデーションを横方向に伸ばしながらなじませるのは避けるようにしましょう。

毛穴悩みをしっかりとカバーすることができず、毛穴が逆に目立ってしまったり、化粧崩れしやすくなることが考えられます。

ファンデーションを叩きこむイメージで肌にしっかりと密着させましょう。

★スポンジを使う場合 スポンジはリキッドやクリームファンデーション専用のものを選びましょう。

専用のスポンジは、リキッドやクリームファンデーションなどの液状のファンデーションがスポンジに吸収されにくく作られています。

★ファンデーションブラシを使う場合 ファンデーションブラシを使用する場合は、顔の丸みとブラシの面が垂直になるようにブラシをあてていきましょう。

角度を意識するだけで、特別なテクニックがなくても毛穴をキレイにカバーすることができます。

小鼻周辺は特にブラシの角度を意識して塗り残しやムラがないかチェックするようにしましょう。

4|毛穴を隠す!ファンデーションの仕上がりをアシストするアイテム 毛穴落ちや毛穴浮きなどの化粧崩れを防いで毛穴悩みをキレイに隠すためには、少量のファンデーションで仕上げるのがポイントです。

そのためにも、ファンデーションの仕上がりをアシストしてくれる化粧下地とフェイスパウダーがとても大切な役割をしてくれます。

ここでは、化粧下地とフェイスパウダーのメイクポイントを簡単にご紹介します。

4-1.化粧下地のメイクポイント ファンデーションをつける前には、必ず化粧下地を使うようにしましょう。

化粧下地は、肌の凹凸感をなめらかにするだけではなく肌とファンデーションを密着させるノリのような役割をしてくれる大切なメイクアイテムです。

さらに、化粧下地は種類も豊富なので、自分の肌悩みに合わせて選ぶことができます。

【凸凹毛穴の場合】 凹凸毛穴には、密着性のあるシリコン系の下地を選んでみましょう。

シリコン系の下地で肌表面をなめらかに整えることができると少量のファンデーションでもキレイに毛穴をカバーしやすくなります。

Tゾーンなど、皮脂が出やすい部分のみテカリや毛穴が気になる方は、部分用の下地を。

全体的にテカリがあったり毛穴悩みの範囲が広い場合は、全体に使用できるタイプがおすすめです。

凹凸毛穴の場合、下地は下から上に向かってクルクルと指を動かしながら塗ります。

肌らぶ編集部おすすめ化粧下地 ★エレガンス パティスキン ベース #デパコス 内容量:25g 価格:5,000円(税抜) 女性たちのONとOFFを豊かに彩るメイクアップブランド「エレガンス」の化粧下地。

透明パテで毛穴の凹凸を巧妙に整え、美しくなめらかな素肌感を演出します。

毛穴目立ちをカバーしてくれるだけでなく、化粧崩れしにくいのも魅力。

また、乾燥しがちな肌にうるおいを与えながら、メイクを楽しむことができるのもポイントです。

肌らぶ編集部おすすめ化粧下地 ★エスプリーク Tゾーンくずれ防止ベース #プチプラ 内容量:15g 価格:1,500円(税抜) 特別なテクニックがなくても理想のメイクを叶えることを目指したブランド「エスプリーク」の部分用化粧下地。

Tゾーンや小鼻の周りのテカリ・あぶら浮き対策におすすめ。

さらさらと伸び広がって、気になる皮脂を抑えます。

小さな穴が多数あいている球状粉体「皮脂吸収パウダー」が皮脂を抱えこみ、余分な皮脂を吸収するので、化粧崩れ防止にもおすすめ。

肌らぶ編集部おすすめ化粧下地 ★プリマヴィスタ 皮脂崩れ防止化粧下地 内容量:25ml 価格:2,800円(税抜) 保湿成分としてヒアルロン酸・カツミレ花エキスを配合。

肌にしっかりと密着し、目元・口元など肌がよく動く場所でもファンデーションのヨレを防ぎます。

また、汗や皮脂に強く、気温や湿度の高い日でもファンデーションの仕上がりを持続させ、キレイな仕上がりを保ちます!SPF20・PA++なのも、うれしいポイントです◎ ⇒編集部が実際に試した【プリマヴィスタ】のレビューはこちら>>> 4-2.フェイスパウダーのメイクポイント 液状ファンデーションを使った後は、フェイスパウダーを使用しましょう。

