ライフスタイル

春といえば何?物やゲーム・面白い行事や食べ物・動物やお菓子34選

2019年08月26日更新
春といえば何?物やゲーム・面白い行事や食べ物・動物やお菓子34選

【植物編】テーマが春といえばイメージできる物6選 春といえばイメージできる植物①桜 春といえばイメージできる植物の1つ目は、桜です。

春といえば桜だというのは一番しっくりくるかもしれません。

春になると咲く桜はやはり春のイメージにぴったりです。

春といえばイメージできる植物②チューリップ 春といえばイメージできる植物の2つ目は、チューリップです。

チューリップが咲いているのを見ると、『春が来たな』と感じる人が多いです。

春を代表する花と言えそうです。

春といえばイメージできる植物③ポピー 春といえばイメージできる植物の3つ目は、ポピーです。

ポピーは名前は聞いたことあるけれどもどんな花かは知らないという人も多いかもしれませんが、比較的春と聞いてイメージしやすい植物のようです。

春といえばイメージできる植物④たんぽぽ 春といえばイメージできる植物の4つ目は、たんぽぽです。

春になると黄色い花を咲かせて春らしさを演出してくれます。

ちなみにたんぽぽが綿毛になると夏をイメージするようになるようです。

春といえばイメージできる植物⑤マリーゴールド 春といえばイメージできる植物の5つ目は、マリーゴールドです。

あいみょんの曲としても使われて注目されている花ですが、春に咲く代表的な花です。

マリーゴールドが咲いてきたら春の真ん中くらいの季節だというイメージが強いようです。

春といえばイメージできる植物⑥梅 春といえばイメージできる植物の6つ目は、梅です。

梅雨の入りを入梅と言うくらいに、梅は春を告げる植物と言えます。

梅が咲いてくればそろそろ花見の季節だと感じる人が多いです。

桜とはまた違った梅の魅力がそこにはあります。

桜のピンクとは違う梅のピンクを見るために花見をしようとする人もいるほどです。

梅はまさに、春を連想させる植物と言えます。

【色編】テーマが春といえばイメージできる物3選 春といえばイメージできる色①ピンク 春といえばイメージできる色の1つ目は、ピンクです。

桜の色のイメージもあり、花びらの色のイメージもあり、春はさくら色という位ピンクのイメージが強いです。

よって、春と聞いてイメージできる色はピンクです。

ピンクは春色と言われることもあります。

春といえばイメージできる色②白 春といえばイメージできる色の2つ目は、白です。

春は透明感のあるイメージがあり、真っ白で後ろめたさのない印象が非常に春らしいイメージと重なるのです。

春から心機一転という言葉の通り、真っ白になってスタートするという点からも春のイメージは白です。

白というと雪のイメージもありますが、雪どけも白いイメージがあり、やはり春を連想させます。

白に関する夢を見た場合には以下の記事を参考にしてみてください。

春といえばイメージできる色③水色 春といえばイメージできる色の3つ目は、水色です。

澄み切った青空や朝顔の色をイメージした水色は春らしい色と言えます。

基本的にパステルカラーと呼ばれる色は、春の色という認識があるようで、水色も同様の春色ということになります。

【レクリエーションゲーム編】テーマが春といえばイメージできる物6選 春といえばイメージできるレクリエーションゲーム①ハイキング 春といえばイメージできるレクリエーションゲームの1つ目は、ハイキングです。

