エンタメ

中学受験に失敗、「絶対人に言えない学校」に入学――心が折れた優等生は「再生」できるのか

2020年03月28日更新
中学受験に失敗、「絶対人に言えない学校」に入学――心が折れた優等生は「再生」できるのか
“親子の受験”といわれる中学受験。思春期に差し掛かった子どもと親が二人三脚で挑む受験は、さまざまなすったもんだもあり、一筋縄ではいかないらしい。中学受験から見えてくる親子関係を、『偏差値30からの中学受験シリーズ』(学研)などの著書で知られ、長年中学受験を取材し続けてきた鳥居りんこ氏がつづる。 写真ACからの写真 受験は数字の世界だ。「1点」が受験生の明暗を分けることも普通に起こる。例えば、同じ学校を受けたA君とB君が、入試で1点差だったとして、2人に学力の差はないに等しくても、A君は合格、B君は不合格となる場合がある。なんともシビアな世界なのだ。 もう一つ、受験生たちを追い詰め...

キーワード

  • 学校
  • 未希
  • 校長先生
  • 校長
  • 偏差値
  • 中学受験
  • 受験
  • 子ども
  • 友達
  • 入学
  • 成績
  • 紅茶
  • ニコニコ
  • 早朝