ライフスタイル

【よれない・崩れない・つかない】最強のマスク化粧法を紹介!おすすめコスメも

2019年12月04日更新
【よれない・崩れない・つかない】最強のマスク化粧法を紹介!おすすめコスメも

マスクをしててもよれない化粧方法をご存知ですか?今回は、最強のマスク化粧法を紹介していきます。

マスク化粧についてや、マスク化粧のやり方などマスク化粧について様々紹介していくので、この機会に崩れない化粧法を覚えてチャレンジしてみましょう! メイク崩れを防ぐマスクの選び方は? ①自分の顔の大きさに合ったマスクを選ぶ マスク選びをする際に重要なのが、自分の顔の大きさに合ったマスクを選ぶ事です。

マスクの大きさが顔のサイズに対して大き過ぎると、マスクがズレやすくなりますので、メイク崩れしやすくなります。

また、小さすぎると、締め付けにより顔にマスクの紐の型が付いてしまったりと化粧がよれる直接の原因になってしまいます。

②鼻のラインに合わせやすいものを選ぶ マスクも多くの種類がありますが、鼻当ての部分に針金が入っているものであれば鼻にフィットしやすくなります。

また、鼻当て部分に針金が入っている事により、その部分が固定されます。

固定される事で口周りに空間ができ、リップや口紅がマスクに付いてしまうという事もありません。

③立体構造のマスクを選ぶ Photo by Paul Sableman 立体構造になっているマスクであれば、顔の表面にマスクがつかないので、マスクが顔に当たる事による化粧崩れも回避できます。

機能性も良いので、メイク崩れだけでなく、締め付け感もありません。

こちらに、マスク美人を作る裏ワザを紹介している記事がありますので、誰にでもできるコツをマスターしましょう。

マスクをする時の化粧のポイントは? ①ベースメイクはリキッドで薄く塗る事を意識する マスクをする際のメイクは、ベースメイクを薄く塗るというのがポイントです。

使用するファンデーションは、リキッドタイプのファンデーションを選び、厚塗り感が出ないように塗るというのを意識してください。

厚塗りにしてしまうと、どうしてもメイクがヨレやすくなってしまいます。

また、リキッドファンデをする前には、下地をしっかり塗りましょう。

そうする事により、落ちないベースメイクを作る事ができます。

使用する下地も、化粧崩れ防止下地を使用すれば、メイクが落ちにくいベースメイクに仕上げる事もできますので、マスクをする時だけ化粧崩れ防止下地を使用するというのもおすすめです。

こちらに、崩れにくいベースメイクのやり方について紹介している記事がありますので、化粧崩れの原因や落ちない・よれない化粧法を参考にしながら、簡単には崩れない化粧法を学びましょう。

