美容

まつ毛をあげる方法は?自然に上がらない際のコツや代わりの道具を紹介

2019年07月21日更新
まつ毛をあげる方法は?自然に上がらない際のコツや代わりの道具を紹介

まつ毛をあげる方法は? まつ毛をあげる方法①ビューラーでしっかりあげる まつ毛をあげる方法1つ目は、ビューラーでしっかりあげることです。

マスカラを塗る前にまつ毛の根元からあげます。

この時に根元・中間・先端と3段階に分けて挟むと自然なカールになります。

無理に上へ上げようと引っ張ったり、何度も挟んだりするとまつ毛が切れたり、傷む原因になってしまうので、注意しましょう。

それでも、まつ毛が夕方になってくると下がってしまう、綺麗なカールをキープ出来ないというときは、下記のプロ直伝!ビューラーの使い方、長時間下がらないコツの記事を参考にしてみて下さい。

まつ毛をあげる方法②目頭や目尻は部分用ビューラーを使う まつ毛をあげる方法2つ目は、目頭や目尻は部分用ビューラーを使うことです。

少しずつ、自分の好きな部分をカールさせられるので、より自然なまつ毛に仕上がります。

だから、普通のビューラーじゃ、綺麗に上がりにくい目頭や目尻のまつ毛をあげるのに、ピッタリです。

まつ毛をあげる方法③ホットビューラーなら長時間綺麗にキープ まつ毛をあげる方法3つ目は、ホットビューラーを使うことです。

ホットビューラーとは、名前の通り、熱で温めながら、まつ毛をカールさせてくれるので、長時間綺麗にキープします。

まつ毛が下がりやすい人やまつ毛が短めの人、マツエクをしている人でも使えるのでおすすめです。

また、ビューラーだと無理に引っ張ったり、力が入りすぎてまつ毛にダメージを与えてしまいがちです。

しかし、ホットビューラーなら力を入れなくても熱の力でカールしてくれるので、まつ毛への負担も少なくてすみます。

先がコーム状になっているのが多いので、まつ毛を1本1本綺麗に上げられます。

まつ毛をあげる方法④カールキープ力の高いマスカラを使う まつ毛をあげる方法4つ目は、カールキープ力の高いマスカラを使うことです。

マスカラは、まつ毛の長さを長くするもの、ボリュームを出すものなど様々な種類があります。

中でもカールキープ力が高いものは、まつ毛を上へあげるのにおすすめのマスカラです。

下記の記事では、一重・奥二重の人に似合うマスカラの塗り方を紹介しています。

ぜひ、こちらの記事も参考にして、自分にピッタリのマスカラを探してみて下さい。

まつ毛をあげる方法⑤まつ毛パーマをする まつ毛をあげる方法5つ目は、まつ毛パーマをすることです。

プロの力を使って、まつ毛を上向きにカールさせます。

ビューラーで毎回引っ張らなくていいので、自まつ毛へのダメージも軽減されらさらに毎日のメイク時間も短縮できます。

しかも、まつ毛エクステよりもお手入れがしやすく、さらに比較的安価でやってもらえます。

また、まつ毛パーマは、およそ1ヶ月持ちます。

自分じゃ失敗して、どうしても上手くいかない人やすぐにまつ毛が下がって悩んでいる方にまつ毛パーマは、試してもらいたい方法の1つです。

【タイプ別】一重・奥二・二重の人が失敗しないまつ毛の上げ方のコツとは? 【一重・奥二重】失敗しないまつ毛の上げ方のコツ①専用のビューラーを使う 一重・奥二重の人が失敗しないまつ毛の上げ方のコツ1つ目は、一重・奥二重専用のビューラーを使うことです。

自分の目に合ったビューラー選びが大切です。

正しいビューラー選びのポイントは、目の幅とカーブです。

一重・奥二重の人は、ビューラーのカーブが真っ直ぐになったものや緩やかなカーブのものがおすすめです。

また、最近では一重・奥二重の人用としてビューラーが販売されているので、ビューラー選びに迷った時は、専用のビューラーを使って、自分に合うビューラーを探してみましょう。

【一重・奥二重】失敗しないまつ毛の上げ方のコツ②マスカラ下地を塗る 一重・奥二重の人が失敗しないまつ毛の上げ方のコツ2つ目は、マスカラ下地を塗ることです。

マスカラ下地にもいくつか種類がありますが、一重の人はカール効果のあるもの、奥二重の人は、ロング効果のあるものを選ぶのがおすすめです。

マスカラを塗る前にマスカラ下地をしておくことで、まつ毛が綺麗にキープできます。

また、トリートメント効果もあるため、自まつ毛をケアできます。

マスカラ下地を塗るだけでマスカラの仕上がりも変わってくるので、試してみる価値ありです。

どんなマスカラ下地がいいか悩んでいる方は、下記の記事も参考にしてみて下さい。

【二重】失敗しないまつ毛の上げ方のコツ③カールが深めのビューラーを使う 二重の人が失敗しないまつ毛の上げ方のコツ3つ目は、カールが深めのビューラーを使うことです。

二重の人は、アイホールのカーブが深い人が多いので、ビューラーもカールが深い方がフィットします。

根元からしっかり上げられるので、自分の目の形状に合うビューラーを選びましょう。

自然に上がらない際のコツとは? 自然に上がらない際のコツ①まつ毛が放射状になるようにあげる 自然に上がらない際のコツ1つ目は、まつ毛が放射状になるようにあげることです。