寒くもなく暑くもないちょうどいい気候の春は外に出かけるにはちょうどいい季節です。

手作りのお弁当を持って出かけましょう。

以下に六甲山のおすすめのハイキングのコースについての記事が掲載されています。

そちらも参考にしてください。

春といえばイメージできるレクリエーションゲーム②野草摘み 春といえばイメージできるレクリエーションゲームの2つ目は、野草摘みです。

面白い野草を探したり、山菜を摘みに出かけるのも楽しめそうです。

誰が一番採れるかを競争するのも面白いかもしれません。

きのこを採る場合には専門家に相談するようにしましょう。

春といえばイメージできるレクリエーションゲーム③いちご狩り 春といえばイメージできるレクリエーションゲームの3つ目は、いちご狩りです。

いちごのおいしい季節が春先です。

春のシーズンにはいちご狩りのツアーなどもたくさんあるので、おいしいいちごを思う存分堪能してください。

春といえばイメージできるレクリエーションゲーム④バーベキュー 春といえばイメージできるレクリエーションゲームの4つ目は、バーベキューです。

バーベキューは夏場のイメージも強いのですが、寒い冬が終わってそろそろバーベキューを始めようかというようなシチュエーションになることも考えられ、春のイメージにもなりました。

家族だけでバーベキューするのも面白いですが、友達や仲間たちと大人数でやるバーベキューも面白いです。

食材はせっかくなので春らしい食べ物だと盛り上がります。

例えば、タケノコや山菜などがおすすめです。

子供も楽しめる面白いレクリエーションと言えます。

春といえばイメージできるレクリエーションゲーム⑤サクラ大戦シリーズ 春といえばイメージできるレクリエーションゲームの5つ目は、サクラ大戦シリーズです。

大人から子供まで面白いとかつて大人気だったゲームやアニメです。

名前から春らしいゲームと言えそうです。

春といえばイメージできるレクリエーションゲーム⑥バードウォッチング 春といえばイメージできるレクリエーションゲームの6つ目は、バードウォッチングです。

春には様々な野鳥を目撃することができます。

そこで春にバードウォッチングをする人が多いです。

子供たちの教育のために一緒にバードウォッチングをするのも面白いかもしれません。

小さい頃から動物と触れ合える特別な機会とも言えます。

暖かくなってきた季節である春だからこそ、子供たちと一緒にバードウォッチングをするいい機会とも言えます。

つまり、バードウォッチングをすることは春を連想するキーワードになると言えます。

【生き物編】テーマが春といえばイメージできる物4選 春といえばイメージできる生き物①ちょうちょ 春といえばイメージできる生き物の1つ目は、ちょうちょです。

春先になると色とりどりのちょうちょが花の蜜を吸いにやって来ます。

春は色んな花が咲く季節であり、その花の蜜をちょうちょが吸いに来る季節でもあるのです。

つまり、ちょうちょは春を代表する生き物のイメージになるのです。

ちょうちょを見かけることで、温かくなってきたと実感する人もいるくらいです。

春といえばイメージできる生き物②蜂 春といえばイメージできる生き物の2つ目は、蜂です。

ちょうちょと同様に蜂も春を思わせる生き物です。

暖かくなるとちょうちょと同じように蜂も飛んできて花の蜜を吸います。

ちょうちょと違って可愛いイメージはありませんが、春のイメージがある生き物です。

春といえばイメージできる生き物③うぐいす 春といえばイメージできる生き物の3つ目は、うぐいすです。

「ホーホケキョ」という鳴き声は春の訪れを連想させます。

うぐいす色と聞くと緑色っぽい色を連想し、春らしさの象徴です。

うぐいすは春を告げる鳥とも言われています。

春といえばイメージできる生き物④メバル 春といえばイメージできる生き物の4つ目は、メバルです。

メバルを春を告げる魚と言われています。

春先によく獲れる点からもメバルは春のイメージの魚となっています。

メバルの煮つけを食べると『春だなー』と感じる人もいるようです。

