恋愛

顔に出さない人|女の子の心理・性格17選!感情が表に出ない人・出やすい人

2019年06月02日更新
顔に出さない人|女の子の心理・性格17選!感情が表に出ない人・出やすい人

あなたの周りには感情が顔に出ない人はいませんか?そんな女の子の心理や性格、すぐ顔に出る人・出やすい人、反対に出さない人のメリット・デメリットなどをわかりやすくご紹介します。

感情が表に出ない事でその人の理解できず困っていた方はぜひ参考にしてみてくださいね。

顔に出ない人|感情が表に出ない・出さない女の子の心理7選 顔に出ない人|感情が表に出ない・出さない女の子の心理①恥じらい 感情が表に出ない・出さない女の子心理1つ目は、恥じらいの心理です。

こんな反応をして相手に驚かれたらどうしよう、期待されている反応が出来なかったらどうしよう、と恥ずかしさを隠したいが為に表に出さないようにしてしまうのです。

その結果、顔に出ない人に見えるのです。

顔に出ない人|感情が表に出ない・出さない女の子の心理②イタズラ心 感情が表に出ない・出さない女の子の心理2つ目は、イタズラ心です。

女の子は相手を困らせるために、あえて感情を出さないようにし反応を見たいという心理なのです。

顔に出ない人からの愛情表現の一つとして理解しましょう。

反対にすぐ顔に出る女の子はイタズラ心を隠そうとしても表情に出てしまうので、ウソがばれてしまいます。

サプライズの時は、すぐ顔に出る人よりも顔に出さない女の子が優位になりますね。

顔に出ない人|感情が表に出ない・出さない女の子の心理③平常心 感情が表に出ない・出さない女の子の心理3つ目は、平常心でいたいという心理です。

悲しいこと・悔しいことがあった時その場ですぐに泣いてしまう姿は、幼稚に見えてしまうことがありますよね。

そんな時、顔に出さない女の子は平常心を保とうとし、その結果、顔に出ない人・表情がない人に見えるのです。

顔に出ない人|感情が表に出ない・出さない女の子の心理④トラウマ 感情が表に出ない・出さない女の子の心理4つ目は、トラウマです。

過去に大きな悲しみやストレスを受けてしまうと、その衝撃で感情が出せなくなってしまうことがあります。

見たくない過去と一緒に心にまで蓋をし、感情を出さないという行動になるのです。

顔に出ない人にとって忘れることの出来ないトラウマがあるのです。

顔に出ない人|感情が表に出ない・出さない女の子の心理⑤不機嫌 感情が表に出ない・出さない女の子の心理5つ目は、不機嫌な心理です。

人は不機嫌な時、たとえ自分自身では笑っているつもりでも、ご機嫌な時と比べてみると口角が上がっていないものです。

他人から見えるその表情はやはり目が笑っていなく表情がない人と捉えられるのです。

顔に出ない人|感情が表に出ない・出さない女の子の心理⑥思考停止 感情が表に出ない・出さない女の子の心理6つ目は、思考が停止状態になっているのです。

例えば、悩み事がある、寝不足である、プレッシャーを抱えているなど頭の中がいっぱいの状態の時、人は相手が何を話ていても入ってこなくなります。

行動においても注意散漫になってしまい頭がぼんやりしているのです。

顔に出ない人|感情が表に出ない・出さない女の子の心理⑦警戒心 感情が表に出ない・出さない女の子の心理7つ目は、警戒心です。

これは人間不信とも繋がりを持っていると言えますが、人を信じることを恐れ相手を警戒の目で見ているのです。

まだ、気を許せる相手だと自分の中で判断できていない相手に対し、隙を与えないよう厳しく観察しているのです。

顔に出ない人|感情が表に出ない・出さない女の子の性格・特徴10選 顔の出ない人|感情が表に出ない・出さない女の子の性格・特徴①乏しい表現 感情が表に出ない・出さない女の子の性格・特徴1つ目は、感情表現が乏しいことです。

自分の中の感情を表現する方法がそもそも分からないのです。

幼い頃から感情を表現できない環境で育ち、誰にもそのことを指摘されずに大人になったのです。

すると自分が感情が顔に出ないことにも気付かず、顔に出やすい人を見ても意識することなく、特に自分と比べようとも思いません。

決して内面の感情がないわけではなく、ただ表現の仕方を知らないだけなのです。

顔に出ない人|感情が表に出ない・出さない女の子の性格・特徴②冷静さ 感情が表に出ない・出さない女の子の性格・特徴2つ目は、冷静さです。

褒められると誰でも嬉しくなるのは当たり前ですよね。

すぐ顔に出る・出やすい人は、素直喜びの表情が見えてしまいます。

反対に、冷静な性格を持つ顔に出ない人はその現状を捉え、褒められたことではなく、その先の自分の成果に目を向けているのです。

顔に出ない人にとってこの成果は出来て当たり前のことであり、称賛されるほどの事ではないと冷静に受け止め、喜んでいる感情が表に出ないことが表情がないように見えるのです。

