韓国

人気再燃!綺麗な男、イ・ジュンギのプロフィールや出演作、あれこれ総まとめ!

2019年07月11日更新
人気再燃!綺麗な男、イ・ジュンギのプロフィールや出演作、あれこれ総まとめ!

目次 [表示] ● イ・ジュンギのプロフィール紹介 └ 釜山生まれの大人男子 └ 華麗なアクションもお手のもの ● 出演作品まとめ └ 主な出演ドラマ・映画 └ 綺麗な男で一世風靡! └ 大ヒットドラマの立役者 ● 歌手イ・ジュンギの実力は? └ パワフルなステージで魅了 ● イ・ジュンギをもっと知りたい!過去のエピソードを紹介 └ 地道な努力の末、掴んだ芸能デビュー └ 現場を盛り上げる座長、イ・ジュンギ ● 魅力がありすぎる男、イ・ジュンギ こんにちは! 韓国エンタメ大好きuniiic26です☆ 韓国好きの皆さんは、イ・ジュンギはもちろん知ってますよね? デビュー以来数多くのドラマや映画に出演し、その美しい見た目と演技力で、 俳優として不動の地位を築いています。

2015年には出演ドラマのヒットで再ブレイクしたイ・ジュンギ。

今回は私も大好きな彼の基本情報からエピソードなど、魅力をまとめてご紹介。

イ・ジュンギを好きな人も名前だけ知っているという人も、ぜひご覧ください! イ・ジュンギのプロフィール紹介 まずは俳優イ・ジュンギの基本情報をおさらいします。

釜山生まれの大人男子 出典: sp.joongi.jp 1982年4月17日生まれのイ・ジュンギ。

生まれは釜山広域市で、慶尚南道昌原市で育ちました。

昌原市の高校を卒業後、俳優を目指して単身ソウルに上京。

紙面広告のモデルとして2001年にデビュー。

2004年に「ホテルビーナス」で映画デビュー。

2006年に出演した「王の男」で、「綺麗な男」のキャッチコピーで人気爆発。

イ・ジュンギ旋風を巻き起こしました。

2010年5月に現役入隊し、2012年に除隊。

その後、数々のドラマで主演を務め、2015年に出演した「夜を歩く士」がヒット。

韓流ドラマアワードで演技賞を受賞し、再ブレイクとなりました。

華麗なアクションもお手のもの 出典: mnetjp.com これまでたくさんの作品に出演しているイ・ジュンギ。

そんな彼の持ち味は、何と言ってもアクション。

元々テコンドーも習っていたらしく、身のこなしがとてもスマートです。

出典: news.kstyle.com 現代ドラマはもちろんですが、注目したいのは時代物。

軽々と馬に飛び乗ったり、ワイヤーアクションで華麗な剣さばきを披露したり、 とってもかっこいいんです。

運動神経の良さは本人も自負しているようですが、演技に活かされていますよね。

ぜひ彼のアクションに注目してみてください。

出演作品まとめ イ・ジュンギの主な出演作品をまとめてご紹介します。

主な出演ドラマ・映画 @actor_jg) <ドラマ> ・マイガール(2005年) ・犬とオオカミの時間(2007年) ・イルジメ〜一枝梅(2008年) ・ヒーロー(2009年) ・アラン使徒伝(2012年) ・TWO WEEKS(2013年) ・朝鮮ガンマン(2014年) ・夜を歩く士(2015年) ・麗〜花萌ゆる8人の皇子たち(2016年) ・クリミナルマインド(2017年) ・無法弁護士(2018年) 出典: kpop.musicagatto.com <映画> ・ホテルビーナス(2004年) ・王の男(2006年) ・フライ・ダディ(2006年) ・初雪の恋 ヴァージン・スノー(2006年) ・光州5・18(2006年) ・バイオハザード:ザ・ファイナル(2016年) 出典: news.livedoor.com 綺麗な男で一世風靡! 出典: knda.tv/datv/program/dt000099/ 2006年に公開された映画「王の男」。

この作品でイ・ジュンギは芸人のコンギルを演じました。

出典: ekr.chosunonline.com コンギルは男も惚れるほど美しい男。

その役を見事演じきったイ・ジュンギは、映画が公開されると、 その妖艶な姿が瞬く間に話題となりました。

人気は韓国だけに留まらず、アジア中で爆発。

一躍スターの仲間入りを果たしました。

「王の男」では芸人役なので、お面をつけて踊ったり、綱渡りをしたり、実際に様々な芸に挑戦。

持ち前の運動神経の良さを活かしていました。

出典: www.pikicast.com 共演した主演のカン・ウソンは中性的というコンギルの役をイジュンギが演じたことについて、 「背も高いし声も低いのに、何でこの役がイ・ジュンギなんだ」 と疑問に思ったとか。

