メイク

奥二重さん向けアイメイクのやり方&アイテム!基本を学んでデカ目に♡

2019年07月18日更新
奥二重さん向けアイメイクのやり方&アイテム!基本を学んでデカ目に♡

アイメイクメイクHowTo奥二重 クールな印象にもキュートな印象にも演出することのできる「奥二重」。

ですが、間違ったメイクをしてしまうと、目が小さく重たく見えてしまうことも…。

今回は、そんな奥二重の方におすすめしたいアイメイク方法をご紹介します! やり方をマスターすればナチュラルな「デカ目」を手に入れることができますよ◎ プロセスはもちろんのこと、使いたいアイテムまで載せているので最後までチェック必須です! 1|奥二重を“デカ目”に見せるポイントは? どんなメイクでも似合わせやすい奥二重ですが、メイクの仕方を間違えてしまうと、重たく見えてしまいがちなのが悲しいところ。

となると、奥二重を違和感なくナチュラルにデカ目に見せるポイントが気になりますよね! メイクに使いたいアイテムは、アイシャドウ・アイライナーと通常のアイメイクで使うものと同じです。

ポイントはそれらをどう使うのか?にあります! 【アイシャドウはどんなものを?】 アイシャドウは、ベースにシアーなピンク系を。

締めカラーにはブラウン系を選びましょう。

シアーなピンクは重たくなりがちな目元に明るさや軽さを演出してくれます。

ほんのりとしたカラーなので女性らしく、可愛らしくもなりますよ。

ブラウンは目元をしっかりと引き締め、目元がぼやけるのを防ぎます。

質感はどちらもマットなものではなく細かいパールなどツヤ感のあるものがおすすめですよ♪ 【アイライナーはどんなものを?】 アイライナーは、細かいところまで引くことのできるリキッドタイプがおすすめです。

まつ毛のキワを埋めたり、流し気味のアイラインを引くことができます◎ カラーはきりっとした印象を与えるブラック系ではなく、柔らかい印象を与えるブラウン系を選びましょう! 次の章から、それぞれのアイテムを使った奥二重の方向けアイメイクをご紹介します。

2|奥二重さん向けメイクのやり方! ここからは奥二重さん向けのメイク方法をご紹介します。

すべて写真付きで説明しますので、是非最後までチェックしてくださいね! 2-1.アイシャドウのつけ方! 最初は、アイシャドウのつけ方からです。

アイシャドウのカラーは、上の章でご紹介した通りピンク系のものを使います! マットなものだと重い印象になってしまうため、明るく軽さのある目元を演出してくれるパール感やツヤ感のあるものを使いましょう◎ ▽こちらも併せてチェック! ⇒奥二重さんのアイシャドウの塗り方・色選び|たまる・よれる対策は? ①まぶた全体にアイシャドウをのせる まぶた全体のにアイシャドウをのせます。

まぶただけではなく、下まぶたにもアイシャドウをのせましょう。

②目尻は少し広めにシャドウをのせる まぶた全体にアイシャドウをのせたら、目尻側にさらに重ねづけをします。

③二重線の部分にブラウンをのせる 二重線の部分にブラウンカラーを重ねます。

塗ることでまぶたを引き締めてくれますよ! 2-2.アイラインの引き方 奥二重さんのアイラインの引き方ポイントは“目のフレームをはっきりさせる”こと! 奥二重は、まつ毛の生え際の一部がまぶたで隠れてしまいがちです。

二重部分が隠れてしまうことで重たく見え、目が小さく見えてしまうことも…! それを防ぎ、デカ目に演出する方法をご紹介します! ▽こちらも併せてチェック! ⇒奥二重のアイラインの引き方&選び方のポイント!落ちるときの対策も ①まつ毛の生え際を埋めるようにつける ただ単にアイラインを引くのではなく、まつ毛の生え際を意識しましょう。

まぶたを少し引き上げて、まつ毛の生え際を引き出し、そこを埋めるように引きます! ②目尻は真横に3㎜のばす まつ毛の生え際を全部埋めきったら、目尻も引きます。

長く引くのではなく、真横に2・3㎜ほど伸ばすように引きましょう◎ ③まつ毛の内側にもアイラインを引く 仕上げにまつ毛の生え際より内側にある粘膜部分(白い部分)にもアイラインを引きます。

粘膜部分はデリケートな部分なので、力を入れすぎずペンを置くようなイメージで◎ 内側にアイラインを引いたら、完成です。

二重の部分が埋まっておらず、目が重たい印象になっていないか確認しましょう。

3|奥二重さんにおすすめのアイテム! ここからは、奥二重さん向けのアイメイクにおすすめしたいアイテムをご紹介します。

プチプラもデパコスなど価格帯のさまざまなものをご紹介しているので、最後までチェックしてくださいね! 3-1.アイシャドウおすすめ9選! 最初にアイシャドウのご紹介します! 使いやすい単色と、今回使うカラーであるピンクとブラウンがパレットになったものをご紹介いたします。

