美容

夏にマスクはあり・なし?気をつけるべき点と快適にするための対策も紹介!

2020年03月13日更新
夏にマスクはあり・なし?気をつけるべき点と快適にするための対策も紹介!

夏のマスクは、蒸れや暑さが気になりますよね。

お肌や健康を考えた上で着用するようにしましょう。

この記事では、夏のマスクで気をつけるべき点や、快適にするための対策をご紹介しています。

夏のマスクは、ありかなしか理由も知ることができます。

ぜひ、参考にしてみてください。

【つける理由・意味は?】夏にマスクはあり ①スッピン隠しができる 夏にマスクをつける理由は、すっぴん隠しができるからです。

鼻と口元を隠すことができるマスクは、すっぴんをカバーすることができます。

ゴミ出しや、近所にちょっと買い物に出かける時にマスクがあると便利です。

すっぴん隠しの意味でマスクをつける女性は多いです。

「すっぴんを見られるのが恥ずかしい」と感じる人は、夏でもマスクを着用します。

マスクをして暑いことよりも、すっぴんを隠すことに重きを置いているからです。

すっぴんで涼しい思いをするよりも、暑いと感じてもマスクで隠したいと考えています。

「メイクをする時間が無い」「急に外出することになった」という時に、マスクをつけてすっぴんを隠します。

周囲にマスクをつけておかしいと思われるよりも、とにかくすっぴんを見せたくないという人がマスクをします。

②紫外線対策になる 夏にマスクをつける理由は、紫外線対策になるからです。

美容意識が高い人は、紫外線対策という意味で夏でもマスクをつけます。

紫外線対策には、日焼け止めや日傘が効果的です。

しかし、日焼け止めは汗をかいたら塗り直しをする必要があります。

また、日傘は多くの人が集まる場所では邪魔になる可能性があります。

日焼け止めの塗り直しや日傘がさせない時は、UVカット機能がついたマスクが効果的です。

UVカットの帽子は、上から照り付ける紫外線に効果があります。

しかし、照り返しやさまざまな角度から反射する紫外線を防御することはできません。

UVカット機能がついたマスクがあれば、照り返しに有効です。

また、さまざまな角度から反射する紫外線を防御することができます。

直射日光を防ぐので、涼しいと感じる人もいます。

老化の原因の8割は、紫外線がもととなる光老化です。

紫外線は、シミやシワの原因になります。

美容の観点から、紫外線対策をするために夏にマスクをつける人もいます。

【つけない理由・意味は?】夏のマスクはなし ①蒸れて化粧がヨレる 夏にマスクをつけない理由は、蒸れて化粧がヨレるからです。

化粧を綺麗に保ちたいという理由から、夏にマスクをつけない人もいます。

マスクをすると、鼻と口元をしっかり覆うため蒸れやすくなります。

蒸れは、化粧崩れの原因になります。

化粧が蒸れて気持ち悪い思いをしたくない人は、マスクをしません。

マスクをつけていても、食事の時は外します。

その時、化粧がヨレていては恥ずかしいと感じる人もいます。

デートや仕事中に食事をする時、化粧直しをする時間がない場合もあります。

マスクを外して化粧がヨレた状態で、食事を誰かと共にするのは辛いことです。

美しく魅せるための化粧をしているのに、マスクでヨレたら意味がないと考えて夏につけることを避けます。

化粧を維持するという意味で、夏にマスクをつけないのです。

化粧をいつもしっかりする人にとって、夏にマスクをつける人はおかしいと感じるようです。

②汗をかいて気持ち悪い 夏にマスクをつけない理由は、汗をかいて気持ち悪いからです。

夏は、強い日差しと蒸し暑さで何もしていなくても汗が出ます。

マスクをつけると、さらに暑いと感じ汗をよりかきやすくなります。

汗をかいても、すぐにお風呂に入ったりシャワーを浴びることができたら快適です。

しかし、学校や仕事などで、すぐに汗を洗い流せないことが多いのではないでしょうか。

汗をかいて気持ち悪いと感じる時間が長くなると、とても不快です。

暑い夏に少しでも快適に過ごしたいと考える人は、マスクをつけません。

マスクをしない方が涼しいのに、夏につける意味がわからず「おかしい」と感じる人もいます。

こちらの記事では、鼻のメイクが落ちにくいマスクについてランキング形式でご紹介しています。

マスクをしてもメイクが崩れにくい化粧品についても知ることができますよ。

ぜひ、参考にしてみてください。

【周囲にどう思われている?】夏のマスク ①健康のためならOK 夏のマスクは、健康のためならOKと考えている人が多いです。

もともと、マスクは健康を保つサポートをするアイテムです。

そのため、夏に健康目的でマスクをつけることに抵抗を感じない人がほとんどです。

妊娠中の病気予防で季節を問わずマスクをつける人もいます。

また、運動力や歌唱力アップ目的で、肺活量を鍛えるためにマスクをしている人もいます。

健康上の理由なら、夏にマスクはおかしいと感じる人はほとんどいません。

こちらの記事では、敏感肌向けの肌に優しいマスクや、喉が潤う保湿マスクについてご紹介しております。

洗えるマスクや、繰り返し使えるタイプについても知ることができますよ。

ぜひ、参考にしてみてください。

②夏にマスクはおかしい 夏にマスクはおかしいと思う人もいます。

コンプレックス解消という理由で、夏にマスクをつけている人に対しておかしいと感じるようです。

すっぴんを隠す意味ではなく、自分に自信がないという理由からマスクをつける人がいます。