顔に出ない人|感情が表に出ない・出さない女の子の性格・特徴③繊細さ 感情が表に出ない・出さない女の子の性格・特徴3つ目は、繊細さです。

感情を大きく表現するとそれだけ周りの人から注目を浴びます。

顔に出ない人は感情を表に出さないことによって目立つことを避け、控えめでいたいと思っています。

感情が表に出ないことで自分の内面を守ろうとしているのです。

顔に出ない人|感情が表に出ない・出さない女の子の性格・特徴④内向的 感情が表に出ない・出さない女の子の性格・特徴4つ目は、内向的な性格です。

内向性が強い人は感情を外へと発信せずに自分の心の中だけで感じていることに満足してしまうので、周りから共感されることも求めないのです。

顔に出ない人にとっては自分の中で楽しめる、それで十分なのです。

顔に出ない人|感情が表に出ない・出さない女の子の性格・特徴⑤消極的 感情が表に出ない・出さない女の子の性格・特徴5つ目は、消極的なところです。

自己主張が苦手で、自分に対しても否定的に考えてしまうので、その結果、感情を表に出すことを避けてしまうのです。

また見方を変えれば顔に出ない人は注意深く慎重な性格だと言えます。

顔に出ない人|感情が表に出ない・出さない女の子の性格・特徴⑥無関心 感情が表に出ない・出さない女の子の性格・特徴6つ目は、無関心です。

顔に出ない人にとって相手もしくはその話に関心をもてないのです。

興味があることに対してもあまり熱くなることがないので、すぐ顔に出る・出やすい人から見れば感情表現がない人に見えてしまうのです。

顔に出ない人|感情が表に出ない・出さない女の子の性格・特徴⑦人見知り 感情が表に出ない・出さない女の子の性格・特徴7つ目は、人見知りです。

その為、親しい間柄になるまではそのままの自分を相手に伝えることが出来ません。

一緒に時間を過ごすことによって徐々に表情が見えてくるようになります。

顔に出ない人も思いを伝えようとしていることを理解しましょう。

顔に出ない人|感情が表に出ない・出さない女の子の性格・特徴⑧バランサー 感情が表に出ない・出さない女の子の性格・特徴8つ目は、バランスをとることです。

これはその場の空気を読む力があるとも捉えられ、例えばアナウンサーのように意見を聞きその場のバランスを取ることに長けています。

その為、感情が出やすい人よりも感情が出にくい人の方が間をとりもつ場面には向いているとも言えます。

顔に出ない人|感情が表に出ない・出さない女の子の性格・特徴⑨忍耐力 感情が表に出ない・出さない女の子の性格・特徴9つ目は、忍耐力です。

例えば、長距離マラソンを走っているとします。

初めは好調でもだんだん苦しくなってくるのは誰しもが同じですよね。

すぐ顔に出る女の子であれば苦しくなった瞬間に表情が変わります。

しかし、顔に出さない人の表情が変わらないのは、疲労感や諦めたい気持ちに耐えようとする「忍耐力」なのです。

感情が表に出ていないと「あの人は疲れていないのかな?」と思われてしまいがちですが、顔に出ない人は決して疲れていないわけではなく、自分に打ち勝つことの出来る忍耐力があるからなのです。

顔に出ない人|感情が表に出ない・出さない女の子の性格・特徴⑩芯が強い 感情が表に出ない・出さない女の子の性格・特徴10番目は、芯が強いことです。

もし、恋人との別れ話の際、自分が別れることを心に決めているとしたら、おそらく心苦しい気持ちはあるはずです。

それでも、感情が表に出ない人は表情を変えず自分の意志を貫くのです。

しかし、顔に出やすい女の子の場合、同情心が相手に読まれてしまい突き放すことが難しくなりますよね。

顔に出ない人は一見すると冷たい印象を受けてしまうかもしれませんが、その奥には優しさがあるのです。

顔に出ない人|感情がすぐ顔に出る・出やすい人との違いは? 顔に出ない人|すぐ顔に出る人・出やすい人の性格・特徴①素直さ すぐ顔に出る人・出やすい人の性格・特徴1つ目は、素直さです。