フェイスパウダーは、ファンデーションのヨレを防いで肌に密着させてくれる心強いアイテムです。

パフに取ったフェイスパウダーは肌の上で滑らせずに下から上に向かって肌を軽く押し上げるようなイメージでのせます。

最後に大きいブラシで円を描きながら余分な粉をはらうと、粉っぽくならず程よいツヤ感のある肌が演出できます。

【凹凸毛穴の場合】 毛穴の影が出やすい凹凸毛穴は、細かいパール感の入ったフェイスパウダーがおすすめです。

パールが光の反射で毛穴を目立たせなくしてくれることが期待できます。

ラメ感が強すぎると、逆に毛穴が目立ってしまうこともあるので注意しましょう。

肌らぶ編集部おすすめフェイスパウダー ★コスメデコルテ AQMW フェイスパウダー #デパコス 内容量:20g 価格:5,000円(税抜) 肌に密着し、みずみずしくなめらかに輝く素肌を演出するルースタイプのフェイスパウダー。

「アミノ酸(保湿)」を、独自の粉体技術で粒子にしたオーガニックシルクパウダー(基材)でコーティング。

しっとりやわらかなパウダーが肌をふわりと包みこみ、毛穴をナチュラルにカバー。

肌の乾燥も防ぎます。

つい触れたくなる、すべすべの感触が心地よい仕上がりに! 肌らぶ編集部おすすめフェイスパウダー ★キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー 内容量:20g 価格:940円(税抜) 肌の色に合わせて3色のカラー(マットオークル、マットベージュオークル、マットライトオークル)から選べる、キャンメイクのフェイスパウダー(プレストタイプ)です。

ナチュラルなカバー力で気になる色ムラや毛穴をぼかしたようにカバー。

ふんわりと軽いパウダーで、テカリにくいさらさら肌に仕上げます。

SPF26 PA++。

⇒肌らぶ編集部が【キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダー】を実際に試したレビューはこちら>>> 5|毛穴落ち&毛穴浮きのメイク直し方法 ベースメイクをキレイに仕上げても、メイクでは毛穴を隠すことしかできないのでその日の肌のコンディションや体調によって化粧崩れを起こしてしまう場合も考えられます。

ここでは、そんな時に、すぐに対処できる「毛穴落ち&毛穴浮きのメイク直し」方法をご紹介します。

今回は、まるでメイクしたての肌にタイムスリップしたような化粧直しのための方法を「毛穴落ち」「毛穴浮き」の2パターンに分けてご紹介します。

5-1.毛穴落ちのメイク直しには乳液を使う クレンジングを使わずに毛穴に落ちたファンデーションを取り除くのは、至難の業と言えます。

そこで登場するのが乳液です。

乳液の油分が、毛穴に落ちたファンデーションをある程度拭き取ってくれるのと同時に保湿もしてくれるので、化粧直しがとてもキレイに仕上がるといわれています。

★乳液を使ったメイク直しの手順 ◆用意するもの◆ ・ティッシュまたはあぶらとり紙 ・キレイなスポンジ ・コットン1枚 ・乳液(小分けのケースに入れて持ち歩くと便利です) ・シリコン系の化粧下地(持ち運びサイズの部分用下地を持ち歩くと便利です) ・パウダーファンデーション ◆化粧直しの手順◆ ①ティッシュやあぶらとり紙で余分な皮脂をオフする ②キレイなスポンジで、毛穴落ちしたファンデーションをやさしい力加減で拭き取る ③コットンに少量の乳液を出して、毛穴落ちした部分になじませる (乳液を出したコットンを毛穴落ち部分に置いて、ゆっくり数回なじませたらサッとやさしく拭き取ります。

) ④乳液の油分を軽くティッシュオフする ⑤シリコン系の化粧下地を塗る ⑥パウダーファンデーションを重ねる ★スポンジを使う場合 少量のパウダーファンデーションをスポンジに取ります。

まず上から下に向かってファンデーションをのせたら、今度は逆方向にそのまま下から上へとスポンジの方向を動かします。

毛穴の凹凸感をなめらかにして、キレイにカバーすることが期待できます。

★ファンデーションブラシを使う場合 少量のパウダーファンデーションをブラシに取ります。

下から上にクルクルとブラシを動かして、毛穴の凹凸感をなめらかにしましょう。

5-2.毛穴浮きのメイク直しはミスト化粧水または美容液を使う ファンデーションが白浮きしてしまう毛穴浮きには、手軽にできるスプレータイプの化粧水または美容液を使うのがおすすめです。

