エンタメ

暴力団、八百長、突然の引退……元妻が明かす“天才横綱”輪島大士の壮絶な真実

2019年08月09日更新
暴力団、八百長、突然の引退……元妻が明かす“天才横綱”輪島大士の壮絶な真実
かつて北の湖と一時代を築いた昭和の名横綱・輪島大士。昨年の10月に亡くなった彼の生き様を、元妻・中島五月氏のモノローグの形で綴った『真・輪島伝』が話題を呼んでいる。著者は2007年に「週刊現代」で大相撲の八百長疑惑を告発したノンフィクション作家・武田賴政氏。花籠親方(元幕内・大ノ海)長女である中島氏の視点で描かれる本書から、第3章「輪島との結婚と花籠襲名」の一部を特別公開! ◆◆◆ 輪島と広島共政会 輪島と広島の共政会との結びつきは、本人いわく最初は自民党のさる代議士からの紹介だったそうです。 共政会といえば、東映の『仁義なき戦い』でも描かれた広島抗争の一方のモデルとしてつと...

キーワード

  • 輪島
  • 結婚
  • 場所
  • 相撲
  • 花籠
  • 横綱
  • 山田会長
  • 田淵
  • 共政会
  • 引退
  • 金田
  • 興行
  • お付き合い
  • 披露宴