メイク

化粧直しファンデーション持ち運びにおすすめ14選|方法・小物も確認♡

2019年05月30日更新
化粧直しファンデーション持ち運びにおすすめ14選|方法・小物も確認♡

ベースメイク化粧直し 「せっかくキレイにメイクしたのに、夕方には崩れてる・・・」 汗や皮脂でヨレてしまったり、乾燥で粉をふいてしまったりと、一日中完璧なメイクを持続するのはなかなか難しいですよね。

テカリを抑えたい程度であればフェイスパウダーのような薄づきのアイテムでも化粧直しができますが、かなり崩れてしまったときやしっかりキレイに直したいときは、乳液とファンデーションを使った化粧直しがおすすめです! 今回は、化粧直しに使いやすい肌らぶ編集部おすすめのファンデーションと、キレイに化粧直しができる方法をお伝えします。

ぜひ参考にしてください♡ 1.化粧直しにおすすめのファンデーションとは? 選び方もチェック! はじめに、化粧直しにおすすめのファンデーションとは、どのようなファンデーションか? そして、選び方のポイントは何か?についてご紹介します。

▽混合肌の方はこちらもチェック! ⇒【混合肌向け】おすすめファンデーションご紹介!選び方&メイクポイント 1-1 化粧直しにおすすめのファンデーションとは? 化粧直しでファンデーションを使うときは、パウダーファンデーションもしくはクッションファンデーションがおすすめです。

パウダーファンデーションは油分が少ないため、皮脂が出やすい夕方などでもサラッとした状態の肌をつくることができます。

一方、クッションファンデーションは水分が多く、みずみずしい使用感なので、乾燥しやすい肌もうるおったツヤ肌を演出できます。

そのため、自分の仕上げたい肌に合わせて化粧直し用のファンデーションを選んでみるとよいでしょう。

どちらも、コンパクトに入っていて持ち運びがしやすいので、荷物がかさばらないのもうれしいですね! 1-2 化粧直しに使うファンデーションを選ぶポイント 化粧直しに使うファンデーションを選ぶには、次の3つのポイントを意識してみてください。

①薄づきに仕上がるもの ②自分の肌色と近いか、少し明るい色味のもの ③日焼け対策ができるもの ①薄づきに仕上がるもの 化粧直しに使うファンデーションは、薄づきのファンデーションがおすすめです。

化粧直しは一度仕上げたメイクの上から重ねることが多いので、しっかりとカバーするタイプのファンデーションを使うと、厚塗りに見えてしまうことがあります。

軽いつけ心地の、自然に仕上がるファンデーションを選んでみてください。

②自分の肌色と近いか、少し明るい色味のもの 化粧直し用のファンデーションを選ぶ際も、朝使うファンデーションと同じように、できるだけ自分の肌色に近い色を選びましょう。

肌色に近い色を使うことで、ナチュラルな印象に見せることができます。

夕方になると肌がくすんで見えて気になる方は、少しだけ自分の肌より明るい色を選ぶことをおすすめします。

肌の色よりも極端に明るい色を選んでしまうと、顔だけ浮いて見えてしまうことがあるので、注意して選んでみてください。

③日焼け対策ができるもの 化粧直し用のファンデーションは、日焼け対策のできるものを選ぶこともおすすめです。

化粧が崩れてしまうと、ファンデーションの下に塗っている日焼け止めもとれてしまっている可能性があります。

日焼け止めから塗り直すことが理想ですが、そこまで時間や手間がかけられないこともありますよね。

でもファンデーションだけなら塗り直しもパパッとできて簡単です。

ファンデーションを塗り直すことで、あらためて肌を保護することも期待できます。

化粧直し用のファンデーションを選ぶときには、SPF・PAの値も参考にしてみましょう。

2.化粧直しにおすすめ!ファンデーション14選 ここでは、肌らぶ編集部が化粧直しにおすすめしたいファンデーションをご紹介します! 今回は日焼け対策のできるパウダーファンデーションとクッションファンデーションを選びました。