【行事編】テーマが春といえばイメージできる物4選 春といえばイメージできる行事①お花見 春といえばイメージできる行事の1つ目は、お花見です。

春の行事として真っ先に思いつく行事です。

子供は団子やお菓子に夢中になり、大人はお酒に夢中になるのがお花見です。

みんながそれぞれ面白いことを話しながら、桜を愛で、お酒にお菓子に舌鼓をうちます。

面白い演芸を披露する場でもあるのでみんなで和気あいあいと楽しむことができます。

また、大人と子供が交流できる場でもあります。

ちなみに、夜桜を楽しむ花見は子供のイメージはなく、大人の面白い場所というイメージがあるようです。

春といえばイメージできる行事②ひな祭り 春といえばイメージできる行事の2つ目は、ひな祭りです。

大人よりも子供向けの行事と言えます。

面白い出来事があるというわけではありませんが、ひな祭りは特に女の子にとっては大事なイベントと言えます。

行事を行う時期からしても春の行事と言えそうです。

春といえばイメージできる行事③入学式・卒業式 春といえばイメージできる行事の3つ目は、入学式や卒業式です。

春は楽しいことや面白いことがたくさんある季節ですが、子供たちにとってはそれだけではありません。

入学式や入園式、または卒業式や卒園式がある季節でもあります。

卒業式や入学式を見かけると『春だなー』と感じる人が多いので、やはり春といえばイメージできる行事として入学式や卒業式が挙げられそうです。

春といえばイメージできる行事④ホワイトデー 春といえばイメージできる行事の4つ目は、ホワイトデーです。

バレンタインデーを春のイベントとイメージする人もいるようで、それよりも1ヶ月遅いホワイトデーは更に春のイメージがあると言えます。

大人よりも子供たちに馴染みの深いイベント行事と言えるかもしれません。

おいしい食べ物をバレンタインのお礼として女の子に返すイベントは春の大事な行事となっています。

【食べ物・お菓子編】テーマが春といえばイメージできる物7選 春といえばイメージできる食べ物①たけのこ 春といえばイメージできる食べ物の1つ目は、たけのこです。

春が旬の食べ物がたけのこです。

たけのこは新鮮であれば生で食べられます。

そして食べられる季節は春だけです。

これらのことを踏まえると、春といえばイメージできる食べ物として真っ先に挙げられる食べ物とも言えます。

たけのこは、生でもおいしいですが、やはり有名なのは天ぷらや煮物です。

若竹煮や土佐煮などがおすすめです。

春先の季節にはおいしい旬のたけのこを味わいたいものです。

醤油焼きもおいしいですよ。

春といえばイメージできる食べ物②ふきのとう 春といえばイメージできる食べ物の2つ目は、ふきのとうです。

天ぷらにするとおいしいふきのとうは春にしか食べられない旬の食べ物です。

子供には不人気のふきのとうは大人の味とも言えます。

天ぷらにしておいしくいただきましょう。

春といえばイメージできる食べ物③菜の花 春といえばイメージできる食べ物の3つ目は、菜の花です。

学校の給食でもたまに登場するので大人から子供まで親しみのある食材と言えます。

旬は春先なので、春の食べ物のイメージと呼べます。

辛子和えやお浸しにするとおいしいです。

春といえばイメージできる食べ物④キャベツ 春といえばイメージできる食べ物の4つ目は、キャベツです。

キャベツには春キャベツと秋キャベツがあり、春のキャベツには甘みが強いと言われています。

キャベツの旬は春なので食物繊維たっぷりの春キャベツを使った料理を作るのもおすすめです。

キャベツはベーコンと油揚げと一緒に油でさっと炒めて、塩昆布で味付けをするだけのシンプルな炒め物がおすすめです。

新鮮な春キャベツそのものの素材の味を存分に味わってください。

春といえばイメージできる食べ物⑤アサリ 春といえばイメージできる食べ物の5つ目は、アサリです。

春が旬のアサリは潮干狩りでも大人気です。

春をイメージできる魚介類と言われればあさりだと言えるでしょう。

ボンゴレのパスタやバター醤油で焼いたりみそ汁にするなど幅広い料理に使うことができます。