#プチプラ #韓国コスメ ■ETUDEHOUSE(エチュードハウス) ルックアットマイアイズ PK013 価格:500円(税抜) 肌なじみのよい、ソフトでシルキーなテクスチャー。

ヨレることなく、まぶたを彩ってくれます。

派手過ぎず、ツヤのある光沢感を演出してくれる細かいラメが配合。

目元にしっとりと密着して、つけたてのような発色を持続します! #プチプラ ■CEZANNE(セザンヌ) シングルカラーアイシャドウ 02ニュアンスピンク 価格:400円(税抜き) 保湿成分として、ヒアルロン酸a・月見草油・バオパブ種子油・ブドウ種子油・カニラバラ果実油を配合。

ラメが細かいので、派手にならず、自然なツヤを与えてくれます! また、テクスチャーはなめらかで、仕上がりはサラサラしており心地よいです◎ #デパコス ■ADDICTION(アディクション) ザアイシャドウ 21ラブアフェア 価格:2,000円(税抜) アディクションのアイシャドウはカラー展開がうれしい99色! 質感もシルキー・マット・パール・メタリックの4つで自分にぴったりのものを選ぶことができます◎ こちらのカラーはゴールドのパールがきらめき、ピンクローズの優しいカラーが目元をほんのりと彩ってくれます。

#プチプラ ■キャンメイク ベルベッティフィットカラーズ 04ローズココア 価格:550円(税抜) 指ざわりはクリームのようにしっとりとしていますが、目元につけるとパウダーのようになり、仕上がりはさらさらになります。

ふんわりやさしい発色で、しっかり色づき、一色でも印象的な目元に! ほんのりとパール・ラメを配合。

ツヤ感もしっかりと与えてくれるのがうれしいポイントです。

#プチプラ ■excel(エクセル) ディープシャドウ コパーブラウン 価格:1,000円(税抜) なめらかな質感で、美しい発色がポイントのアイシャドウ! 偏光パールの絶妙なツヤ感が、奥行きのある立体感を演出してくれます。

ベースにはもちろんのこと、締めカラーとしても◎ 使い方次第でさまざまな印象を得ることのできるうれしいアイシャドウです。

#デパコス ■NARS(ナーズ) シングルアイシャドープレシャスメタル 5322 シマリングココア 価格:2,500円(税抜) 一度塗るだけで高い発色を与えてくれるナーズのアイシャドウ。

なめらかな質感で、まぶたにのせた瞬間しっかり密着し、美しく演出してくれます! つけたての仕上がりを続かせてくれるのもうれしいポイント◎ #プチプラ ■ヴィセ ジェミィリッチアイズ PK-6 価格:1,200円(税抜)※肌らぶ編集部調べ 宝石を砕いたような輝きがポイントなヴィセのアイシャドウ。

女性らしく魅力的に目元を演出してくれます! グラデーションをつくることはもちろんのこと、単色でもお使いいただけるのがうれしいです◎ #プチプラ #韓国コスメ ■ETUDEHOUSE(エチュードハウス) ブレンドフォーアイズ ドライローズ 価格:1,350円(税抜) グラデーションを作りやすい4色のアイシャドウパレット! シマーな質感と、マットな質感のものが一緒になっているので、日によって印象を変えることができます。

これひとつで奥二重にぴったりなアイメイクをつくることができます◎ #デパコス ■CHICCA(キッカ) ミスティックパウダーシャドウ 07ロージィベージュ 価格:5,500円(税抜) ツヤを与えてくれるライトカラーと、自然な陰影をつくるニュアンスカラーのセットになります。

ライトとニュアンスを組み合わせるだけで、美しいグラデーションを作り上げます! アイシャドウにありがちな色のムラがなく、均等できれいに塗れます◎ 3-2.アイライナーおすすめ6選 ここからは、目のキワに引く際にも使いやすいおすすめのアイライナーをご紹介します。

こちらもチェック必須です◎ #プチプラ ■デジャヴ ラスティンファインa グロッシーブラウン 価格:1,200円(税抜) 保湿成分として加水分解コラーゲン・ヒアルロン酸Na・ローズマリーエキスを配合。

また、お湯で簡単に落とすことができます! リキッドは液状のため、塗りたては滲んでしまったり目の下についてしまうこともありますが、こちらはすぐに乾くタイプなので嬉しいです♪ #プチプラ ■UZU(ウズ) アイオープニングライナー ブラウンブラック 価格:1,500円(税抜) テクニックがなくても、アイラインを美しく引くことのできる“大和匠筆”を用いたアイライナー。

水・湿気・皮脂に強いのもうれしいポイントです◎ 今回はブラウンですが全13色展開なので、カラーで遊ぶこともできます! #プチプラ ■k-パレット リアルラスティングアイライナー24hWP DBディープブラウン 価格:1,200円(税抜) 色ムラやかすれを気にせずに使うことのできる高発色アイライナー。

