ファッション

ユニクロとGUのコンセプトや特徴の違いは?パンプス・ジョガーパンツなど紹介

2019年08月08日更新
ユニクロとGUのコンセプトや特徴の違いは?パンプス・ジョガーパンツなど紹介

ユニクロとGUの関係や特徴・コンセプトの違いとは? ユニクロの特徴・コンセプト:流行に関係なく幅広い世代に向けて ユニクロは1984年に立ち上げられ現在までに至りますが、そのコンセプトは「あらゆる人が良いカジュアルを着られるようにする」ということです。

ユニクロの商品の特徴は「流行に左右されない、良質でベーシック」ということです。

ユニクロとは「老若男女の、子供からお年寄りまで全ての世代に向けたブランド」です。

正にその特徴であると言えるのがユニクロの衣料品のそのデザインは「シンプル」であり親しみやすく、機能性が高いということです。

GUの特徴・コンセプト:自由とトレンド性を重視し若者向けに GU(ジーユー)とは低価格のカジュアル衣料品のブランド名です。

その由来は「もっと自由に着よう」という同社のコンセプトの「自由」をアルファベットに置き換えたものです。

GUは若い世代向けのものであり、ファッションのトレンド性などを追及したカジュアルブランドです。

デザインは装飾的で、また値段が安く、機能性についてはユニクロと比べ低めとなっています。

GUの設立は2006年で、また2013年の春頃にロゴとして使われていたg.u.を大文字表記のGUに変更しました。

ユニクロと同じファーストリテイリング社の傘下に入っています。

同社の主力ブランドであるユニクロのノウハウを生かして、新ブランドとして立ち上げられています。

ユニクロとGUの特徴・関係とコンセプトの違い:年齢層・機能性・価格帯 ユニクロとGUは共に日本のファーストリテイリング社の傘下のブランドという関係ですが、特徴とコンセプトはそれぞれであり違います。

ユニクロの製品は機能性を重視する分、値段が高めです。

GUはユニクロと比べ低価格で、若い世代を中心に定着しました。

二つの違いについてですが、ユニクロの製品は「良質でベーシック」をコンセプトにしたブランドであり、GUは「若い世代に向けた、トレンド性を追求する」というコンセプトのブランドです。

GUは2009年春には「990円ジーンズ」を発売し話題になりました。

ユニクロとGUのパンプスとは? ユニクロのパンプス①チャンキーヒール ユニクロのパンプスは3種類ありますが、1つ目は「チャンキーヒール」と言います。

「チャンキーヒール」はヒール部分が太いつくりになっていて安定性があり、そして歩きやすくなっています。

ユニクロのパンプス②ポインテッドフラットヒール ユニクロの3種類のパンプスの2つ目は「ポインテッドフラットシューズ」というもので、靴の先がとがっています。

ヒールではなく、かかと部分が平らで高さはほぼないので、歩きやすい靴となっています。

ユニクロのパンプス③バレエシューズ ユニクロのパンプスの3つ目は「バレエシューズ」というもので、歩きやすい靴です。

こちらは、靴の先は丸くなっており、正面には細いリボンが付いています。

フラットであり、ヒールではありません。

GUのパンプス①マシュマロポインテッドパンプス GU(ジーユー)のパンプスでは、1つ目は「マシュマロポインテッドパンプス」があります。

こちらは、インソールのクッション性が高い製品となります。

また、こちらの製品はヒールが高く、サイズ展開は5mm毎と細かく作られています。

プチプラでそして多彩なカラーバリエーションが展開されています。

GUのパンプス②バックストラップパンプス Photo by GUのパンプスでは2つ目は、「バックストラップパンプス」です。

こちらは、ヒールは太くて高いものとなっています。

こちらの製品は、かかと部分にはベルトが付いています。

サンダルのようにひっかけて歩く仕様となっています。

ユニクロとGUのパンプスの商品の違い:種類・値段 パンプスについてユニクロとGUの製品の比較では、GUはユニクロよりもやや低めの価格設定となっているということです。

