エンタメ

亡き父は晩年なぜ「ネット右翼」になってしまったのか政治

2019年07月25日更新
亡き父は晩年なぜ「ネット右翼」になってしまったのか政治
元号が変わって間もなく、父がこの世を去った。77歳。ステージ4の肺腺がんと告知されてから3年頑張ったが、どうしても口から飲み食いできなくなると、急速に痩せ衰えて逝ってしまった。 けれど、あまりにもすんなりと日常生活に戻れてしまう、映画や小説の中の「息子」のように父の死を哀しめない自分がいる。そんな自分に対して人として何か欠けたものをモヤモヤ感じつつ2度目の月命日を迎えたころ、わだかまりの輪郭がくっきりと浮き彫りになってきた。 晩節の父は、どうしてネット右翼的な思想に染まってしまったのだろうか? *** 速報パワハラ・暴行「石崎徹」議員に元秘書たちからの“Me Too...

キーワード

  • コンテンツ
  • ニッポン
  • 喪失感
  • 実家
  • テキスト
  • 時代
  • 右傾コンテンツ
  • 動画
  • ヘイト
  • 景色
  • 被害者感情
  • 息子
  • ネット