目頭と目尻の部分を外側へと向かってあげると綺麗で自然な仕上がりになります。

普通のビューラーであげてから、目頭と目尻の部分を部分用ビューラーであげてあげると良いでしょう。

一重の人や二重の人は、部分用ビューラーがおすすめです。

自然に上がらない際のコツ②ビューラーのゴムを定期的に替える 自然に上がらない際のコツ2つ目は、ビューラーのゴムを替えることです。

ビューラーを使った後、拭き取りをしていますか?実は、ビューラーが汚れた状態で使い続けると、まつ毛が汚れたり、綺麗にカールが出来ません。

使ったら、毎回拭き取りをして清潔にしましょう。

除菌ウエットティッシュを使うと目に雑菌が入るのを防げる効果があります。

また、定期的にビューラーのゴムを替えましょう。

ビューラーのゴムを2~3ヶ月に1度交換すると綺麗なカールが毎回できます。

自然に上がらない際のメイクのコツとは? 自然に上がらない際のメイクのコツ①目の周辺が乾いてからアイメイクをする 自然に上がらない際のメイクのコツ1つ目は、目の周辺が乾いてからアイメイクをすることです。

ベースメイクをしたあとすぐにアイメイクをしようとすると目の周辺が乾いていません。

乾いていない水分がある状態でまつ毛をあげようとしても、綺麗に上がりません。

まつ毛をカールさせるのに水分がある状態は良くありません。

ベースメイク後は、アイメイクするのではなく、チークやアイブロウなどを先にして、目の周りをできるだけ乾燥させてあげましょう。

自然に上がらない際のメイクのコツ②アイシャドウはパウダータイプを使う 自然に上がらない際のメイクのコツ2つ目はアイシャドウはパウダータイプを使うことです。

自然に上がらない際のコツ2つ目でも述べたようにまつ毛を綺麗にあげるためには、水分は大敵です。

クリームタイプのアイシャドウは、油分が多く含まれているため、まつ毛が下がってくる原因になります。

なので、特にまつ毛がすぐに下がってくる、下がりやすい人は、クリームタイプのアイシャドウよりパウダータイプのアイシャドウをおすすめします。

パウダータイプのアイシャドウは、薄く重ねづけするとまつ毛が下がらず、綺麗な状態をキープできます。

自然に上がらない際のメイクのコツ③ビューラーは温めて冷やすのW使い 自然に上がらない際のメイクのコツ3つ目は、ビューラーは温めて冷やすのW使いをすることです。

どういうことかというと、まずドライヤーでビューラーを温めてまつ毛をクセづけます。

そして、クセづけしたまつ毛をキープさせるのに冷やしたビューラーを使うのです。

ビューラーをドライヤーで温めるとまつ毛が短めの人も綺麗に上がります。

ビューラーを冷やす時は、冷蔵庫で1分ほど置いておくと良いでしょう。

温めてから冷やすことで、まつ毛のカールキープ力も長持ちします。

まつ毛が綺麗に上がらない時の代わりの道具は? 代わりの道具①まつ毛コーム Instagram まつ毛が綺麗に上がらない時の代わりの道具1つ目は、まつ毛コームです。

まつ毛が綺麗に上がらない原因の1つにまつ毛が変な方向に曲がっていたり、マスカラがダマになってしまったりしていることがあります。

そうなっていると、いくらまつ毛を上げても、綺麗にはなりません。

まつ毛コームを使えば、1本1本毛先まで綺麗にとかせます。

ビューラー、マスカラとセットで使うのがおすすめです。

まつ毛コームを使うだけで、簡単に美まつ毛になります。

代わりの道具②スプーン まつ毛が綺麗に上がらない時の代わりの道具2つ目は、スプーンです。

スプーンを人肌くらいに温め、スプーンのフチと指の腹でまつ毛を挟んであげます。

何回か繰り返し、毛先までいくと自然で綺麗なカールに仕上がります。

もっとまつ毛の根元からあげたいという人は、スプーンの丸くなっている背の部分をまつ毛の根元から押しあげると全体的に上にあがります。

代わりの道具③指ビューラー まつ毛が綺麗に上がらない時の代わりの道具3つ目は、指ビューラーです。

指ビューラーと言っていますが、指でビューラーのようにまつ毛をあげる方法です。

やり方は、まずマスカラをつけます。

次に人差し指をまつ毛にあてて上へあげます。

10~20秒あてていると良いでしょう。

ビューラーであげる時と同じようにまつ毛の根元、中間、毛先と3段階であげると綺麗にあがります。

指の体温がまるでホットビューラーのようになり、自然な仕上がりになります。

ビューラーでまつ毛が傷むのが気になると言う方にもおすすめの方法です。

まつ毛のあがる方法を試して自分にピッタリのやり方を見つけてみて! まつ毛のあがる方法や自然に上がらない際のコツや代わりの道具など詳しくご紹介してきましたがらいかがでしたか?知っているのと知らないとでは、まつ毛の上がり方や失敗せず、長時間綺麗な状態をキープできます。

ぜひ、試してみて自分のまつ毛に合うやり方を見つけてみて下さい。

キーワード

  • まつ毛
  • ビューラー
  • コツ
  • マスカラ
  • 綺麗
  • 自然
  • カール
  • 一重
  • 失敗
  • 道具
  • メイク
  • 奥二重
  • アイシャドウ
  • キープ
  • 上げ方