②アイメイクはしっかり濃い目に作る アイメイクをいつもより濃い目に作る事で、マスクをしていてもしっかりメイクをしているように見せる事もできます。

マスクをすると、露出する部分というのは目元のみです。

見えている部分だけでもしっかりメイクをする事で、マスクをしていてもメイクの手を抜いていない、という事をアピールする事もできます。

また、マスクをしている時には基本的に露出している部分は、顔の上半分のみです。

その為、マスクから見えている目元を豪華に見せる事で、マスク美人に見せる事もできます。

マスクをしている時には、つかない・崩れない化粧法を学ぶのも大事ですが、マスクから見えている部分を意識する事も大事になってきます。

③アイシャドウはラメ入りを選ぶ アイシャドウは、ラメ入りで肌馴染みの良い色を選ぶというのがおすすめです。

マスクをしている時には、目元しか見えていないという事もあり、なるべく目立つ色合いのアイシャドウを選びましょう。

少し濃いかな、というくらいが目安となります。

④チークはマスクの上気味に乗せる チークは、マスクから見える位置に乗せるというのがおすすめです。

その為、いつもよりも上気味に乗せる事を意識しましょう。

マスクをすると、マスクとの摩擦によりパウダータイプのチークだと落ちやすくなります。

その為、クリームタイプのチークを選び、より密着感の高いチークを使用しましょう。

また、今では落ちない・崩れないティントタイプのチークもありますので、チークがヨレるのを防ぐ事もできます。

落ちない・よれない化粧法は、摩擦に強いメイクアイテムを使用するというのもポイントです。

ベースメイクのみならず、ポイントメイクにおいても落ちない化粧法やメイクアイテムを意識して選ぶようにしましょう。

マスクによる化粧崩れを防ぐ対策法は? ①メイク崩れ防止下地を使う 崩れないメイクを作る対策として、よれないベースメイクを作っていくというのは基本です。

その中でも一番要となるのが、化粧下地です。

下地がよれないものでなければ、どんなに崩れない・落ちないファンデーションを使っても、意味がありません。

崩れにくい化粧下地と言うと、夏用の下地を思い浮かべる人も多いでしょう。

しかし、今ではオールシーズン使用できる落ちない・よれないメイク下地も充実しています。

化粧が崩れないだけでなく、潤いを与えながら肌表面の水分バランスを保ってくれるようなアイテムも多くあります。

付けたての状態を長時間キープできる化粧下地を選ぶ事により、化粧が崩れにくいメイク法も簡単にできます。

②フィックススプレーを併用する マスクをしていてメイクが崩れやすくなるのは、マスクと肌の摩擦によるものがほとんどです。

その為、マスクをしなければならない状況である場合には、摩擦によるメイク崩れを防止できるようなミストを使うというのも対策法の一つです。

その中でもおすすめなのが、フィックミストです。

朝、メイクを完了した最後に、顔全体に5プッシュ程するだけでメイクが落ちにくくなります。

お昼休憩の化粧直しの時間にも使用できるように、携帯用ボトルもありますので、ニーズに合わせて使い分ける事もできます。

③化粧直しに無色のパウダーを使用する 無色のパウダーを使う、というのがおすすめです。

マスクを外した際に、マスクにファンデーションが付いてしまった、という経験がある人も多いでしょう。

化粧直しは、朝の状態にリセットできればOKです。

無色のパウダーであれば、塗るだけであっという間にリセットされます。

マスクをしていない状態であれば、物足りなさを感じるかもしれません。

しかし、マスクをしている状態であればシンプルな化粧法の方が化粧も崩れにくいので、おすすめです。

マスクに付いても目立ちにくくなりますので、化粧が落ちない・よれない化粧法をするにも最適です。

④ベースメイクの前の保湿はしっかり行う 保湿をしっかり目にする事で、マスクをした状態でも化粧がヨレにくくなります。

マスクによるメイク崩れが起きる原因には、乾燥による皮脂崩れが原因である事も多いものです。

その為、化粧水をメイク前に付ける事で、しっかり保湿すればヨレにくい状態を作る事も簡単です。

こちらに、乾燥肌対策におすすめのスキンケア対策や乾燥肌に効く化粧水の使い方を紹介している記事がありますので、化粧水で保湿しながらしっかり対策しましょう。

化粧が崩れないおすすめのマスク3選 ①KOWA:三次元マスク メイクが落ちにくいマスク ローズ KOWA 三次元マスク メイクが落ちにくいマスク ローズ Amazonで詳細を見る ほんのりハーブが香る三次元マスクのメイクが落ちにくいマスクは、ファンデーションがつかないプロテクト加工になっています。

口紅がつきにくい立体構造になっていますので、ファンデなどのベースメイクだけでなく、口紅などのポイントメイクにも効果的です。

三次元マスクのメイクが落ちにくいマスク 価格 ¥240 マスクサイズ 90mm×145mm 装着してると臭くなってくるマスクがありますが、これは大丈夫なのでリピしてます。

私は、耳も痛くならないです。

引用 : Amazon ②興和新薬:メイクがおちにくいマスク3+1 興和新薬 メイクがおちにくいマスク3+1 Amazonで詳細を見る プロテクトコートでファンデーション対策だけでなく、マスクを取ってもメイクがよれていないというのもマスク3+1の特徴です。

