美容

もう使っちゃダメ?《アイテム別》にコスメの使用期限を解説!期限後のトラブルも…

2020年02月14日更新
もう使っちゃダメ?《アイテム別》にコスメの使用期限を解説!期限後のトラブルも…

コスメの使用期限をご存知ですか?使用期限が切れたコスメは、肌トラブルを招くことがあるので注意が必要です。

この記事では、アイテム別にコスメの使用期限を解説いたします。

使用期限が切れたコスメを使うとどうなるかもご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

【未開封・開封済み】コスメの使用期限 ①未開封コスメは3年 未開封コスメの使用期限は、3年です。

開封すると酸化が早まり、使うことで雑菌の影響を受けやすくなるため、あくまでも未開封というのが前提です。

未開封のまま使用期限を過ぎてしまった場合、肌トラブルを避けるためにも処分することが大切です。

日本の薬機法では、製造した後3年以上品質が安定するコスメに対して使用期限の表示義務はありません。

そのため、賞味期限や消費期限がある食品とは違い、コスメには使用期限が表示されていないことが多いです。

薬機法では、未開封で3年品質の安定が保てないコスメに関しては、使用期限や製造日の表示義務があります。

コスメの使用期限の表示方法は食品のように「〇月〇日」と日付単位ではありません。

コスメの使用期限が3年未満のものに関しては、「〇年〇月」という風に月単位で表示されます。

いつ購入したかわからない未開封のコスメは、メーカに問い合わせるとロットナンバーから製造時期を特定し使用期限を判明することもできます。

②開封済みコスメは3か月~半年 開封済みコスメの使用期限は、3か月~半年です。

コスメの種類や質感により使用期限に差がありますが、開封済みのコスメはなるだけ早めに使い切るようにしましょう。

開封済みのコスメを使っている途中で、匂いに違和感を覚えたり肌荒れする場合は雑菌が繁殖している可能性があります。

その場合は、使用期限内であっても処分するようにしましょう。

開封済みのコスメは、保管状況や使用方法により劣化のスピードが変わってくるからです。

【ベースメイク】コスメの使用期限 使用期限①スキンケアは半年 スキンケアの使用期限は、半年です。

スキンケアは、コスメの中でも水分量が多いので雑菌の繁殖や品質の変化に気を付ける必要があります。

また、スキンケアにはオイルや美容成分が配合されているので、開封済みの場合は特に酸化による品質劣化にも注意が必要です。

開封済みのクレンジングや洗顔料など、お風呂場や洗面所に置いている人は多いと思います。

お風呂場は、特に湿気が多い場所です。

クレンジングや洗顔を使う度に、容器の中にも湿気が入りやすくなります。

ずっと置きっぱなしにすることは避け、半年以内に使い切るようにしましょう。

試供品でもらったローションや、美容液などのスキンケアアイテムをずっと持ったままにしていませんか?たとえ未開封であっても、水分豊富なスキンケアアイテムは使用期限が切れると腐敗や劣化を引き起こす可能性があります。

防腐剤が入っているから安心というのは、あくまでも使用期限内であることが前提です。

使用期限②ファンデは半年~1年 ファンデの使用期限は、半年~1年です。

ファンデの種類はさまざまです。

今流行りのクッションファンデやリキッドファンデ、クリームファンデは美容成分や水分量が多いのでパウダーファンデに比べ使用期限が短くなっています。

水分が多いと、雑菌が繁殖しやすくなるからです。

そのため、クッションファンデやリキッドファンデ、クリームファンデはできるだけ半年以内に使い切るようにしましょう。

スティックタイプのファンデはリキッドファンデに比べ、水分量が少ないですがオイルが多く含まれています。

そのため、酸化しやすいので注意が必要です。

スティックタイプのファンデも半年以内に使い切るようにしましょう。

パウダーファンデは水分量が比較的少ないため、ファンデの中でも使用期限が長めの1年となっています。

しかし、開封した後はできるだけ早めに使い切ることが大切です。

ファンデの使用期限 名称 使用期限 クッションファンデ 半年 リキッドファンデ 半年 クリームファンデ 半年 スティックファンデ 半年 パウダーファンデ 1年 【ポイントメイク】コスメの使用期限 使用期限①アイメイクは3カ月~1年 アイメイクの使用期限は、3カ月~1年です。

