エンタメ

伝説のテニスプレーヤー・佐藤次郎選手の“投身自殺” 原因はまさかの「一夜の恋」だった

2019年10月06日更新
伝説のテニスプレーヤー・佐藤次郎選手の“投身自殺” 原因はまさかの「一夜の恋」だった
昭和年、世界に名を謳われたデ杯選手が、突如マラッカ海峡に投身自殺した。先輩の語るその真相――。 初出:文藝春秋臨時増刊『昭和の35大事件』(1955年刊)、原題「佐藤選手の投身自殺」(解説を読む) 庭球選手――佐藤次郎と言っても、昭和4、5年から9年に亘って活躍した選手であるから、若い世代の人達には馴染みの薄い名前であろう。本題に入る前に、一応、佐藤の経歴を略説して、彼の偉大さを御披露し、古い方方には当時の記憶を新たにして戴くことにする。 群馬県渋川中学を出て早稲田大学に入り、当時の学制で予科2年の頃から、既に、早大佐藤の豪球は斯界の話題の一つであった。大きなバック・スウィング...

キーワード

  • 佐藤
  • 協会
  • シンガポール
  • 昭和
  • 日本
  • 選手
  • テニス
  • 次郎
  • デ杯
  • 当時
  • ボロトラ
  • 布井
  • 佐藤選手
  • コシェー