夏につけると蒸れるマスクを、健康上の理由以外でつけることに不信感を持つようです。

寒い季節になると、マスクをつける人がいても違和感を感じません。

風邪や予防でつけていると想像できるからです。

マスクには、もともと保温効果があります。

寒さから守るためにマスクをつける人もいます。

夏は、できるだけ涼しい思いをしたい人がほとんどです。

夏にマスクをしていない方が、涼しいと思います。

つけたら熱く感じるマスクを、夏にしていることに不信感を感じる人もいます。

また、夏は寒い時期に比べ風邪をひく人が少なくなります。

そのため、暑い夏にマスクをつけることに対しておかしいと感じる人もいるのです。

【気をつけるべき点は?】夏のマスク ①ニキビやあせもに注意 夏のマスクは、ニキビやあせもに注意しましょう。

マスクには、鼻や喉を潤すために加湿効果があります。

そのため、マスクをつけるとどうしても蒸れるのです。

お肌が長時間蒸れる状態が続くと、ニキビやあせもができやすくなります。

人は、暑いと感じると汗を出し身体を冷やそうとします。

マスクは、口元を覆うのでどうしても熱がこもりやすくなります。

そのため、汗が増え蒸れるのです。

蒸れることで気持ち悪いと感じたら、タオルで拭くようにしましょう。

蒸れることを放置したままにすると、雑菌の元となります。

健康や美容目的でマスクをつけても、雑菌により効果が落ちてしまうこともあります。

マスクを外したら、汗を洗い流して清潔な状態を保つようにしましょう。

②付け替えが必要 Photo by Esparta Palma 夏のマスクは、付け替えが必要です。

マスクには、保湿効果があります。

そのため、夏にマスクをつけると、汗で蒸れるので汚れやすくなります。

マスクが汚れると、健康やお肌に良くありません。

快適に過ごすためには、付け替えることが大切です。

朝から1日中同じマスクをつけっぱなしにするのは控えましょう。

マスクが蒸れることで気持ち悪いと感じたら、こまめに付け替えることが大切です。

少なくとも1日1~2回はマスクを付け替えるようにしましょう。

ランチの時にマスクを外したら、新しいものをつけることが望ましいです。

付け替えることで、蒸れの気持ち悪い不快感から解放されます。

蒸れのない新しいマスクをつけると、少し涼しいと感じ快適に過ごすことができます。

【快適に過ごす対策は?】夏のマスク ①接触冷感繊維のマスクを使う 夏は、接触冷感繊維のマスクを使うのがおすすめです。

高温多湿で暑い夏に、マスクで口元を覆うとさらに暑いと感じます。

暑いと感じることは、蒸れることに繋がります。

接触冷感繊維は、触れると冷たく感じる効果があります。

そのため、汗の量が減り蒸れる不快感から解放されます。

夏のマスクは蒸れて気持ち悪いと感じたら、接触冷感繊維のものを選んでみてください。

通常のマスクよりも、涼しいと感じる効果があるのでおすすめです。

②マスクスプレーを使う 夏のマスクは、マスクスプレーを使うことで快適に過ごすことができます。

マスクスプレーは市販のものもありますが、手作りすることもできます。

アロマテラピーに用いる精油のペパーミントが、マスクスプレーにおすすめです。

精油は、植物のエキスが濃厚に抽出されたものです。

直接触らないように気を付けましょう。

ペパーミントは、爽快感がある香りです。

マスクスプレーにすることで、涼しいと感じることができます。

蒸れた匂いで気持ち悪く感じる人にも、ペパーミントがおすすめです。

ペパーミントには、デオトラント作用があります。

匂いをケアできる効果で、快適に過ごすことができます。

マスクスプレーの作り方はとても簡単です。

スプレー容器に、精製水40㎖と無水エタノール10㎖を入れます。

ペパーミントオイルを10滴垂らしたら、スプレー容器を閉じ、よく振ったら出来上がりです。

精油を10滴にする意味は、濃度を1%にするためです。

お肌に触れるものは、1%以下にする必要があります。

POINT 手作りマスクスプレーの使用期限 精油は、植物のエキスでできています。

水と混ぜてスプレーを作ることで、劣化しやすくなります。

マスクスプレーを手作りしたら、1~2週間で使い切るようにしましょう。

暑さや蒸れ対策をして夏のマスクを快適に過ごそう! 夏にマスクをつけるのは、寒い季節に比べ抵抗がある人もいるでしょう。

夏にマスクをつけることに対して「おかしい」「気持ち悪いと感じないのかな?」と思う人もいます。

しかし、健康や美容目的で夏にマスクをつけても良いと思う人は沢山います。

夏のマスクは、接触冷感繊維やマスクスプレーをプラスするのがおすすめです。

少しでも涼しいと感じることができるように、こまめに付け替えたりタオルで拭くなど対策が必要です。

暑さや蒸れ対策をして、夏のマスクを快適に過ごしましょう! こちらの記事では、マスクで耳が痛くなる原因と対策についてご紹介しています。

マスクをつけて快適に過ごすコツを知ることができますよ。

耳が痛くなりにくいマスクもご紹介しています。

ぜひ、参考にしてみてください。

つぶやく シェアする LINEで送る 商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

キーワード

  • マスク
  • 理由
  • 快適
  • すっぴん
  • マスクスプレー
  • 健康
  • 化粧
  • 意味
  • 対策
  • 接触冷感繊維
  • 紫外線
  • ペパーミント
  • 紫外線対策