ぜひ参考にしてみてください! ▽こちらも併せてチェック! ⇒持ち運び用おすすめのプチプラ&デパコスフェイスパウダーをご紹介! 2-1.化粧直しにおすすめのパウダーファンデーション7選 まずは、肌らぶ編集部が化粧直しにおすすめしたいパウダーファンデーションをおすすめします。

▽こちらも併せてチェック! ⇒【タイプ別】おすすめプチプラファンデーション!選び方つき♡ ■インテグレート プロフィニッシュファンデーション 価格:1,300円(税抜) ※ケース別売り 色展開:4色 SPF16・PA++ キメ細かい素肌のような、なめらか肌を演出するパウダーファンデーションです。

軽やかなつけ心地でありながら、毛穴・色ムラ・ニキビ跡などを自然にカバーします。

■セザンヌ UVファンデーション EXプレミアム 価格:800円(税抜) 色展開:2色 SPF31・PA+++ 毛穴や乾燥による肌のくすみなどをふんわりぼかしてカバーする、なめらかなつけ心地のパウダーファンデーションです。

時間が経っても崩れにくく、透明感のある仕上がり。

1,000円以内でケース付きというプチプラも魅力です。

■コフレドール ビューティオーラパクト UV 価格:2,800円(税抜) ※ケース別売り 色展開:7色 SPF26・PA++ 肌に軽やかにフィットする、ヌーディな仕上がりのパウダーファンデーションです。

乾燥による肌のくすみや毛穴もナチュラルにカバーし、透明感を演出します。

■エトヴォス タイムレスシマーミネラルファンデーション 価格:4,600円(税抜) ※ケース+レフィル価格 色展開:4色 SPF26・PA++ ナチュラルサイエンスを意識したスキンケアラインも魅力的なブランド「エトヴォス」の、化粧下地機能を兼ねたミネラルパウダーファンデーション。

気になる毛穴や肌の色ムラなどの肌悩みをナチュラルにカバーします。

表と裏で仕上がりを変えられる2wayパフも魅力的。

■エスプリーク ピュアスキン パクト UV 価格:ノープリントプライス 色展開:7色 SPF26・PA++ ふわりスベスベの軽やかなつけ心地が魅力のパウダーファンデーション。

毛穴や色ムラをカバーしてながら、ふんわりキメ細やかな肌に仕上がります。

保湿成分として、ヒアルロン酸・コラーゲン・リン脂質・オリーブ果実オイル配合。

■イプサ パウダーファウンデイションN 価格:4,000円(税抜) ※ケース・ブラシ・スポンジは別売り 色展開:6色 SPF25・PA++ しっかりとカバーしてくれるのに、ふんわりと軽やかな仕上がりなので、厚塗り感を感じません。

メインカラーとダークカラーの2色が肌へのなじみをぐっと高め、素肌に限りなく近い自然な立体感へと導いてくれます! ■エレガンス シアフローレス スキン 価格:5,000円(税抜) ※ケース別売り 色展開:7色 SPF22・PA++ フィギュアのように精巧に作りこまれた肌を目指す「エレガンス」のベースメイクシリーズのパウダーファンデーション。

薄づきを装いながら、スルッとのびてピタッと密着し、キメ・毛穴・色ムラをカバーしてくれます。

2-2.化粧直しにおすすめのクッションファンデーション7選 続いて、肌らぶ編集部が化粧直しにおすすめしたいクッションファンデーションをご紹介します。

■IOPE(アイオペ) エアクッション ナチュラル 本体価格:3,000円(税抜) ※ケース+レフィル価格 色展開:2色 SPF50+・PA+++ みずみずしくうるおった、透明感のある肌を演出するクッションファンデーションです。