クリームやリキッドタイプのアイメイクは半年、パウダー状のアイメイクだと1年です。

アイメイクの中で最も気を付けなければならないのが、リキッドタイプのアイライナーやマスカラです。

リキッドタイプは、パウダータイプに比べ水分量が多いです。

そのため、リキッドタイプのアイメイクは雑菌が繁殖しやすくなります。

また、マスカラのブラシやリキッドアイライナーは目元の粘膜に密着することがあります。

アイメイクを塗った後、そのまま容器に保管するので品質低下に繋がりやすくなります。

マスカラやリキッドアイライナーの使用期限は3カ月と短めです。

ペンシルタイプのアイライナーの使用期限は、半年です。

アイメイクの使用期限 名称 使用期限 パウダーアイシャドウ 1年 クリーム・リキッドアイシャドウ 半年 マスカラ 3カ月 リキッドアイライナー 3カ月 ペンシルアイライナー 半年 使用期限②チークは半年~2年 チークの使用期限は、半年~2年です。

スキンケアやファンデは、直接素肌に付けるものです。

しかし、チークはほとんどの場合、ファンデを塗った上から付けます。

そのため、チークはお肌にダイレクトに触れる可能性が低いので、コスメの中でも使用期限が長めになっています。

しかし、リキッドタイプのチークや、クリームチークは水分やオイルが多く含まれているので注意が必要です。

柔らかいテクスチャーのチークは、できるだけ早めに使い切るようにしましょう。

パウダータイプのチークよりも、品質の変化が起きやすくなっています。

チークの使用期限 名称 使用期限 リキッドチーク 半年 クリームチーク 半年 パウダーチーク 2年 使用期限③リップは半年~1年 リップの使用期限は、半年~1年です。