物事を見たままに真っ直ぐに受け止めることが出来、その気持ちが素直に表情へと出ているのです。

その素直さは純粋とも似ていると言えます。

顔に出ない人|すぐ顔に出る人・出やすい人の性格・特徴②感性が豊か すぐ顔に出る人・出やすい人の性格・特徴2つ目は、感性の豊さです。

日常生活の中でも常に五感で物事を感じとることに優れているため、その感情が自然に表情に出るのです。

顔に出ない人|すぐ顔に出る人・出やすい人の性格・特徴③開放的 すぐ顔に出る人・出やすい人の性格・特徴3つ目は開放的なところです。

自己開示しているため感情を包み隠さず表現している姿は、まさに自然体なのです。

相手が自己開示していると自分自身も自然と心を開きやすくなります。

顔に出ない人|メリット&デメリット・顔に出さない方法は? 顔に出ない人|表情がない人のメリット①信頼性 表情がない人のメリット1つ目は、信頼性です。

周りの人にはメンタルが強そうでクールな印象を与えるので仕事の場面において信頼されやすいのです。

交渉の場で、もしも相手の立場が優位になってしまったとしても、ピンチだという気持ちを表情には出さず物事を進める姿は、誰が見ても頼もしいです。

では反対に、すぐに顔に出ていてはピンチは乗り越えられたとしても部下からは頼れる存在として見えていたのでしょうか。

顔に出さない人は、自己コントロールが出来る頼もしい人に見え信頼性が高いと言えます。

顔に出ない人|表情がない人のメリット②ミステリアスな雰囲気 感情を表に出さない人のメリット2つ目は、ミステリアスな雰囲気です。

感情が表に出ないことでミステリアスに見える雰囲気が無意識に男性から興味を惹くのです。

男性の心理として、心を読み取ることができず理解できないからこそ、感情を出さない人に対し興味が湧いてくるものなのです。

顔に出ない人|表情がない人のデメリット①冷たい印象 表情がない人のデメリット1つ目は冷たく感じられやすいことです。

表情に出ず気持ちが読みづらいことで顔に出ない人自身が理解されにくいのです。

同じ言葉を発していても表情がある人とない人では表情がない人が発した言葉はキツく感じられやすく、また相手に冷たい印象を与えてしまいます。

あくまでも、顔に出ない人自身はそこまで冷たい態度をとったつもりもなく、ただ思いを伝えただけのはずなのに表情に出ずに話すことによって印象は冷たく感じ取られてしまうのです。

顔に出ない人|表情がない人のデメリット②特定の交友関係 表情がない人のデメリット2つ目は特定の範囲での交友関係しか気づくことが難しくなることです。

表情を変えずに話すことによって、表情の奥にある心情を理解できる人であれば、本当の言葉の意味も受け止めることが出来ますよね。

しかしその事が理解できない人にとってみれば、顔に出ない人はそこまで強く言ったつもりもないのに、相手は強く受け取ってしまうのです。

交友関係を築こうとする時は、このように顔に出ない人の性格・特徴や無表情の奥にある心情を理解し受け入れてもらえる人でない限り難しいと言えます。

顔に出ない人|顔に出さない方法は一度気持ちを落ち着かせる すぐ顔に出る人・出やすい人にとって大事な場面やもう一息頑張りたい場面では、心情を抑えクールに力を発揮したいですよね。

嬉しさや悲しさ、苦しさなどその気持ちを感じた瞬間、一度自分の中で抑え落ち着かせることを意識していくことから始めるといいでしょう。

最初はうまくできなくても意識を変えるだけで、そのうち「この場面では表情を変えない」ということを瞬時に判断し無意識に出来るようになってくるはずです。

表情が自然に出てしまう人・出やすい人にとって、表情を変えないことはとても難しいことです。

しかし、表情が出ない人・出さない人の性格・特徴を理解し、自分自信で真似しやすいものを取り入れてみるのも一つの方法です。

同様に、感情のコントロールが出来ると気持ちを落ち着かせることができます。

感情をコントロールできない人の訓練方法を紹介している記事があるので併せてご覧ください。

顔に出ない人|表情が乏しい人との上手な付き合い方は? 顔に出ない人|表情が乏しい人との上手な付き合い方①心情を理解する 表情が乏しい人との上手な付き合い方1つ目は、心情を理解することです。

すぐ顔に出る人・出やすい人にとって、表情がない人を理解することは難しいですよね。

しかしまずは、表面上だけを見て判断するのではなく、その奥には必ず心情があることを理解しましょう。

顔に出ない人に対してクールな印象や愛想のない印象を受けてしまいがちですが、実は表情のないその裏側には優しさがあるのです。

顔に出ない人|表情が乏しい人との上手な付き合い方②自然に接する 表情が乏しい人との上手な付き合い方2つ目は、自然に接することです。

無理に明るく接する必要もなければ、表情がないことに対しても悩む必要はありません。

こちらがただ自然に接していれば良いのです。

相手はあなたに自分が理解してもらえていると感じた瞬間、あなたに対しての表情の出し方が変わる可能性があります。

また、あなたがが相手を理解し表現力豊かに接して入れば、相手はあなたのその空気感に自然と巻き込まれ表現出来るようになるはずです。

相手を変えることはとても難しいことです。

相手を変えようとする前に、自分の考え方を変えれば行動が変わります。

自分が変われば、相手も変わります。

自然に接することは相手の行動も自然に変わるチャンスなのです。

感情が顔に出ないことも個性の一つだと理解しましょう! 顔に出ない人の見たままの表情や言葉たけで判断することは、その人に対しても多くの誤解を招きやすいのです。

たくさんの人がいる中で様々な個性があり、「感情が顔に出ない」事もその人の個性なのです。

人は未知の世界や新しい経験をすると、初めは理解に苦しみます。

新たな個性に出会う事も同じなのです。

自分の中の経験、知識の中だけで判断するのではなく、視野を広げて新しい個性と向き合うのです。

そうすれば、想像もしなかった新しい人脈も築くことが出来るでしょう! 商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

キーワード

  • 感情
  • 表情
  • 性格
  • 特徴
  • 心理
  • 理解
  • 自然
  • 心情
  • 付き合い方
  • 個性
  • 上手
  • 場面
  • 素直