ライフスタイル

仕事は好きなこと?得意なこと?「やりたいこと」と「できること」の違いとは

2019年07月04日更新
仕事は好きなこと?得意なこと?「やりたいこと」と「できること」の違いとは

好きなことを仕事にする意義とは【できることを仕事にする場合との違い】 好きなことを仕事にする意義①仕事と趣味の垣根なく生きられる できることを仕事にする場合との違いを比較した時の、好きなことを仕事にする意義の1つ目は、仕事と趣味の垣根なく生きられることです。

本当に人生を賭けてもいいような熱中している趣味があれば、仕事とプライベート関係なく継続することができます。

仕事と好きなことの垣根を無くすということは、ある意味その趣味に仕事として人生を賭けることになります。

そのため、好きなことを仕事にできればすごく幸せですが、一方で何かのきっかけで今は好きなことが、後々嫌いになってしまうと気持ちが180度裏返ってモチベーションが下がってしまう可能性があります。

一方でできることを仕事にした場合には仕事は仕事、趣味は趣味と割り切り生活することになりますので、好きなことを仕事にする場合よりはモチベーションが上がらない確率が高くなります。

仕事も趣味も関係なく行きたい人は好きなことを仕事にし、生活のメリハリが大切と考えるならできることを仕事にした方が良さそうです。

好きなことを仕事にする意義②好きなことに長く取り組める できることを仕事にする場合との違いを比較した時の、好きなことを仕事にする意義の2つ目は、好きなことに長く取り組めることです。

趣味の時間をベースに考えると、例えば趣味として土日しかできなかったことが、好きなこと(趣味)を仕事にすることで平日も取り組めるようになります。

そうなると好きなことに対するスキルが上がってきますし、自分自身が満足のいく目標まで到達できる可能性が上がってきます。

一方でスキルの向上や目標の達成が難しい場合にはそれが大きな障壁となり、モチベーションが下がってきます。

また元々好きな趣味なので長くやればやるほどハードルは上がっていく傾向があります。

一方でできることを仕事にする場合には、自分自身が何をどこまでできるかという部分が業務内容のベースになりますので、無理な目標を追い続けることなく、また1日8時間等、決められた仕事さえしていれば給料がもらえます。

ただし好きなことを仕事にする時ほど、仕事に熱くはなれないかもしれません。

得意なことを仕事にする意義とは【好きなことを仕事にする場合との違い】 得意なことを仕事にする意義①会社に入れば即戦力になれる可能性が高い 好きなことを仕事にする場合との違いを比較した時の、得意なことを仕事にする意義の1つ目は、会社に入れば即戦力になれる可能性が高いことです。

自分自身の特性を理解し、得意なことを仕事にすると新しい会社に入っても未経験の人よりも早い段階で戦力になることができます。

また、スキルが高ければ入社時点で既存の社員を超えることもできるかもしれません。

得意なことや人から上手いと言われる何かを仕事にすることで、最初からアドバンテージを持ちつつ業務に臨むことができます。

一方で好きなことで得意ではないことを仕事にすると、まずは人に追いつくところから始めなければなりません。

得意なことを仕事にする意義②人や社会に貢献できる可能性が高くなる 好きなことを仕事にする場合との違いを比較した時の、得意なことを仕事にする意義の2つ目は、人や社会に貢献できる可能性が高くなることです。

もしも好きなことでスキルのないことを仕事にするのであれば、会社にも貢献しづらくなりますし、そのスキルの社会への貢献度が低くなる可能性もあります。

また社会への貢献度が分かりづらい仕事でも税金を納めることが社会貢献になっていますので、高収入を得やすい得意なことを仕事にした方が社会に貢献できるチャンスも広がりますし得意なことで高いスキルの方が人に対して貢献できる可能性も高くなります。

好きなことを仕事にする場合は自己満足で終わるリスクもあります。

ちなみに下記の関連記事ではどんな仕事が人を幸せにできるのかについてまとめたおすすめの内容です。

仕事をする上で人や社会に貢献できるということは非常に大切なことになってきます。

長くやりがいを持って続けられる仕事を見つける手がかりにしてもらえたら嬉しいです! 好きなことと得意なことを仕事にするメリットとデメリット 好きなことを仕事にするメリットはモチベーションを保ちやすいこと 好きなことを仕事にするメリットは、仕事へのモチベーションを保ちやすいことです。

人は好きなことに対しては時間が過ぎるのを忘れて熱中することができます。

そのため、分かりやすく言えば常に楽しく仕事をすることができます。

楽しく仕事をすることで、その仕事を長く続けやすくなるのです。

また、好きなことをしている時には疲れを感じづらいものです。

その点でもモチベーションを高く保ちつつ仕事を続けることができるので、好きなことを仕事にするメリットは大きいと言えます。

好きなことを仕事にするデメリットは好きなように出来なくなること 好きなことを仕事にするデメリットは、好きなように出来なくなる場合があることです。

好きなことも趣味であるからこそ自分が好きにできるわけで、もしも仕事にすれば取引先の都合に合わせたり、ビジネスを続けるためには自分のやり方を曲げなければならず、趣味でやっていた頃との違いが出てきます。