トントンとタッピングするだけで、ムラなくキレイなベースメイクが実現できます。

⇒肌らぶ編集部が【IOPE】を実際に試したレビューはこちら>>> ■SHISEIDO シンクロスキン グロー クッションコンパクト 本体価格:4,300円(税抜) ※ケース別売り 色展開:3色 SPF23・PA++ 資生堂ならではのスキンケア発想で、フレッシュな印象のツヤ肌を作り上げるクッションファンデーションです。

保湿成分として「Sヒアルロン酸(アセチルヒアルロン酸Na)」を配合。

肌の乾燥を防ぎながら、生きいきとした美しい肌を演出します。

■クリニーク スーパー シティ ブロック BB クッション コンパクト 本体価格:5,800円(税抜) 色展開:4色 SPF50・PA++++ リキッド状のBBクリームをクッションに染み込ませたクッションファンデーション。

シミ・そばかすなどの色ムラをカバーしながら、汗や皮脂に流されにくいので、化粧崩れが気になる方にもおすすめ。

■エスティローダー ダブル ウェア クッション BB リクイッド コンパクト N 本体価格:6,500円(税抜) 色展開:5色 SPF50・PA++++ 軽くフレッシュでみずみずしいつけ心地が魅力のクッションファンデーション。

手のひらサイズのコンパクトを携帯すれば、いつでもパパッとお直しが簡単に。

つややかでなめらかな肌がいつでも手に入ります。

■ランコム ブラン エクスペール クッションコンパクト H 価格:6,500円(税抜) ※ケース+レフィル価格 色展開:5色 SPF50+・PA+++ 素肌のような「ツヤ生肌」に仕上げる、クッションファンデーションです。

テカリを防ぎながら、みずみずしいツヤのある肌を演出します。

■アクア・アクア オーガニッククッションコンパクト(セット) 価格:3,650円(税抜) ※ケース+レフィル価格 色展開:3色 SPF35・PA+++ サラリとしたテクスチャーで、ムラのない美しい肌に仕上げる、オーガニックのクッションファンデーションです。

まるでゆで卵のような、つるんとしたツヤ肌を演出します。

■ミシャ M クッション ファンデーション(モイスチャー) 価格:1,000円(税抜) 色展開:2色 SPF50+・PA+++ みずみずしく透き通るような肌を演出するクッションファンデーションです。

これひとつで保湿、化粧下地、日焼け止め、ファンデーションの役割を兼ねています。

3.ファンデーションで化粧直しをする方法 ここからは、メイク直しの下準備と、【パウダーファンデーションを使った化粧直しの方法】と、【クッションファンデーションを使った化粧直しの方法】をお伝えします。

これらの方法は、パウダーファンデーションやクッションファンデーションはもちろん、リキッドファンデーション、クリームファンデーションなどで仕上げた肌の化粧直しもキレイにできるので試してみてください! ★用意するもの★ コットン 乳液 パウダーファンデーション・スポンジ・化粧下地 or クッションファンデーション・クッションファンデーション用のパフ(お好みに合わせてフェイスパウダー) ◆下準備 広い範囲のファンデーションがとれてしまったときや、皮脂と混ざってヨレてしまったときは、乳液を使って崩れた部分をふきとってしまうのがおすすめです。

化粧が崩れた部分にそのままファンデーションを重ねてしまうと、ムラになりやすいだけでなく、ファンデーションが肌に密着しにくくなり、より化粧崩れしやすい状態になってしまいます。

①コットンに乳液を含ませる まずは、コットンに乳液を染み込ませます。

コットンの繊維で肌を刺激しないように、やや多めに使いましょう。

②コットンを使って崩れた部分をふきとる 次に、崩れてしまった部分を中心に、コットンでファンデーションをふきとっていきましょう。

ゴシゴシとこすらず、肌の上を滑らせるようにやさしい力加減でふきとります。

★部分的な崩れが気になるとき 部分的な化粧崩れが気になる場合は、乳液を使わずに、化粧水や美容液のミストとスポンジを使うことをおすすめします。

清潔なスポンジにミストを吹きかけて適度に湿らせたら、化粧崩れの気になる部分を軽く拭ってファンデーションを落としましょう。

また、そこまで化粧崩れが気にならなければ、顔全体にミストを吹きかけ、ヨレやムラの気になる部分をスポンジでそっとならしてみてください。

◆パウダーファンデーションを使った化粧直しの手順 パウダーファンデーションは、化粧下地を使用した方が化粧のり・化粧もちがよくなるので、化粧下地をつけてメイクを直していきましょう。