乾燥によって皮脂が出過ぎないようにしっかりと水分を補給して、保湿ができる化粧下地や日中用美容液を使ってササッとメイク直しを行うことができます。

【化粧水や美容液を使ったメイク直しの手順】 ◆用意するもの◆ ・ティッシュまたはあぶらとり紙 ・キレイなスポンジ ・ミストタイプの化粧水、または美容液 ・保湿性のある化粧下地 ・パウダーファンデーション ◆手順◆ ①ティッシュや油取り紙で毛穴浮きした部分の皮脂をオフする ②キレイなスポンジで毛穴浮きしたファンデーションをやさしい力加減で拭き取る ③ミストタイプの化粧水を吹きかけ、なじませる ④保湿性のある化粧下地、または日中用美容液などをなじませる (化粧水のみでは肌が乾いてしまうことがあるので、保湿ができるものを選びましょう) ⑤少量のパウダーファンデーションをパフまたはブラシに取って薄く重ねる 6|化粧崩れで毛穴を目立たせないための対策 ここでは、化粧崩れしないために意識しておきたい対策をご紹介します。

6-1.メイク汚れを残さないクレンジングを心がける メイク汚れは、翌日に持ち越さないようその日のうちにしっかりとクレンジングしましょう。

メイク汚れが毛穴に残っていると、ファンデーションが崩れやすくなるだけではなく毛穴の角栓が詰まりやすくなってしまったりせっかくスキンケアをしてもうるおいがしっかりと肌に届きにくくなることも考えられます。

また、ゴシゴシと力を入れたり長時間のクレンジングにならないようにベースメイクの度合いに合わせたクレンジングを心がけましょう。

6-2.丁寧な洗顔を行う 洗顔はキメ細かい泡を肌の上で転がすようなイメージで行うようにしましょう。

指が肌に触れないように、泡をスポンジ代わりにして洗うことが、毛穴汚れをキレイに洗い落とすポイントです。

毛穴が目立ちやすい小鼻などにすすぎ残しがないかもチェックするようにしましょう。

また、顔をすすぐ際は35度程度のぬるま湯で行うようにしましょう。

6-3.保湿ケアを行う 肌が乾燥していると、肌をうるおわせようとして毛穴から余分な皮脂が出てくる場合も考えられます。

肌は日頃のスキンケアでしっかり保湿をするようにしましょう。

充分に保湿されていると、顔全体のファンデーションのノリも良くなり化粧崩れを防ぐことが期待できます。

特に、メイク前は化粧水をしっかりと肌になじませて、保湿ケアを心がけるようにしましょう。

7|毛穴落ち&毛穴浮きによる化粧崩れとファンデーションのまとめ 今回は、毛穴に関する化粧崩れとファンデーションについてまとめさせていただきました!いかがでしたか? 毛穴落ちや毛穴浮きなどの化粧崩れを防いで、毛穴悩みをキレイに隠すためには、ファンデーションの選び方&付け方を意識して、さらにベースメイクをしっかり作り上げることである程度防ぐことができるといわれています。

さらに、毛穴悩みの対策として、その日の汚れを持ち越さないクレンジングや洗顔、充分な保湿ケアを心がけるようにしましょう◎ 8|【毛穴対策 肌らぶ関連記事】 ◆毛穴の開きをメイクで上手にカバーする方法 ◆毛穴のたるみをメイクで上手にカバーする方法 ◆カバー力の高さで選ぶ!おすすめ化粧下地 ◆カバー力で選ぶ!おすすめファンデーション ◆化粧下地 新着記事一覧 ◆ファンデーション 新着記事一覧 ◆肌らぶレビュー記事 新着一覧 作成者情報 肌らぶ編集部 キレイになりたいあなたに価値ある情報を提供する美容メディア「肌らぶ」編集部。

スキンケア・メイクを中心に、みなさまのキレイに寄り添った記事を日々執筆中。

肌のお悩みからコスメの最新トレンド情報までお任せください! ⇒肌らぶ編集部員一覧を見る メイク のトップに戻る

キーワード

  • 毛穴
  • ファンデーション
  • 毛穴落ち
  • カバー
  • ポイント
  • キレイ
  • メイク
  • 皮脂
  • パウダーファンデーション
  • 化粧崩れ
  • 毛穴浮き
  • スティックファンデーション
  • スポンジ
  • 肌らぶ編集