美容

あの大人気韓国グルメがおうちで手軽に楽しめる!ぷちぷちもち麦入り参鶏湯風スープ

2020年02月22日更新
あの大人気韓国グルメがおうちで手軽に楽しめる!ぷちぷちもち麦入り参鶏湯風スープ

冷え込む日には具だくさんスープでほっこりおうちごはん春が近づいてきましたが、まだまだ冷え込む日もあり、食卓に温かい料理は欠かせませんね。

スープも具材も一緒に楽しめる具沢山なスープは、一皿でいろいろな栄養も取れるのがうれしい一品。

今回は、手羽先を入れてボリュームたっぷりの参鶏湯風スープを作りたいと思います。

手羽先からスープに旨みが出て、煮込んだ手羽先はほろっと崩れる柔らかさです。

だしには昆布を使い、味付けは塩だけ。

シンプルですが、鶏と昆布の旨みが溶け合って、とてもおいしいスープができます。

メインの具材に、大根も使いました。

柔らかく煮えた大根はさっぱりとして、飽きずに食べられます。

他には、もち麦、クコの実、松の実をいれて、参鶏湯風に仕上げます。

もち麦は腹持ちも良く、この一杯だけで朝ごはんやランチにもなりますよ。

もち麦についてもち麦は、大麦の一種で、もちもちした粘りのある麦。

スーパーなどで手軽に手に入ります。

ぷちぷちとした食感があり、白米に混ぜて炊く他、スープに入れたり、茹でてサラダにしてもおいしい食材です。

食物繊維が豊富で、腸内環境を整えてくれるだけでなく、糖質の吸収を抑えるなど、美容や健康にさまざまな効果があるそうです。

さあ、材料がそろったら、早速スープを作りましょう。

参鶏湯風具だくさんスープのレシピ材料(2人前)手羽先 4本大根 10cm長ねぎ(青い部分) 1本分もち麦 50g生姜 1片昆布 15cm日本酒 大さじ2塩 小さじ1/2水 2カップ松の実 小さじ2クコの実 小さじ1小ねぎ(小口切り) 適量香菜 お好みでラー油 お好みで作り方① 鍋に昆布と水を入れて30分以上つけておく。

② 大根は皮をむき、厚めのいちょう切りにする。

生姜は皮つきのまま薄切りにする。

③ 手羽先は水で洗って関節で切り落とし、骨にそって切り込みを入れる。

④ 昆布をいれた鍋に、大根、手羽先、長ねぎの青い部分、生姜、日本酒を入れて火にかけ、沸騰したら、昆布を取り除く。

アクをとり、ふたをして15分煮る。

⑤ 長ねぎと生姜を取り出し、もち麦は洗わずそのまま入れる。

軽く混ぜて、松の実、塩を入れ、ふたをして20分煮る。

⑥ クコの実を加え、塩で味を調える。

⑦ 盛り付けて、小口切りにした青ねぎや香菜、ラー油、おろし生姜や千切りの生姜(分量外)などを加える。

素材のうまみが溶け合ったスープは体に染み渡るおいしさで、食べ応えも満点です。

昆布の代わりに昆布茶を使ってもOK。

その場合は、昆布茶小さじ1を煮込むときに加え、塩の分量を加減して調えてください。

柔らかく煮えた大根にもジューシーで美味。

レシピには入れませんでしたが、長ねぎを一緒に煮てもとろりとしておいしいですよ。

煮込む時間はかかりますが、面倒な手間はなく、手軽な材料だけでおいしい一品になります。

あらかじめ手羽先を煮ておいて、食べるときにもち麦を加えて仕上げれば、あまり時間をかけずに支度ができますよ。

素材のおいしさがたっぷり楽しめる手羽先と大根の具沢山スープ。

ぜひお試しください。

キーワード

  • スープ
  • 手羽先
  • 大根
  • 昆布
  • 生姜
  • 参鶏湯
  • 小さじ
  • クコ
  • 手軽
  • もち麦
  • 具だくさんスープ