恋愛

洞察力と観察力の違いとは?それぞれの意味や鋭い洞察力・観察力の鍛え方も

2019年06月26日更新
洞察力と観察力の違いとは?それぞれの意味や鋭い洞察力・観察力の鍛え方も

洞察力と観察力の違いについて、なんとなくの範囲でしか知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事では洞察力と観察力の意味の違いと、洞察力の鋭い人の特徴。

メリットやデメリット、鍛え方について詳しく解説していきます。

観察力と洞察力の意味の違いとは? 観察力の意味とは注意して念入りに見ること 観察力の意味とは視界にある物事を「注意して見ること」「念入りにじっと見ること」です。

今起こっている出来事の表面を、客観的に見る能力のことをいいます。

観察はあくまで物事の表面を見るだけで、その物事が起こった理由や原因までは考えません。

観察力が高いほど相手の服装や髪、表情、しぐさなど視界に入っているものをたくさんのものを見つけられ、情報を多く得ることができます。

洞察力の意味とは物事を見抜き内面を深く見通すこと 洞察力の意味とは「物事を見抜き、見通すこと」「内面的なものを深く」です。

観察した物やら事柄からその本質を推察する能力のことです。

洞察力は観察した物事が起こった原因や理由について考えることを差します。

見えない部分を見る力とも言い換えられます。

洞察は観察なくしてはできません。

なぜなら、観察から得た情報を分析し、推理することを洞察というからです。

本質を見抜けるかどうかは、観察から得た情報が鍵を握っています。

観察力と洞察力の意味の違いは表面か内面か 観察力と洞察力の違いは表面で止まるか、内面まで踏み込むのかです。

観察力はあくまで目にうつった物事をありのままに見る能力のことをいいます。

洞察力は観察した出来事を、得た情報を元にその本質まで推察します。

一見似ていて、同じように見える観察力と洞察力ですが実際には表面と内面という違いがあります。

そして洞察力と観察力は切り離すことのできない、表裏一体の関係でもあります。

洞察力と観察力の違いを具体例で紹介 観察力の具体例:顔色の悪い女性 例えば、顔色の悪い女性がいたとします。

「唇が青い。

顔が真っ白。

足元がふらついている。

手も白い。

目の焦点が合っていない」など外見的なものに止まります。

人だけではなく、「暑い、寒い、新緑、紅葉」など気温や木々の色などの自然現象や「赤い棚、プラスチックの箱」など人工物ももちろん観察の対象です。

洞察力の具体例:体調の悪い女性 観察力の例えを使用します。

「顔が青い。

顔が真っ白、足元がふらついている」などの情報からこの女性は「体調が悪い」ことがわかります。

顔が白いことから、熱はなさそうです。

足元がふらついているということは、目眩を起こしているのでしょう。

おそらく貧血だと思われます。

このように観察した物事から相手の心理状況や体調などを推察することが洞察力です。

他にも暑い日が続いていると夏が近いことがわかります。

今年は暑くなるのが早かったので、暑さが長引くかもしれません。

また彼女の持ち物に赤色が多ければ、好きな色は赤なのかもしれないと推察もできます。

洞察力が高いメリット5選 洞察力が高いメリット①交渉に強くなる 洞察力が高いメリットの1つ目は交渉に強くなるです。

洞察力が高いと、相手の言動に惑わされません。

表情やしぐさから相手の本音を読み取ることができるので、自分に有利な流れを作り出すことが簡単になります。

洞察力が高いメリット②客観的な思考 洞察力が高いメリットの2つ目は客観的に物事を見れることです。

洞察力が高いと、物事を多角的に見ることができます。

相手の立場に立って考えることができるため、対人関係で何か不愉快なことがあっても「あの人はなぜそうしたのだろう」と冷静に考えることができ、感情的な言葉を相手にぶつけずに済みます。

