エンタメ

写真家・奥山由之が明かす、大学時代の“星の時間”という原点

2020年02月08日更新
写真家・奥山由之が明かす、大学時代の“星の時間”という原点
いま最も動向が注目される写真家といえば、奥山由之を措いて他にいない。 学生だった2012年に写真集「Girl」を刊行してデビュー以来、個展開催や書籍出版が相次ぐ。 美しくも儚く、繊細で情感豊かな写真は、不思議なほど人の胸を打つ。 雑誌撮影や広告を手がけることも多く、テレビCMや名だたる音楽家のミュージックビデオなど、映像作品におけるユニークな演出もよく知られる。 そんな奥山の作品を、いまなら東京渋谷「PARCO MUSEUM TOKYO(パルコミュージアムトーキョー)」で観ることができる。フラワークリエイター篠崎恵美(edenworks)とのコラボレーションでつく...

キーワード

  • 写真
  • 奥山
  • 奥山由之
  • かたち
  • Girl
  • 感情
  • 記憶
  • 祖母
  • いま
  • 写真家
  • シーツ
  • 何か
  • 大学
  • 具現
  • 距離感