好きなことを仕事にしたいという人は多いものの、いざどちらかを選ぶ状況になった時に、自分の意思で好きなことを仕事にすることは意外に難しいものなのです。

得意なことを仕事にするメリットは成果を出しやすいこと 得意なことを仕事にするメリットは、成果を出しやすいことです。

得意なことを仕事にすれば他の不得意な仕事とは違い、成果を出しやすくなります。

成果の違いが仕事のやりがいや給料に直結することが少なくないため、得意なことを仕事にして自分の力を十二分に発揮して成果を出すことのメリットは大きいと言えます。

得意なことを仕事にするデメリットは工夫が無くなりやすくなること 得意なことを仕事にするデメリットは工夫が無くなりやすくなることです。

得意なことを仕事にすると、周囲から評価されることが多くなり、周囲からの評価が上がり仕事量が増えてくると、今まで成功したやり方を変えなくなる状況も往々にして出てきます。

そうなると自分よりも後進の方が優れた技術を持つ可能性が上がり、いつの間にか組織から淘汰される可能性もあります。

また得意なことを仕事にすると、向上心を失って同じ技術に胡坐をかいて仕事をする人も出てきます。

心がけ一つではあるものの、得意なことを仕事にするとこういったメンタル面でのマイナスが想定されます。

やりたいこと・好きなことを仕事にすると良い場合 やりたいことを仕事にすると良い場合①やりたいことを一生の仕事にしたい やりたいことを仕事にすると良い場合の1つ目は、やりたいことを一生の仕事にしたい場合です。

社会人になると仕事が好きなことの障壁となり、好きなことがどんどんできなくなっていくことが少なくありません。

そのため、やりたいことを仕事にするために今の仕事を辞めて、やりたいことを仕事にする人もいます。

どちらを選ぶといった選択肢はなく、好きなこと一択である状況ならば、それを一生の仕事にした方がいいでしょう。

その仕事がうまく行くかはわかりませんが、後悔はなくなります。

ただしどちらにするかという迷いがあるなら、やりたいことを仕事にするタイミングではない可能性も少なくはないでしょう。

やりたいことを仕事にすると良い場合②才能や情熱に自信がある やりたいことを仕事にすると良い場合の2つ目は、才能や情熱に自信がある場合です。

やりたいことについての才能や情熱について、周囲を見ていると自分が秀でていると感じる場合には迷わずやりたいことを仕事にしたいものです。

今ナンバーワンではなくても、努力を重ねればいつか目が出る日が来ることでしょう。

できること・得意なことを仕事にすると良い場合 できることや得意なことを仕事にすると良い場合①手早く成果を出したい できることや得意なことを仕事にすると良い場合の1つ目は、手早く成果を出したい場合です。

報酬なのかやりがいなのか、どちらを優先するかは社会人として永遠の命題ですが、報酬の方を優先するのであればできることや得意なことを仕事にした方が、成果が早く出ますし、また慣れてくれば高い成果も期待できます。

できることや得意なことを仕事にすると良い場合②高い報酬を得たい できることや得意なことを仕事にすると良い場合の2つ目は高い報酬を得たい場合です。

好きなことを仕事にすると採算度外視で自分がやりたいようにやるという状況が出てきますが得意なことでは効率を考える傾向が高くなるので高い報酬を得やすくなります。

ちなみに報酬の満足度については下記記事を参考にしてみてください。

好きなことや得意なことを仕事にした場合のエピソード 好きなことを仕事にした場合のエピソード|音楽家の場合 好きなことを仕事にした場合のエピソードとして音楽家の場合を紹介します。

音楽家の場合には、好きな楽器を練習しつつ、コンサートやレコーディングで収入を得ることになります。

またスキルと名声があれば指導者として収入を得ることもできます。

プライベートと仕事、分け隔てなくいつでも好きな楽器を弾くことができます。

得意なことを仕事にした場合のエピソード|プログラマーの場合 得意なことを仕事にした場合のエピソードとして、プログラマーの場合を紹介します。

昔からパソコンを触っていてパソコンのスキルも知識もある場合には、それらのスキルや知識を生かして若くして即戦力になれる仕事であると言えます。

ハードワークではあるものの、スキルがあれば年齢に関係なく稼げる仕事です。

好きなこと・得意なことを生かして仕事に取り組もう! 好きなことと得意なこと、どちらを仕事にするのか迷うことは少なくありません。

しかし大切なのはどちらを選ぶかということではなく、どちらを選んだ方が後悔がないかということです。

どちらを選んでも楽しくやりがいを持ち仕事が出来るよう、ここで紹介した情報を参考にしてもらえたらうれしいです!

キーワード

  • 仕事
  • 得意
  • 趣味
  • 可能性
  • スキル
  • 意義
  • 成果
  • 違い
  • 貢献
  • モチベーション
  • 社会
  • 報酬
  • エピソード
  • デメリット
  • 一方