化粧直しには、肌に透明感を演出するピンクやラベンダーの化粧下地などがおすすめですが、普段使用しているものでも構いません。

①スポンジに化粧下地をとる スポンジに化粧下地をとります。

量は、いつも使っている量よりも少なめにしてください。

②ファンデーションを落とした部分に、化粧下地をつける こすらず、力を入れすぎないよう丁寧に、スポンジで化粧下地をつけていきます。

ファンデーションを落とした部分にのみつけるようにして、薄くなじませます。

③パウダーファンデーションを重ねる 化粧を落とした部分と塗っている部分の境目がないように、薄くパウダーファンデーションを重ねます。

◆クッションファンデーションを使った化粧直しの手順 クッションファンデーションは下地を使用せずに使えるものも多いので、そのまま塗ることができます。

①クッションファンデーションをパフにとり、少量ずつなじませる ポンポンと軽くタッピングするようにつけるとキレイに塗ることができます。

②お好みでフェイスパウダーを重ねる クッションファンデーションは、仕上げのフェイスパウダーをつける必要がないと言われていますが、テカリが気になる場合はお好みでフェイスパウダーを重ねましょう。

4.時間がないときはプレストパウダーでの簡単化粧直しがおすすめ! 少しテカリが気になる程度のときや、時間があまりなく「すぐに化粧直しを済ませたい!」というときは、プレストパウダーを使った化粧直しがおすすめです。

プレストパウダーとはフェイスパウダーを固形状にしたコンパクトタイプのパウダーです。

粉が飛び散る心配がなく、持ち歩きにも便利なのが特徴です。

プレストパウダーは基本的に、ファンデーションの上から重ねて、仕上がりや化粧もちを良くするために使うアイテムなので、ほんのりと色がつくものや、無色のものが多いです。

そのため、厚塗りに見えることがなく、化粧崩れやヨレも目立ちにくいので、軽い化粧直しに役立つアイテムです。

★用意するもの★ あぶら取り紙またはティッシュ プレストパウダー パフまたはブラシ ◆プレストパウダーを使った化粧直しの手順 ①あぶら取り紙やティッシュで、余分な皮脂を抑える まずは、あぶら取り紙やティッシュを使って、余分な皮脂を抑えましょう。

そのままパウダーをのせてしまうと、ムラづきやヨレの原因になってしまいます。

②崩れた部分やテカリの気になる部分に薄くフェイスパウダーをのせる パフやブラシにパウダーをとり、化粧崩れやテカリが気になった部分にだけ薄くのせましょう。

ブラシを使うと、よりナチュラルな仕上がりになります。

◆化粧直しにおすすめのプレストパウダー3選 UVカット効果が期待できる、肌らぶ編集部おすすめのプレストパウダー3選をご紹介します。

■アルビオン プレストパウダー グロウ 価格:5,000円(税抜) SPF20・PA+ つややかで明るくいきいきとした肌を演出してくれるプレストタイプのフェイスパウダー。

やわらかなパウダーが均一にフィットしてキメ細かくなめらかな肌に仕上げます。

ツヤ肌に仕上げたいときの化粧直しにもおすすめ。

■エテュセ プレミアム ルミナスパウダー 価格:2,800円(税抜) SPF15・PA+ 2色のコントラストで光の立体感をつくりだして見せてくれるフェイスパウダーです。

ハケでつけるタイプ。

軽やかでエアリーなつけ心地ですが、コシのあるブラシで肌にフィット。

しっとりと肌を包みこむような仕上がりです。

■キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー 価格:940円(税抜) SPF26・PA++ プチプラの魅力的なコスメがそろう「キャンメイク」の、ベタつきもテカリが気になる方におすすめのフェイスパウダー。