確かに見た目は女性的ではないですが、演じてみれば驚くほどハマり役。

映画の大ヒットに繋がりました。

大ヒットドラマの立役者 出典: kandora.boo.jp 2008年にイ・ジュンギが主演したドラマ「イルジメ」。

朝鮮時代を舞台に、親の敵討ちに奔走する覆面の義賊を演じました。

このドラマは韓国で視聴率30%を超える大ヒット。

イ・ジュンギは韓流スターの地位を確立させたのでした。

@miporrron) ドラマでは黒づくめの覆面をつけて、屋根から屋根へ飛び移り、迫り来る敵を素手で振り払う、そんなアクションを披露。

覆面から覗く切れ長の目元が、とってもセクシーでした。

このドラマの音楽を日本の作曲家、音楽プロデューサーの吉俣良さんが担当していることでも話題に。

主演のイ・ジュンギはもちろん、後に人気俳優になるパク・シフやハン・ヒョジュなど共演者も豪華。

ハラハラドキドキのストーリー展開に感動的な音楽など、見どころ満載の「イルジメ」。

イ・ジュンギファンはもちろん、そうでない人も必見の超おすすめドラマです。

歌手イ・ジュンギの実力は? 実は歌手としても活動しているイ・ジュンギ。

歌手活動はどんな感じなんでしょうか? パワフルなステージで魅了 @actor_jg) 「王の男」で一躍スターとなり、2008年にCDデビューをしたイ・ジュンギ。

飛ぶ鳥を落とす勢いで、映画やドラマへの出演が続いていた頃で、歌手デビューにもファンは大喜び。

ファンミーティングでは歌やダンスを披露して、多くの人を魅了しました。

このファンミーティング、ただのファンイベントではなく、彼の場合は完全にライブ。

トークやファンとの交流の時間はもちろんありますが、大半が歌とダンスで占められているんです。

約3時間のステージをこなしているなんて、もう立派な歌手ですよね。

現在も歌手として精力的に活動し、歌手デビューから10年以上が経ちました。

定期的にアルバムを発表していて、アジア各国を巡るライブツアーも開催しています。

ドラマや映画で見る顔とはまた違った魅力に、ファンは虜です。

出典: dot.asahi.com/wa/2018042700... イ・ジュンギをもっと知りたい!過去のエピソードを紹介 俳優としてデビューして15年以上、歌手としても10年のキャリアがあるイ・ジュンギ。

そんな彼のエピソードをご紹介します。

地道な努力の末、掴んだ芸能デビュー 出典: contents.innolife.net 釜山出身のイ・ジュンギは「俳優になりたい」と高校を卒業後にソウルに上京。

ご両親からはかなり反対されたそうです。

それでも夢を叶えるため、ソウルではアルバイトと俳優になるためのトレーニングに励みました。

オーディションに何度も挑戦しては、落ちてを繰り返していたイ・ジュンギ。

ある時、大作映画の主演に決まり、準備万端で撮影に入る直前に、役を降ろされたことがあったとか。

悔しくて悔しくて仕方がなかったと語っていました。

@asah417 その後、日本映画「ホテルビーナス」でついに映画デビュー。

悔しくて辛い経験があってこそ、今の活躍につながっているんでしょうね。

デビュー前は「男前じゃない」「目元がきつい」等々、いろいろと顔つきについて言われたこともあったそうで、目元を少しお直しすることも考えたこともあったようで。

キリっとはっきりした二重の俳優さん、多いですもんね。

でも、「王の男」では彼の魅力である涼しげな切れ長の目元が、中性的な雰囲気によーく合っていました。

そのままのお顔でいてくれたことに感謝です。

現場を盛り上げる座長、イ・ジュンギ 出典: www.suruga-ya.jp/product/de... 売れっ子スターになって以来、各作品で主演を務めるイ・ジュンギ。

撮影中は、歌ったり踊ったり、笑わせたりと、誰よりも率先して場を盛り上げているとか。

共演者やスタッフ達の一体感や雰囲気作りのために、そうするよう心がけているそうです。

共演したキャストも、「ジュンギssiが歌ったりして盛り上げてくれたので、撮影がスムーズだった」と話していて、彼のムードメーカーぶりがよくわかります。

主役は作品の、言わば座長。

作品がより良いものになるよう、人肌脱いでいるんですね。

プロ意識の高さを感じます! 魅力がありすぎる男、イ・ジュンギ @actor_jg) いかがでしたか? イ・ジュンギの魅力が伝わったでしょうか? 韓国はもちろん、日本をはじめアジア中で活躍する姿はとっても素敵ですよね。

そんな彼の魅力が伝われば嬉しいです。

たくさんの若手俳優が台頭している韓国ですが、アラフォーになって さらに大人の色気を増したイ・ジュンギに、ぜひ注目してみてくださいね!

キーワード

  • イ・ジュンギ
  • ドラマ
  • 映画
  • ジュンギ
  • 俳優
  • 主演
  • 魅力
  • 出演
  • デビュー
  • 韓国
  • アクション
  • 歌手
  • 目元