水・汗・皮脂に強いウォータープルーフなのに、ぬるま湯でするんと簡単オフ! 筆部分はコシがあり、引きやすいので美しいラインをつくることができます◎ #プチプラ ■ラブ・ライナーリキッド ダークブラウン 価格:1,600円(税抜) アルミボトルの程よい重さが手ブレを防いでくれるので、アイラインを引くのが苦手な方でも使いやすいアイライナーです。

落ちにくくにじみにくいのがうれしいポイント◎ 保湿成分としてリンゴ果実培養細胞エキス・ヒアルロン酸Na・パンテノール・センチフォリアバラ花エキス・センブリエキスを配合。

メイクしながら、うるおいを与えてくれます! #デパコス ■Dior(ディオール) ディオールショウオンステージライナー 価格:3,600円(税抜) ひと塗りで理想のアイラインを引くことのできるディオールのアイライナー。

フェルトタイプなので、細かいところも逃がしません! 今回はブラウンをご紹介していますが、ピンクやブルーなどのおしゃれなカラー展開も必見です◎ #デパコス ■ランコム グランディオーズライナー 2ブランミリフィック 価格:4,200円(税抜) こちらのアイライナーは先が35度に曲がるので、手元がブレることなくきれいでくっきりとしたラインを引くことができます。

それだけではなく、はっきりとした発色で目元に印象を与え、その発色を持続してくれます! お湯で落ちるのにも関わらず、汗・涙にも強いのがうれしいポイントです◎ #デパコス ■シュウウエムラ ウォーターペイント:インク ナチュラルブラウン 価格:3,400円(税抜) 細い筆先で、なめらかな描き心地。

まつ毛の間の細かい部分まで、残さずしっかり埋めてくれます。

今回はブラウンをご紹介しましたが、ブルーやレッドなど全5色展開で、カラーメイクをたのしむこともできます! 4|奥二重メイクでやってはいけないこと! ここまでは、奥二重におすすめのメイクをご紹介しましたが、ここでは奥二重のメイクをする際に、やらない方がよいことをご紹介したいと思います。

こちらを参考にして、さらに奥二重にピッタリのメイクに仕上げてください♡ 4-1.太すぎるアイラインを引かない! 奥二重でアイラインを引く際に気を付けたいことのひとつとして“太すぎるアイラインを引かないこと”です。

二重線が埋もれてしまうほど、太いアイラインを引いてしまうことで、まぶたが重い印象になってしまい、逆に目が小さく見えてしまいます! 4-2.目頭から目尻を一気に引かない! 目頭から目尻までのラインを一気に引くことで、まつ毛のキワがしっかりと埋められず、浮いてしまい不自然な目元に見えてしまうことがあります。

キワ部分からしっかりとアイラインで埋めてあげることで自然な目元を演出できるので、先ほどご紹介したようにまつ毛のキワから埋めるようにしましょう! 4-3.締め色に濃すぎるカラーを使わない! 奥二重の方は、淡いカラーだけだとぼやけた目元になってしまいます。

だからこそ、しっかりと色の入ったカラーで目元を締めてあげることが大切! ですが、濃いブラウンやネイビー、ブラックなどの“濃すぎる”カラーを使うことはおすすめしません。

濃すぎるカラーを使うことで、目元が引き締まりすぎて逆に小さく見えてしまうことがあるからです。

しっかり色の入っている、ナチュラルなブラウンやモーヴ系のカラーを使いましょう◎ 5|まとめ 今回は奥二重に合うメイクをご紹介させていただきましたがいかがでしたか? 普段何気なく使っているアイシャドウやアイライナーもメイクのやり方を変えるだけで、随分印象が変わるものです。

今回ご紹介したメイク方法で、奥二重を活かして、素敵な目元をGETしてください♡ 6|【関連リンク】 ◆アイラインの引き方♡初心者必見!ペンシルもリキッドも簡単!一重対策も! ◆アイシャドウの塗り方|基本から一重/二重別のポイント・選び方まで ◆大人可愛いピンクメイクのやり方&コツ【プロ直伝】 ◆シンプルで魅力的な目元に♡「単色アイシャドウ」の使い方 ◆スモーキーメイク方法!一重、奥二重、二重向けポイントつき♪ ◆美しい目頭切開ラインをつくる!上手な引き方のコツ♡ 作成者情報 肌らぶ編集部 キレイになりたいあなたに価値ある情報を提供する美容メディア「肌らぶ」編集部。

スキンケア・メイクを中心に、みなさまのキレイに寄り添った記事を日々執筆中。

肌のお悩みからコスメの最新トレンド情報までお任せください! ⇒肌らぶ編集部員一覧を見る メイク のトップに戻る

キーワード

  • アイシャドウ
  • 奥二重
  • アイライン
  • 目元
  • メイク
  • プチプラ
  • ブラウン
  • ポイント
  • アイライナー
  • まつ毛
  • 演出
  • まぶた
  • デパコス
  • 今回
  • 発色