ライフスタイル

仕事と趣味の違い|仕事が趣味・趣味が仕事な人生は楽しい?つまらない?

2019年07月11日更新
仕事と趣味の違い|仕事が趣味・趣味が仕事な人生は楽しい?つまらない?

仕事と趣味の違いとは? 仕事と趣味の違い①お金になるかならないか 仕事と趣味の違い一つ目は、お金になるかならないかです。

仕事はお金に換算されますが、趣味でしていることはお金にはなりません。

これが、仕事と趣味の大きな違いであるといえるでしょう。

仕事は生きていく上で必要なものであり、お金のために働いている人も多いですが、趣味には反対にお金を費やすこともあります。

仕事と趣味の違い②自己のためか世のためか 仕事と趣味の違い二つ目は、自己のためか世のためかという違いです。

趣味は自分のためにするものですが、仕事は世の中のためにするものです。

これこそ、仕事と趣味を分ける大きな境目だと言えるでしょう。

趣味とは自分の娯楽を追求するものであり、他人のためにするものではありません。

それが社会への貢献につながるかどうかを気にしている人はいないでしょう。

しかし、仕事の場合は違います。

仕事の場合、社会の一員として、世の中を向上させたり他人の役に立つことを目的としています。

決して自分のために行うわけではありません。

仕事と趣味の違い③責任を伴うかどうか 仕事と趣味の違い三つ目は、責任を伴うかどうかです。

仕事には責任が伴いますが、趣味には責任は伴いません。

仕事をする以上、あなたはその業務に対して責任を取らなければなりません。

何かミスがあった時は、周りから責められることになるでしょう。

しかし、趣味の場合責任が伴うことはありません。

法に違反しない限り、趣味は自由に楽しむことができるのが特徴です。

そこに他人から口出しをされる筋合いはありません。

ただ、これがビジネスとなると、あなたは責任の是非を問われることになるでしょう。

仕事と趣味の違い④生きていくための活動かどうか 仕事と趣味の違い四つ目は、生きていくための活動かどうかです。

仕事とは、生きていくために行う活動です。

仕事をしなければ家族はもちろんのこと、自分自身さえ自立することができません。

しかし、趣味は生きていく上で行わずとも問題はありません。

生きることに直接関係はしないのが趣味で、関係するのが仕事なのです。

仕事と趣味の違い⑤制限があるかどうか 仕事と趣味の違い五つ目は、制限があるかどうかです。

仕事には制限はつきものです。

自分に「こうしたい」という理想のようなものがあっても、それが叶えられるとは限りません。

むしろ、理想はほぼ実現不可能だと言ってよいでしょう。

現実的に考えた時に無理が生じるものは、全て却下されてしまうことが通例です。

しかし、趣味には制限はありません。

自分が良いと思ったものは全て採用することができますし、スケジュールも自由自在です。

制限がついているかいないかというのは、まさしく仕事と趣味における大きな違いであるといえるでしょう。

遊びと仕事の境界線がない人の特徴って? 遊びと仕事の境界線がない人の特徴①お金に執着がない 遊びと仕事の境界線がない人の特徴一つ目は、お金に執着がないということです。

仕事をまるで遊びのように楽しむことのできる人とは、お金に対する執着心がない人でもあります。

彼らは、お金のために仕事をしているわけではありません。

給与関係なく仕事を仕事として楽しむことができるのが、彼らの特徴です。

もしお金に執着心のある人なら、仕事を趣味とし楽しむことはできないでしょう。

お金を稼ぐためにはどうすれば良いのかということを考えるうちに、仕事は生きがいでもなんでもなくなってしまいます。

遊びと仕事の境界線がない人の特徴②直感を大切にしている 遊びと仕事の境界線がない人の特徴二つ目は、直感を大切にしているということです。

あまり深く考えることなく頭に浮かんだことをそのまま実行に移せる人は、仕事に関してストレスを溜め込むことがありません。

仕事をする際にも直感で動くことができる彼らは、労働をすることに辛さを覚えることがないのです。

そんな人たちにとって、趣味を仕事にすることは難しいことではありません。

趣味も仕事も直感で楽しめる彼らは、遊びの延長線上のような形で仕事を楽しみ業績を上げることができます。

遊びと仕事の境界線がない人の特徴③楽観的でマイペース 遊びと仕事の境界線がない人の特徴三つ目は、楽観的でマイペースであるということです。

遊びも仕事も同じだと思っている人は、良い意味で楽観的であり、悪いように考えることはありません。

どんなことに対しても前向きに捉えることができる、ポジティブな人なのです。

そんな彼らは、仕事における制約すら楽しめます。

仕事には、趣味を楽しむときにはない制約はつきものであり、それがきっかけで仕事を嫌になる人は多いものです。

そんな中で彼らが仕事に楽しく打ち込むことができるのは、それを一種のルールとして楽しめているからです。

まさにポジティブシンキングがなせる技だと言えるでしょう。

以下に関連記事として、仕事や趣味での生きがいの見つけ方について紹介されているものがあります。

仕事や趣味において人生を最も楽しむにはどうすれば良いのか、この記事を読めばその答えが見つかるはずです。

仕事が趣味だというあなたは、この記事を読んでそこに生きがいを見出す方法を探してみてください。

仕事が趣味・趣味が仕事な人生は楽しい!仕事が趣味のメリットは? 趣味が仕事な人生は楽しい理由・メリット①仕事が楽しいため苦に感じない 趣味が仕事な人生は楽しい理由やメリット一つ目は仕事が楽しいため苦に感じないことです。