春といえばイメージできるお菓子①ひなあられ 春といえばイメージできるお菓子の1つ目は、ひなあられです。

春といえばひなまつりが挙げられます。

ひな祭りに食べるお菓子の代表がひなあられです。

ちなみに、ひなあられは関東と関西で味が違うので、食べ比べをしてみるのも面白いかもしれません。

春といえばイメージできるお菓子②お団子 春といえばイメージできるお菓子の2つ目は、お団子です。

『花より団子』という言葉があるように、お花見の時にはお団子がつきものです。

特に3色団子が一般的ですが、あえて色んな味の団子を持って行ってみんなでシェアして親交を深めるのもいいかもしれません。

【心境編】テーマが春といえばイメージできる物3選 春といえばイメージできる心境①出会いの季節 春といえばイメージできる心境の1つ目は、出会いの季節であるということです。

新しい出会いがあるのが春だと言われています。

学式や入社式など新しい区切りがスタートする季節でもあるので、春は出会いの季節だと言われています。

また、恋愛においても出会いの季節だと言われています。

特に大きな理由があるわけではないのですが、冬はカップルのイベントが多いので即席カップルが急増すると言われています。

そしてイベントがおわると別れてしまうカップルが多いです。

そこで、心機一転新しい春に次ぎの出会いを探そうとしている人が多いのです。

これらのことから見ても、春先は出会いの季節であるということが言えます。

春といえばイメージできる心境②温か 春といえばイメージできる心境の2つ目は、温かです。

春は寒い冬から抜け出した季節です。

現実ではまだまだ冷え込むような寒さが残っていることが多いですが、春というイメージだけを見た場合、温かいという印象が強いです。

また、春をイメージするだけで心が穏やかになります。

つまり、春をイメージする『温かさ』は、気温の『温かさ』だけでなく、心が温まる『温かさ』もあるということです。

春は綺麗な花が咲いたり自然豊かになる季節です。

そんな自然を見て癒されて、心も温かくなるのです。

春といえばイメージできる心境③爽やか 春といえばイメージできる心境の3つ目は、爽やかです。

前述したように温かい季節であり、心が和む季節が春です。

そうなると心が晴れやかですっきり爽やかになります。

春は心が穏やかになるだけでなく爽やかにもなる季節なのです。

心だけでなく季節も爽やかな季節です。

雪が降る寒い冬を越えて温かい穏やかな季節の春がやって来るのです。

人間以外の動植物にとっても爽やかで過ごしやすい季節と言えます。

爽やかな季節とは過ごしやすい季節とも言えるのかもしれません。

【嫌な事編】テーマが春といえばイメージできる物2選 春といえばイメージできる嫌な事①花粉症 春といえばイメージできる嫌な事の1つ目は、花粉症です。

過ごしやすく心も休まるいい季節だという認識が一般的な春のイメージだとは思いますが、花粉症の人にとっては辛い季節です。

花粉症は今では春を代表するものとなってしまっています。

特に花粉症の人にとっては、『また辛い季節がやって来た』とうんざりするかもしれません。

花粉症は一生付き合わなければならないので、花粉症の人にとってはできることなら来てほしくない季節かもしれません。

春といえばイメージできる食べ物②風が強い 春といえばイメージできる嫌な事の2つ目は、風が強いということです。

春は風が強い季節です。

春一番が吹くと気温も温かくなるなんて言われているほどに風がよく吹く季節です。

風が強いと髪の毛が乱れて嫌だと感じる人も多いのではないでしょうか。

春のイメージを知ろう! いかがでしたか?春をテーマにしたお題などについてジャンル別に紹介してきました。

今回の記事を参考にして、『春といえば?』というお題のゲームなどをしてみるのも楽しいかもしれません。

キーワード

  • イメージ
  • 季節
  • 食べ物
  • レクリエーションゲーム
  • 行事
  • 植物
  • 生き物
  • 子供
  • ちょうちょ
  • テーマ
  • お菓子
  • 大人
  • バードウォッチング