ライフスタイル

転職直後の悩み。「女子グループの輪」に入るには #お仕事ハック

2020年02月18日更新
転職直後の悩み。「女子グループの輪」に入るには #お仕事ハック

今回は「女子グループの輪に入れない」という女性のお悩みに、コラムニストのヨダエリさんがアドバイス。

すでにグループができてしまっている……。

女性が新たな場所に入っていく際、ある程度は避けられない問題かもしれません。

では、輪に入るにはどうすればいいか。

結論から言うと、話しかけるしかないです! 「世代とポジションが近い人」から攻めよう! 話しかける勇気がないとのことですが、なんの脈絡もなくいきなり話しかけることをイメージしているからではないかと。

それは誰にとってもハードルが高いと思います(笑)。

ではどうすれば? 自然と話ができそうな相手に話しかければいいのです。

具体的には、自分と世代やポジション(仕事の内容や役職)が近い人から攻める! これをおすすめします。

職場で会話の中心になるのは仕事。

業務内容や立場が似ていれば話す頻度も高くなり、さらに世代も近ければ、共通項も多く話しやすいですよね。

たとえば、あなたと年が近く、同じ仕事を担当するAさんがいるとします。

まずは、「ちょっとわからない点があって。

聞いてもいいですか?」と話しかけましょう。

「ああ、それは……」とAさんが説明してくれたら、お礼を伝えたあと「安心したら、お腹すいてきました(笑)」とひと言。

「お腹すいた」は、誰もがなごむミラクルワードです。

空腹は万人に共通する欲求だからかもしれません。

で、Aさんがフフッと笑ったところで、「Aさんって、BさんやCさんといつも一緒にランチ行ってますよね。

どのへんに行ってるんですか?」と質問。

「○○とか△△とかですかね」とAさんが答えたら、「どっちも知らないです! 明日一緒に行ってもいいですか?」とお願いする。

……たぶん、これで連れて行ってもらえます。

全メンバーによる決議が必要でなければ(笑)。

提案するお店は「予算800円」がベスト ちなみに、BさんとCさんに言及したのは、「グループで行っているのは知ってます。

その上で仲間に入れてほしいんです」と示すためです。

そして、「今度一緒に」では実現しない可能性があるので、「明日」「今日」など具体性を持たせることが大事。

もしAさんが「最近ランチがマンネリで」と言ったら、「私、気になってるお店が!」と自ら店を提案してもいいかと。

その場合は、ランチ予算800円程度の店に行くのが無難です。

細かいですが(笑)、リスクヘッジとして。

Aさんのグループが1000円越えの店を好む場合でも、逆に激安ランチを好む場合でも、「金銭感覚が合わない」と誘われにくくなるのを防止できます。

ランチ中は、仕事以外の話をすることも忘れずに。

ハマっているドラマなど、とっつきやすい話題で自己開示をすれば、相手も自己開示しやすくなり距離が縮まります。

仕事のやりとりの時点で「Aさんに好かれてないかも?」と感じた場合は、もちろん無理に誘う必要はないです。

合わない相手がいても、それは仕方ないので、気にしないこと。

グループが何組かできる程度には人数がいるのだから、気が合う人も必ずいますよ! (文:ヨダエリ、イラスト:黒猫まな子)

キーワード

  • 仕事
  • グループ
  • 世代
  • ランチ
  • ポジション
  • ヨダエリ
  • 女子グループ
  • 自己開示
  • 予算
  • お店
  • 提案
  • 明日
  • お腹
  • リスクヘッジ