未開封であれば3年は持ちますが、開封してからは早めに使い切りましょう。

なぜなら、リップは口元に付いた飲食物や唾液が付着しやすく、他のコスメに比べ雑菌が繁殖しやすいからです。

またリップには、オイルが豊富に含まれているため、酸化の影響も受けやすいため注意が必要です。

リップは、口元に付けるものなので知らず知らずのうちに口の中に入っているのが現状です。

コップやフォークなどに付着してリップが取れることもあります。

しかし、話したり食事をして口元を動かすうちにリップを食していることもあるのです。

リップを付ける女性は、一生で意識しないうちにリップを5本~10本食べてしまっています。

使用期限切れのリップは、唇の荒れを招くだけでなく健康にも悪影響を与えます。

たとえ使用期限内であっても、変な匂いがしだしたら使用を控え処分するようにしましょう。

使用期限切れコスメのトラブルは? トラブル①肌荒れを招く 使用期限切れコスメを使うと、肌荒れを招くことがあります。

使用期限切れのコスメがお肌に与える悪影響について、イギリスにあるメトロポリタン大学の研究結果として発表されています。

なんと、使用期限が切れたコスメだけでなく、使用期限が近いコスメも肌荒れを招く可能性があるのです。

さらに恐ろしいことに、使用期限切れのコスメはニキビや肌荒れを引き起こす原因になるだけではありません。

使用期限が切れ、バクテリアや雑菌が繁殖したコスメは体調不良も引き起こすのです。

コスメは、お顔に付けるものなので目や鼻、口など身体の中に雑菌が侵入しやすくなっています。

美肌と健康のために、使用期限が近いコスメや使用期限切れのコスメは使わないように気を付けましょう。

トラブル②美肌ケアを阻害する 使用期限切れコスメを使うと、美肌ケアを阻害するというトラブルを招きます。

コスメは美しくなるために使うものです。

しかし、使用期限が切れ品質が落ちたコスメを使うと、お肌のトラブルを引き起こす原因になります。

シミやシワをケアするために、一生懸命スキンケアをしても使用期限が切れたものだと逆効果になることがあります。

使用期限切れのコスメは、酸化や雑菌などの影響により品質が安定していないことがあります。

そのため、お肌に多大なストレスを与えシミやシワの原因になってしまうのです。

コスメの保管ポイントは? ここまで、コスメの使用期限や期限切れコスメのトラブルについてご紹介いたしました。

コスメで美しさを演出するためには、使用期限を意識するだけなく保管方法も大切です。

保管①風通しの良い場所 コスメを保管する際のポイントは、風通しの良い場所に置くことです。

未開封でも通気性の良い場所に保管するようにしましょう。

風通しが悪く高温多湿の場所に保管すると、コスメの酸化や雑菌の繁殖が進みやすくなります。

また、クリーム状や乳液タイプのコスメは冷蔵庫での保管に適していません。

冷蔵庫と室内の温度差により、分離することがあるからです。

コスメを冷蔵庫保管すると、たとえ未開封であっても温度差が原因となり品質が落ちることがあります。

コスメの品質が落ちてしまうと、雑菌が繁殖しやすくなったり酸化を加速させる可能性があります。

コスメの品質を保つためにも、温度差があまりない風通しの良い場所での常温保管が望ましいです。

保管②直射日光を避ける コスメを保管する際のポイントは、直射日光を避けることです。

直射日光が当たる場所に保管すると、コスメの温度が上がってしまいます。

蓋を閉じた状態で直射日光に長時間当たることで、コスメの品質だけでなく容器にも悪影響を与えます。

直射日光に当たり高温になることで、容器からコスメが液漏れすることもあるのです。

また、酷い時には容器が破損することもあるので注意しましょう。

室内の窓際や、駐車中の車内などは直射日光に当たりやすい箇所です。

窓際や車内にコスメを保管したり、置きっぱなしにすることは避けましょう。

保管③コスメ道具を清潔に保つ コスメを保管する際のポイントは、コスメ道具を清潔に保つことです。

コスメが劣化する主な原因は、酸化と雑菌の影響を受けることです。

私達人間の身体には、さまざまな菌が付着しています。

それぞれの菌がお肌や体内の中でバランスを保つことで、美肌や健康をサポートしているのです。

しかし、人間のお肌からコスメ道具に付着した菌は、雑菌になるので注意が必要です。

唇にチップでグロスを塗った後、そのまま容器に戻していませんか?グロスのチップに唇の菌が付着した状態で保管すると、雑菌となりコスメを劣化させる原因になります。

また、ファンデを塗るパフやメイクブラシも注意が必要です。

お肌の菌が付着するので、パフやメイクブラシは雑菌が繁殖しやすくなります。

チップやパフ、メイクブラシを使った後はティッシュで拭き取りましょう。

また、洗うことが可能なコスメ道具は定期的に洗いしっかりと乾かすことが大切です。

水分量が多いコスメほど、雑菌が増えやすくなるので気を付けましょう。

コスメの使用期限を知って肌トラブルを回避しよう! コスメで美しさを引き出すには、使用期限を守ることが大切です。

未開封や開封済みにより使用期限は変わってきますが、購入した後はできる限り早めに使い切ることが大切です。

美肌に導くスキンケアや魅力的な目元や口元を演出するコスメでも、使用期限が切れてしまうと肌トラブルの原因になります。

使用期限の切れたコスメは、なるだけ早めに処分することが大切です。

コスメの使用期限は、種類や質感により違います。

スキンケアやファンデ、アイメイクやチーク、リップなどそれぞれのアイテムごとに使用期限を守って使うことが大切です。

コスメの使用期限を知って、肌トラブルを回避しましょう。

こちらの記事では、「出来れば使いたいけど…アイシャドウの使用期限について解説!期限後に使うと…?」や「そのマスカラもうヤバくない?マスカラの使用期限について|期限後の使用はNG」についてご紹介しております。

アイメイクトラブルを回避する参考になりますので、ぜひご覧ください。

つぶやく シェアする LINEで送る 商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

キーワード

  • コスメ
  • 使用期限
  • 雑菌
  • 半年
  • ファンデ
  • 保管
  • リップ
  • 開封
  • 使用
  • 期限
  • チーク
  • 品質
  • アイメイク
  • 繁殖
  • トラブル