マウスバーが口周りを立体的に包み、口紅も付きにくいです。

また、皮膚にマスク跡が付きにくいソフトな肌当たりの紐を採用していますので、マスクの紐の型が付いてしまう心配も無用です。

メイクがおちにくいマスク3+1 価格 ¥439 マスクサイズ 11.6cmx1.3cmx19.5cm 仕事ではマスクできず通勤に使ってます。

普通のマスクだと顔に跡がついてしまうけどこのマスクはつかない!いいです!色も薄いピンクでかわいらしいです。

引用 : Amazon ③KOWA:メイクがおちにくいマスク×フランシュリッペ コーラスねこ KOWA メイクがおちにくいマスク×フランシュリッペ コーラスねこ Amazonで詳細を見る メイクが落ちにくいという機能はそのままに、使い捨てマスクでもデザイン性にこだわりたいという方におすすめなのがメイクがおちにくいマスク×フランシュリッペ コーラスねこです。

たくさんの猫がデザインされており、誰とも被らないマスクを探している方にもピッタリです。

また、鼻の形にピッタリフィットする形状になっていますので、メガネをしている方でも曇りにくく、呼吸も楽にできます。

メイクがよれない・つかないマスクなだけでなく、空気中の微粒子を寄せ付けないカットフィルターなど機能性も良い商品です。

なぜかこれだけは マスクの刺激によるニキビが できません! 本当におすすめです 柄もかわいいですし 引用 : Amazon こちらに、100均でも購入できるマスクを紹介している記事がありますので、化粧がつかない・おちないマスクの種類を探す際に、お得に購入したい方は100均の商品の中から探してみるというのもおすすめです。

マスクをする時におすすめのコスメ2選 ①マキアージュ:ドラマティックスキンセンサーベースEX マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベースEX 楽天で詳細を見る 美容液成分を配合しているドラマティックスキンセンサーベースEXは、保湿力に長けているので下地として使用できるのはもちろん、化粧崩れ防止にも最適なおすすめアイテムです。

まるで呼吸するかのような軽い付け心地で、過剰な皮脂やテカリによる化粧崩れも防止してくれます。

ドラマティックスキンセンサーベースEX 価格 ¥2,200 量 25ml これだけだと毛穴は隠れないなーと思いましたがファンデを塗って効果を発揮する商品でした! 綺麗に毛穴も隠れるしヨレもありません。

引用 : Amazon ②ディオールスキン:フォーエヴァー&エヴァーベース ディオールスキン フォーエヴァー&エヴァーベース Amazonで詳細を見る 16時間崩れないというのが魅力のフォーエヴァー&エヴァーベースは、塗るだけで肌がまるでヴェールに包まれているかのような仕上がりになります。

毛穴や肌の欠点をなくしながら、肌を均一な状態にしてくれる優れものです。

どんな肌色にも馴染むカラーですので、色ムラもカバーしながら明るい肌に導きます。

フォーエヴァー&エヴァーベース 価格 ¥5,720 量 30ml サラサラなテクスチャーと とても良い香りがします。

ベースが色付きだと ファンデーションも厚塗りにならないし、毛穴なども隠してくれます。

引用 : Amazon こちらに化粧崩れしない化粧下地を紹介している記事がありますので、対策法と併せてご覧ください。

化粧崩れしないコスメを使う事で、マスクによるメイク崩れを効果的に防止する事もできます。

その為、マスクを着用する時だけ化粧崩れ防止下地を使い、メイクがつかない対策をするだけでも高い効果が得られます。

マスクをする日は化粧が崩れないコツを駆使して化粧崩れを防ごう マスクで化粧がつかないコツは、化粧がよれない化粧下地を使うというのがおすすめです。

ファンデなどのベースメイクにこだわる事により、マスクをしても長時間、付けた直後の状態をキープする事も可能です。

また、マスクをする時には、化粧法にもこだわるというのも落ちない・よれないメイクには効果があります。

マスクによる化粧崩れ対策には様々な対策法や化粧法がありますが、マスク自体をメイクがつかないマスクに変えるというだけでも高い効果が得られます。

メイクがつかないマスクも多くの種類がありますので、今回紹介したおすすめのマスクを中心に、自分のニーズに合ったマスク選びをしてみましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

キーワード

  • マスク
  • メイク
  • 化粧
  • 化粧法
  • ベースメイク
  • ファンデーション
  • 使用
  • 化粧崩れ
  • 紹介
  • 状態
  • ドラマティックスキンセンサーベース
  • 下地
  • チーク