ライフスタイル

育児放棄(ネグレクト)の種類別の実例や、原因・対処法は?子どもへの影響についても解説

2019年08月01日更新
育児放棄(ネグレクト)の種類別の実例や、原因・対処法は?子どもへの影響についても解説
育児放棄(ネグレクト)とは?基準は?育児放棄とは、保護者が子どもをほったらかしにして必要な育児をしない状態のことです。育児怠慢やネグレクトとも呼ばれています。育児放棄の判断基準はいくつかありますが、保護者にそのつもりがなくとも、子ども自身が十分に育てられていないと感じた場合は育児放棄です。厚生労働省によると、育児放棄は「身体的虐待・精神的虐待・心理的虐待とならぶ虐待の1つ」とされています。ほかの3つが「子どもの心身に直接的な害を与える行動」であるのに対し、育児放棄は「子供どもに必要不可欠なものを与えず心身に間接的な危害を加える行動」です。育児放棄は軽い虐待ではなく、死に至る危険もあります...

キーワード

  • 子ども
  • 育児放棄
  • ネグレクト
  • 育児
  • 相談
  • 保護者
  • 影響
  • 可能性
  • 愛情
  • 子育て
  • 赤ちゃん
  • 虐待
  • 病気
  • 放置