ヘアスタイル

パサつき髪がみるみる“ツヤ髪”に。美容師さんが実践【正しいヘアケア】3STEP

2020年01月20日更新
パサつき髪がみるみる“ツヤ髪”に。美容師さんが実践【正しいヘアケア】3STEP

出典: パサつき髪がみるみる“ツヤ髪”に。

美容師さんが実践【正しいヘアケア】3STEP 空気の乾燥が気になるこの時期は、スキンケアはもちろんヘアケアにも力を注ぐのが嗜み。

でも、肌に比べて髪の保湿ケアに注意を払っていない方も少なくないと思います。

そこでチェックしておきべきが、美容師さんたちも実践している“スキンケアと同行程”のヘアケア法です。

【STEP 1】頭皮ケア専用アイテムでしっかり“クレンジング”する まずはクレンジングで頭皮の汚れをきちんと落とします。

ディープクレンジングができるシーソルトや炭酸などを配合したクレンジング効果の高いアイテムを使い、頭をマッサージするように揉み込んで、しっかりと汚れを浮かせましょう。

頭皮クレンジング用のアイテムが手元にないならDIYするのもオススメ。

レシピは「オリーブオイル(大さじ1〜2)にレモン汁(大さじ1〜2)とシーソルト(大さじ2)を加えてよく混ぜる」だけ。

それを頭皮に塗布して数分放置して洗い流します。

また、その後のシャンプーは潤い成分がたっぷり配合されたアイテムを選ぶようにするのもポイントです。

【STEP 2】週2〜3回を目安に“ヘアマスク”or“ヘアオイル”を投入 シャンプーをしたらトリートメントというのがお約束ですが、できれば週2〜3回を目安にトリートメントではなく、より保湿効果の高いヘアマスクかヘアオイルを使用します。

保湿成分たっぷりの市販のヘアマスクやヘアオイルでOKです。

やり方はシャンプーした髪にヘアマスクまたはヘアオイルを毛先やカサつきのひどい場所に重ねて時間をおいて浸透(5〜10分程)させたら洗い流しましょう。

なお、シャワーキャップなどをかぶったりラップを巻くとより浸透効果が高まります。

【STEP 3】“ビタミン美容液”&“保湿スプレー”で美容成分を補充 最後の仕上げとして、スキンケアと同じように美容液をきちんと重ねます。

イチオシのアイテムが髪専用のビタミン美容液。

保湿はもちろんのこと、ダメージによるカラー落ちも防いでくれる効果も期待できます。

さらに日常生活の中でも乾いたら肌に吹きかけるミストのように、髪用の保湿スプレーを使用しましょう。

乾きを感じたらスプレーを一吹きを小まめに実践することで潤いをキープできます。

このようにヘアもスキンケアと道光帝できちんとした頭皮と髪をケアすることで、パサパサ乾燥した状態からツヤを纏った潤い満ちる髪へと生まれ変わっていきます。

頭皮や髪の乾燥に悩んでいる方は、ぜひスキンケア風の3STEPを早速取り入れてみてくださいね。

<top image出典:>

キーワード

  • ヘアケア
  • クレンジング
  • ヘアオイル
  • ヘアマスク
  • 実践
  • STEP
  • シャンプー
  • スキンケア
  • 美容
  • 美容液
  • 大さじ
  • トリートメント
  • 保湿スプレー
  • ビタミン
  • 頭皮