そのため対人関係も比較的良好でしょう。

仕事でも、相手の望んでいることを推察できるので良い評価を得ることができます。

気が効くので周りから感謝されることも多いでしょう。

洞察力が高いメリット③問題解決能力が高い 洞察力が高いメリットの3つ目は問題解決能力が高いです。

何かトラブルがあれば、過去の経験や得た知識を元に問題を分析し、把握します。

そこから解決方法や解決できない場合の打開策なども用意できます。

間違いがあってもすぐ気がつく事ができます。

洞察力が高いメリット④自分の意思で行動できる 洞察力が高いメリットの4つ目は自分の意思で行動できることです。

洞察力が高いとその場の空気に合わせるだけでなく、他人の言葉に惑わされにくくなります。

他の人の言葉を鵜呑みにしないので、他人の言葉で踊らされ疲れることもなくなり、自分の意思で行動できます。

洞察力が高いメリット⑤良好な人間関係を築ける 洞察力が高いメリットの5つ目は良好な人間関係を築けるです。

洞察力が高いと相手がどんな性格や癖の持ち主でも適切な対応が取れるようになります。

相手の機嫌がいいときと悪いときの違いもわかるので、結果的に円満な人間関係を築くことができます。

人間関係で疲れることが少なくなるでしょう。

また相手の本質を見抜くことができるので詐欺にあうことも少なくなります。

悪意に対して直感が働くので、嫌な思いをすることも防げるでしょう。

逆に相手の感情に敏感になるので疲れることもあるかもしれませんが、メリットの方が大きいです。

洞察力が高いデメリット3選 洞察力が鋭いデメリット①慎重になりすぎる 洞察力が鋭いデメリットの1つ目は慎重になりすぎるです。

洞察力があると予想しながら動くので慎重になります。

しかし慎重すぎることは積極性のなさとも結びつきます。

例えば仕事なら、思い切って一歩踏み出さなければ前に進めないときもあります。

そのようなとき、洞察力は邪魔になってしまいます。

失敗を恐れず、思いきった行動をすることは仕事でも日常でも時として大切です。

そのようなときがきたら、恐れずに前進してみましょう。

洞察力が鋭いデメリット②必要以上に考えすぎる 洞察力が鋭いデメリットの2つ目は必要以上に物事を考えすぎることです。

周囲を観察し、様々なことを察知できるので目標や目的以上のことまで考えてしまいます。

それは度を超えると頭が疲れる脳疲労の原因にもなりますし、行動の妨げともなります。

ある程度区切りをつけることで、デメリットを解消できるでしょう。

洞察力が鋭いデメリット③人を傷つける可能性がある 洞察力が鋭いデメリットの3つ目は人を傷つける可能性があるです。

洞察力が高いと、他人の顔色の違いや体調など色々なことに気がつきます。

しかし言うべきでないことに気づく力が不足していた場合、相手を傷つけてしまう可能性があります。

不用意に相手に踏み込んでしまい、お互いに疲れるなんてことにもなってしまいます。

直感が働いても、口に出すのはやめましょう。

人間力を身につけて、相手を傷つけないようにするのが先です。

まずは気づけるように対人理解に努めましょう。

洞察力を自己診断!洞察力がある人の特徴6選 洞察力がある人の特徴①空気が読める 洞察力がある人の特徴の1つ目はその場の空気を読むのが上手いことです。

洞察力が優れている人は周囲の反応から推察して、その場の空気を読むことに長けています。

他の人と口裏を合わせていなくても、話してはいけないことを隠したり話の流れを変えたりすることができます。

場違いなことを言ったり、地雷を踏むことがなくなるので結果的に良好な人間関係を築くことができます。

仕事のコミュニケーションに役立てることもできる能力です。

洞察力がある人の特徴②視野が広い 洞察力のある人の特徴の2つ目は視野を広くして考えることができるです。

洞察力のある人は柔軟に物事を捉えることができます。

瞬く間にあらゆる可能性を考えられるので、その場にあった最適な方法を直感的に取ることができるのです。

早とちりすることも少ないでしょう。

洞察力がある人の特徴③冷静沈着 洞察力がある人の特徴の3つ目はいつでも冷静沈着です。

洞察力が高い人は多くの物事を一度に観察し、その本質について推察できます。

