ファッション

大人の甘さは一つじゃない!気分に合わせて使い分けたい「4つの甘さ」

2019年07月23日更新
大人の甘さは一つじゃない!気分に合わせて使い分けたい「4つの甘さ」

甘い、フェミニン、とはよく使う言葉。

ですが実際には、ひと言では言い表せないたくさんのパターンがあるんです。

そこで今回は、大人世代に合う4つの甘さをご紹介。

今の気分に、自分らしさに、いろいろな甘さを使い分けて、ワンランク上の着こなしを手に入れましょう♪ フリルも凛と取り入れる「モードな甘さ」 リボンやフリルを媚びずに取り入れるなら「モードな甘さ」が最適! モデルさんはオフショルダーのブラウスとスキニーパンツという、甘めを軸にしながらも、モノトーンまとめでモードな仕上がりに。

ドット柄スカーフやフリンジのかごバッグなど、締めの小物でモード気分を盛り上げて。

クラシカルなワンピースで際立つ「レディな甘さ」 特別な日のデートなら「レディな甘さ」のワンピースが一番♪ モデルさんはノーブルなホワイトワンピースを、華奢なゴールドブレスレッドやパールアクセサリーでレディに仕立てています。

詰まった襟元や、袖ぐりの浅いノースリーブなど、上品さを意識したシルエットも華やかなシーンに適役です。

ショートパンツで漂う「グッドガールな甘さ」 好青年のような育ちのよさを感じさせるのが「グッドガールな甘さ」! モデルさん着用のようなショートパンツのトラッドカジュアルも、Tシャツとジャケットでヘルシーな好感度を添えて。

レザーのバッグやサンダルなど、崩し過ぎない小物使いも重要です。

またクルーネックカーディガンも、グッドガールのワードローブに欠かせません! ボーイッシュなコーデに甘さをプラスしつつ、夏の気温差対策にもお役立ち。

ヘルシーに仕立てる「レトロな甘さ」 カジュアルなシーンへのお出かけなら「レトロな甘さ」が今の気分♪ モデルさんはふんわり広がるスカートを、タンクトップで気負いのないスタイリングに。

ギンガムチェック柄の可愛さをスポーティにハズして、イノセントな甘さを醸し出して。

また、今季も熱いトレンドであるドット柄や小花柄のフレンチワンピースも「レトロな甘さ」にうってつけ。

クラシカルな小物でレトロな甘さを添えて、旬のおしゃれにアプローチするのも◎。

キーワード

  • レトロ
  • モデル
  • モード
  • グッドガール
  • レディ
  • 小物
  • ワンピース
  • ヘルシー
  • ショートパンツ
  • クラシカル
  • シーン
  • ドット
  • フリル
  • クルーネックカーディガン
  • フレンチワンピース