エンタメ

大友良英が『いだてん』に感じた、今の時代に放送される必然性

2019年08月13日更新
大友良英が『いだてん』に感じた、今の時代に放送される必然性
現在、絶賛放送中の『大河ドラマ「いだてん」』。オリンピックを背景に、明治から昭和までの時代を描く異色のドラマは、来年に迫る2020年の東京オリンピックとも共鳴して、「日本人はどこから来て、どこへ行くのか?」をスポーツを通して伝えようとしている。 そんな意欲作の劇伴を担当するのが、音楽家の大友良英。NHKでたくさんの楽曲を作ってきた大友は、すでに伝説ともいえる『連続テレビ小説「あまちゃん」』チームとともに、『いだてん』の音楽世界を作ろうとしている。感動の最終回に向けて、最後の作曲作業に打ち込む大友に話を聞いた。 宮藤官九郎に珍しく相談。『あまちゃん』“潮騒のメモリー”はこうして生...

キーワード

  • いだてん
  • 音楽
  • 大河
  • あまちゃん
  • オリンピック
  • 歴史
  • 大河ドラマ
  • 時代
  • 香港
  • ヨーロッパ
  • 日本
  • 大友良英
  • いま
  • 宮藤
  • 井上