ふんわりとしたマシュマロのような軽やかな肌に仕上がります。

厚塗り感のないナチュラルな仕上がりが魅力。

⇒肌らぶ編集部が【キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー】を実際に試したレビューはこちら>>> 5.あると便利!化粧直しに役立つアイテム ここでは、ポーチの中に入れておくととっても便利な、化粧直しに役立つアイテムをご紹介します。

化粧直しの時短にもなるので、ぜひチェックしてみてくださいね! ①化粧直し用シート 「乳液で化粧直しをするのはちょっと面倒…」と感じる方は、市販の化粧直し用シートを使うのがおすすめです。

「化粧直し用シート」には、コットンやシートに、メイク落としと化粧下地を兼ねたローションが染み込ませてあるため、化粧直しを簡単にすることができ、時短につながるでしょう。

また、乳液とコットン、化粧下地をそれぞれ持ち歩く手間も省くことができるので、ポーチの中身をなるべく少なくしたい方にもおすすめです。

化粧直しシートを使う場合も、こすらず丁寧に、肌の上を滑らせるようにして使いましょう。

【参考商品】 ■資生堂 ポケット お化粧直しコットン サッとふきとるだけでメイクを落とし、化粧下地の役割も果たす化粧直し用のコットンです。

外出先でも手軽に化粧直しができる、便利なアイテムです。

②紙おしろい 「パウダーをつけるのも面倒!」「化粧直しする時間がない!」という方には、紙おしろいがおすすめです。

紙おしろいは、見た目はあぶら取り紙とそっくりですが、片面にフェイスパウダーが塗布されている、化粧直しにぴったりのアイテム。

Tゾーンのテカリが気になるときなど、バックから取り出してすぐに使うことができるので、とても便利です。

【参考商品】 ■資生堂 紙おしろい(プルポップ) 軽く押さえるだけでパウダーをほんのりとつけることができ、手軽に化粧直しができる紙おしろいです。

肌に自然な透明感を演出します。

オークル・ピンクの全2色。

7.まとめ 今回は、ファンデーションを使った化粧直しについてご紹介しました。

いかがでしたか? 大切な予定の前には、ファンデーションでキレイに化粧直しをして、バッチリ自信が持てるメイクでのぞみましょう。

▽こちらも併せてチェック! ⇒さよなら化粧崩れ!テカリ・ドロドロ顔はテクニック不要で防ぐ ⇒ツヤ肌を作るメイク術!ファンデーションなどアイテムも紹介♡ ◆ファンデーション 肌らぶ関連記事◆ ◆本当に自分に合ったファンデーションの選び方とは? ◆ファンデーションは塗り方次第で理想肌になれる!? ◆カバー力で選ぶ!おすすめファンデーション ◆ドラッグストアで買える!おすすめファンデーション ◆イエベ向けおすすめファンデーション&色選びのポイント ◆ブルベ向けおすすめファンデーション&色選びのポイント ◆化粧直し|ミスト?乳液?キレイが蘇る正しい方法 ◆ファンデーションを塗ると毛穴が目立つ?美カバーの方法とおすすめファンデ ◆肌らぶレビュー記事 新着一覧 作成者情報 肌らぶ編集部 キレイになりたいあなたに価値ある情報を提供する美容メディア「肌らぶ」編集部。

スキンケア・メイクを中心に、みなさまのキレイに寄り添った記事を日々執筆中。

肌のお悩みからコスメの最新トレンド情報までお任せください! ⇒肌らぶ編集部員一覧を見る メイク のトップに戻る

キーワード

  • 化粧直し
  • ファンデーション
  • クッションファンデーション
  • パウダーファンデーション
  • 化粧下地
  • プレストパウダー
  • 演出
  • コットン
  • フェイスパウダー
  • パウダー
  • ケース
  • カバー
  • キレイ
  • メイク