また、GUとユニクロではそれぞれのパンプスは、その特徴が被らないため異なる種類の商品です。

ユニクロとGUのジョガーパンツとは? ユニクロのジョガーパンツ:ドレープタイプが人気 ユニクロのジョガーパンツには「ドレープタイプ」というものがあります。

ユニクロのジョガーパンツでは特に「ドレープタイプ」が人気があります。

素材にはとろみ感があります。

ユニクロのジョガーパンツは毎日のシーンを問わずにコーディネートすることができます。

まず、ジョガーパンツとは裾の部分にリブの付いた、足元のスニーカー全体をきれいに見せるシルエットのパンツです。

男女ともに人気を集めています。

ジョガーパンツの種類は主にドレープタイプ・デニムタイプ・ドライストレッチタイプがあります。

GUのジョガーパンツ:種類が豊富にある GUのジョガーパンツは豊富なラインナップで5種類あります。

トラウザージョガーパンツ・スウェットイージーパンツ・デニムスウェットイージーパンツ・裏起毛デニムスウェットイージーパンツ・ワッフルスウェットイージーパンツの5種類でサイズ展開も豊富です。

また、ジョガーパンツとはその歴史をたどると、元々はジョギング用に作られたパンツでもあります。

そのシルエットは「テーパードシルエット」と呼ばれます。

裾に向かって細くなっているシルエットです。

ストレッチの効いた素材で作られることが多く裾部分はリブやゴム仕様となっています。

GUのジョガーパンツ①トラウザージョガーパンツ Photo by GUのジョガーパンツの1つ目はトラウザージョガーパンツです。

GUのトラウザージョガーパンツはメンズのもので、1本1,990円で買い求められます。

ベルトは要らず、ウエスト部分はゴムと紐の仕様となっています。

GUのジョガーパンツ②スウェットイージーパンツ GUのジョガーパンツの2つ目は、スウェットイージーパンツです。

GUのスウェットタイプのジョガーパンツは様々な場面で着まわすことができるということで人気があります。

その場面は部屋着や普段着、スポーツをする時などの場面であり多様です。

GUのジョガーパンツ③デニムスウェットイージーパンツ GUのジョガーパンツの3つ目はデニムスウェットイージーパンツです。

デニムスウェットイージーパンツというこちらのジョガーパンツはデニムライクなスウェットイージーパンツです。

こちらもGUの人気の商品で、毎日の着回しにお使いいただけます。

GUのジョガーパンツ④裏起毛デニムスウェットイージーパンツ GUのジョガーパンツの4つ目は裏起毛デニムスウェットイージーパンツです。

こちらのジョガーパンツは裏起毛のデニムライクなスウェットの生地で、シルエットはすっきりとしたテーパードシルエットとなっています。

寒くなってきた頃の季節に向いています。

GUのジョガーパンツ⑤ワッフルスウェットイージーパンツ GUのジョガーパンツの5つ目は、ワッフルスウェットイージーパンツです。

こちらのジョガーパンツはワッフル素材で作られています。

こちらはボトムスとして一枚で着ることもできますが、スカートなどで重ね着をするということもできます。

ユニクロとGUのジョガーパンツの違い:それぞれ種類が違っている ユニクロとGUのジョガーパンツはそれぞれタイプが違っており、その種類も様々なものになります。

GUのジョガーパンツはユニクロのジョガーパンツよりも若干ですが、ラインナップが多く展開されています。

レディースのジョガーパンツのおすすめコーディネートの関連記事のリンクを入れておきました。

コーディネートの参考例がとても多く載っていますので、ぜひご参考にしてみて下さい。

ユニクロとGUのTシャツとは? ユニクロのTシャツ:ラインナップが豊富にある・低価格 ユニクロのTシャツの分類は、大きく分けると長袖・半袖・七分袖の3種類になります。