多少のことは予想の範囲内なので、騒ぎ立てることは滅多にないです。

不測な事態が起こっても、持ち前の洞察力ですぐに解決策を導き出します。

洞察力がある人の特徴④警戒心が人よりも強い 洞察力がある人の特徴の4つ目は警戒心が人よりも強いです。

洞察力が鋭い人は目に前の情報をそのまま信じません。

その情報が本当に正しいのか、本質はどこにあるのか、裏があるのではないか疑います。

「美味しい話」にも飛びつかないので、騙されることはほとんどないでしょう。

洞察力がある人の特徴⑤過去の経験を生かす 洞察力がある人の特徴の5つ目は過去の経験を生かすです。

洞察力がある人は現在の情報だけでなく、過去に得た経験も使って物事の本質を分析します。

過去の失敗体験も成功体験も自分の力にできます。

洞察力が鋭い人の特徴⑥仕事ができる 洞察力が鋭い人の特徴の6つ目は仕事ができるです。

洞察力が鋭い人は上司が何を望んでいるのか推測できます。

また仕事の本質についても考えることができるので、良い結果を残すことができます。

直感も働くので、やったことのない仕事でもすんなり事を運べるでしょう。

観察力の鍛え方2選 観察力の鍛え方①会話で観察力を鍛えよう 洞察力を鍛えるなら、まずは観察力を磨くのが先決です。

社内の様子や会社の行き帰りなど、普段の日常でスルーしていたものに注目してみましょう。

観察力が磨かれていくと、次に何が起こるのか、直感でわかるようになります。

最初のうちは疲れるかもしれませんが、コツコツ続けることで着実に観察力をアップできます。

観察力の鍛え方②さまざまな情報に触れる 常日頃からさまざまな情報に目を通しておきましょう。

ニュースはもちろん、小説や新書などで他人の考えを取り入れることもあなたの役に立ちます。

直感を働かせ、まったく違う分野の本を読んでみるのもいいかもしれません。

旅行などをしたり、新しい趣味を始めてみたりするのも丸です。

文化の違いや価値観の違いなどに触れることで見識が広がります。

とにかくたくさんの情報に触れて、観察力を磨きましょう。

洞察力の鍛え方2選 洞察力の鍛え方①物事の変化や違いに疑問を持つ 観察力がついて物事の変化や違いに気づけるようになったなら、今度は疑問を持ちましょう。

なぜ変化しているのか、なぜ違いがあるのかなど、物事の違いや変化を追求していきましょう。

考えることが重要です。

洞察力の鍛え方②物事がどうなっているのか考える 物事の違いや変化に「なぜ?」と問うことができたなら、次はどうなっているのか考えましょう。

背後にある理由や意図していること、他の立場の人ならどう思うのか、その物事の因果関係はどうなっているのかについて考えることが洞察力アップのコツです。

ここまで考えることができたなら、ある程度の洞察力は身についています。

物事に対して直感が働くようになり、人の表情の違いについてもなんとなくわかります。

初めの内は疲れるかもしれませんが、それはあなたの洞察力が高まっている証拠でもあります。

洞察力と観察力の違いは物事に対する視点の深さ 以上のことから洞察力と観察力の違いは物事に対する視点の深さです。

洞察力は観察力あっての能力です。

観察から得た情報を元に物事の違いや本質について推理する能力なので、洞察力を鍛えるならまずは観察力から磨きましょう。

徐々に物事に対する直感が働きます。

慣れないうちは疲れるので、マイペースに磨いていきましょう。

洞察力を上げることで仕事で良い成果を出すことができたり、人間関係がうまくいくようになります。

一生モノの技能になるので、コツコツと積み上げましょう。

当サイトには人間の本質や性格について触れている記事があります。

洞察力を上げるための参考になる記事がありますので、よかったらご覧ください! 商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

キーワード

  • 洞察力
  • 観察力
  • 物事
  • 違い
  • 特徴
  • 情報
  • 観察
  • デメリット
  • 本質
  • 仕事
  • 鍛え方
  • 意味
  • 直感
  • 推察
  • 能力