多くの人は、生きていく上でやるしかない仕事を苦痛に思っているでしょう。

できることなら逃れたいと思っているはずです。

しかし仕事が趣味な人にとって、業務をこなすことは全く苦ではありません。

むしろ楽しいとすら思っています。

趣味が仕事な人生は楽しい理由・メリット②上達が早い 趣味が仕事な人生は楽しい理由やメリット二つ目は、上達が早いということです。

仕事を趣味のように楽しむことができれば、自然と打ち込むことで上達が早くなります。

同時に始めた同期より上達が早く、出世する可能性がも上がるでしょう。

出世をするに越したことはないですから、これはまさしくメリットと言えます。

仕事が趣味・趣味が仕事な人生はつまらない!仕事が趣味のデメリットは? 仕事が趣味な人生はつまらない理由・デメリット①彼氏や旦那に見捨てられる 仕事が趣味な人生はつまらない理由やデメリット一つ目は、彼氏や旦那に見捨てられる可能性があるということです。

趣味に仕事にと打ち込むことは良いですが、それによってプライベートな時間を取れなくなる恐れがあります。

その結果、おざなりにされたと感じた彼氏や旦那から見放される恐れが生まれるでしょう。

知らない間に彼氏や旦那のことを無下にしてしまっていないか、今一度確かめてみてください。

仕事と趣味の違いがわからなくなるほど目の前のことに打ち込むことで、身の回りの人を不幸にしてしまっていては本末転倒です。

大切な彼氏や旦那の気持ちを後回しにして何かに打ち込む代償は大きなものです。

もちろん、仕事や趣味に励むだけで見捨てようとする彼氏や旦那と無理に付き合う必要はありません。

しかし、明らかにプライベートの時間をすり減らしていることがわかっている場合は、自分の行動を改善すべきです。

彼氏や旦那に呆れられてしまわないよう気をつけてください。

仕事が趣味な人生はつまらない理由・デメリット②生きがいがなくなる 仕事が趣味な人生はつまらない理由やデメリット二つ目は、生きがいがなくなることです。

仕事と趣味の違いがなくなると、それらが一体化し、まるで自分の使命のように感じられます。

こうなると、純粋に楽しむことのできる生きがいが失われる危険性があります。

楽しめていたはずの趣味が辛いものに感じられるでしょう。

仕事が趣味な人生はつまらない理由・デメリット③心が休まらない 仕事が趣味な人生はつまらない理由やデメリット三つ目は、心が休まらないことです。

仕事に趣味にと打ち込むことで、いくら好きなこととはいえ精神的に疲れてしまいます。

仕事も趣味も全速力で頑張りすぎると、休息の時間が取れなくなるためです。

生きがいに打ち込むことは良いですが、自分の精神面のケアもしましょう。

以下に関連記事として、仕事が趣味な人の特徴についてまとめられているものがあります。

仕事が遊びだと思っている社会人は、日々を楽しいと感じているのでしょうか。

それとも、つまらないと思っているのでしょうか。

仕事と趣味が同義になっている人に見られる特徴が満載なので思い当たる節がある人はチェックしてください。

仕事と趣味の違いを知った上でバランスよくどちらもほどほどに楽しむには? 仕事と趣味をバランスよくほどほどに楽しむ方法①仕事の時間を定めておく 仕事と趣味をバランスよくほどほどに楽しむ方法一つ目は、仕事の時間を定めておくことです。

仕事をする時間を定めておかないと、いつまでもズルズル続けてしまうことになり、趣味と仕事の境目がわからずバランスを崩します。

そこで、仕事をする際はあらかじめ時間を定めましょう。

メリハリをつけるには期限が必要です。

仕事と趣味をバランスよくほどほどに楽しむ方法②趣味には他人を交える 仕事と趣味をバランスよくほどほどに楽しむ方法二つ目は、趣味には他人を交えることです。

趣味をする際は旦那や彼氏を交えてみると、仕事をする際のように必死に打ち込むことはなくなるでしょう。

バランスをとるには、第三者の存在を取り入れることがオススメです。

第三者がいることで気持ちにセーブができるからです。

仕事と趣味の違いを知ってほどほどに楽しもう! 仕事と趣味にはそれぞれ違いがあります。

この二つを混同してしまっている人は、なるべくバランスを取ることができるように努力しましょう。

仕事と趣味を混同させることには、メリットもありますが、デメリットも見られるものです。

趣味を仕事にしてしまうことで生きがいを見失ってしまわないよう、気をつけてくださいね。

キーワード

  • 仕事
  • 趣味
  • 違い
  • 人生
  • お金
  • 理由
  • バランス
  • デメリット
  • 生きがい
  • 特徴
  • 旦那
  • 彼氏
  • 境界線
  • ほどほど
  • 責任