一概にユニクロのTシャツといっても、ユニクロのTシャツのラインナップは非常に豊富です。

そちらは全部で20種類を超える程になります。

その中には無地やボーダーのみではなく「UT」というキャラクターや柄物などのグラフィックTシャツもあります。

ユニクロのTシャツの価格帯は790円から1500円程となっており、このようなTシャツの値段においては、GUとはそれほど大きく変わってはいません。

GUのTシャツ:ラインナップは豊富・低価格 GUのTシャツは、またロングスリーブTシャツやクルーネックTシャツなどラインナップは豊富になっています。

このGUのTシャツについての価格帯は990円から1,490円と低価格となっていて手に入りやすい価格設定となっています。

ユニクロとGUのTシャツの違い:ラインナップ ユニクロのTシャツとGUのTシャツの違いについては、ユニクロのTシャツがGUのTシャツよりも割とラインナップが多いということです。

どちらもグラフィックTシャツがあります。

ユニクロとGUでTシャツの価格設定においては、ほぼ違いはありません。

ユニクロとGUのダウンとは? ユニクロのダウン:高めの価格設定 ユニクロのダウンには、シームレスダウンパーカ・ウルトラウォームダウンロングコートの2種類があります。

シームレスダウンパーカは6,000円程ですが、ウルトラウォームダウンロングコートは12,900円と高めの設定になっています。

GUのダウン:コストパフォーマンスが良い GUのダウンはカラー展開が豊富となっています。

価格は7,000円程です。

軽くて暖かいつくりです。

ショート丈とロング丈の2種類があります。

こちらの製品は機能性が良く、コストパフォーマンスが良い製品です。

ユニクロとGUのダウンの違い:ユニクロは高機能・GUもコスパ良し ユニクロのダウンは高くて13,000円程ですが、GUのダウンは7,000円程でコストパフォーマンスが良いということが挙げられます。

ユニクロは機能性を重視しており、ユニクロのダウンは高機能であり値段に相応しい製品です。

ユニクロのダウンのおすすめコーディネートの参考記事をリンクとして入れました。

評判と口コミも載っています。

ご参考にして下さい。

ユニクロのウルトラライトダウンは自宅で洗濯することができます。

以下にその関連記事をリンクとして入れました。

その洗濯方法が詳しくご紹介されていますのでご参考になさって下さい。

ユニクロとGUのポロシャツとは? ユニクロとGUのポロシャツ:安くて種類が多め ユニクロのポロシャツでは、2019年版の「エアリズム」というポロシャツは4種類になります。

ワイドカラー・ボタンダウン・チェック柄・フルオープンの4種類になります。

ユニクロのエアリズムは、「ビジネスにもカジュアルにも」お使いいただけます。

スポーツのシーンにも使用して大丈夫です。

GUのポロシャツには、ドライポロシャツやドライラインポロシャツなどがあります。

GUのポロシャツですが、どちらの値段も税抜きで990円と、手に入りやすい価格設定となっています。

ドライラインポロシャツは、襟に2色のラインが入っています。

ユニクロとGUのポロシャツの違い:違いはあまり無くカラー展開は豊富 ユニクロのポロシャツとGUのポロシャツは、違いはあまり無くてどちらもポロシャツのカラー展開は豊富になっています。

GUのポロシャツについては、サイズについては「ビッグポロシャツ」という商品があります。

ユニクロのポロシャツには、ドライ天竺シャツカラーシャツ・エアリズムポロシャツまた、ウォッシャブルニットポロシャツといったものが展開されています。

GUのポロシャツには、ビッグポロシャツの他に、GUドライポロシャツ・パイルスキッパーポロシャツといったものが展開されています。

ユニクロとGUの違い・関係や商品について詳しく知ろう! GUは株式会社ファーストリテイリングの主力ブランドの「ユニクロ」のノウハウを生かして設立されました。

ユニクロとGUはそれぞれ特徴があり、コンセプト・年齢層・機能性・価格帯が異なります。

ここまで、ユニクロとGUのコンセプト・特徴の違いやその関係について詳しく紹介しました。

ぜひご参考の一つにしてみてください。

キーワード

  • ユニクロ
  • GU
  • ジョガーパンツ
  • シャツ
  • パンプス
  • ポロシャツ
  • 違い
  • コンセプト
  • 特徴
  • ダウン
  • ラインナップ
  • 豊富
  • 製品
  • 展開
  • 種類