ヘアスタイル

ハイライトのセルフでも失敗しない入れ方!コツやおすすめのヘアカラー剤は?

2020年05月21日更新
ハイライトのセルフでも失敗しない入れ方!コツやおすすめのヘアカラー剤は?

セルフでハイライトを入れるのが流行っているのをご存じですか?安い値段でおしゃれで明るいヘアカラーになると評判です。

そんなハイライトの入れ方や必要なもの、コツや注意点などをご紹介します。

あなたもきっと、自分でハイライトを入れたくなりますよ! 【必要なもの】セルフでハイライトヘアカラー ①市販のブリーチ剤 Photo by Alex Holyoake ハイライトを入れたいときには、市販のブリーチ剤を用意しましょう。

いきなりヘアカラーでハイライト入れようとしても、キレイに染まりません。

ヘアカラーで染めたい場合も、まずばブリーチ剤で髪の色を明るくしてからにしましょう。

あまり目立たせたくない場合は、ブリーチの効果が低めのブリーチ剤を選んでください。

②ビニール手袋・ケープ Photo by Marco Verch Professional Photographer and Speaker セルフでハイライトを入れるときには、必ずビニール手袋とケープをしましょう。

ブリーチ剤が洋服や手についてしまうのを防ぎます。

市販のブリーチ剤には、手袋やケープがセットになっているものもあります。

新しく買う場合は、まずは用意した市販のブリーチ剤の内容をチェックしてから購入しましょう。

③アルミホイル Photo by Marco Verch Professional Photographer and Speaker アルミホイルは、キレイなハイライトの入れ方に必要なアイテムです。

髪を染める道具といっても、特別なものではありません。

キッチンで使う普通の市販のアルミホイルでOKです。

アルミホイルは、ハイライト用に新しいものを1本用意しましょう。

きれいにハイライトが入るだけでなく時短にもなりますよ。

④ヘアコーム Photo by ハイライトを入れるときには、目の粗いヘアコームがおすすめです。

ブリーチ剤を塗っているときに使うのではなく、塗る前に髪をとかしたり、ブロッキングするときに使います。

目の粗いヘアコームはハイライトの後のヘアカラーでも使えますので、持ちやすく使いやすいものを選びましょう。

⑤ヘアゴム・ヘアクリップ 髪の毛をブロッキングするために、ヘアゴムやヘアクリップを用意しましょう。

セミロングやロングの方はヘアゴムでもヘアクリップやダッカールでもOKですが、ショートの方は細かく縛れる小さいアレンジゴムなどがおすすめです。

ブリーチ剤がつくと変色することがあるので、捨ててもOKなものを用意しましょう。

⑥鏡&小さい鏡 ハイライトをセルフで入れるときには、大きな鏡だけでなく、手鏡のような小さな鏡も用意しておきましょう。

正面は鏡で確認できますが、後ろを見たいときに小さい鏡があれば、合わせ鏡にして後姿を確認できます。

ブリーチ剤がついてしまうこともあるので、汚れてもOKな鏡を用意しましょう。

【入れ方・手順】セルフでハイライトヘアカラー ①汚れてもOKな服装に着替える ハイライトを入れる前に、まず汚れてもいい服装に着替えましょう。

ブリーチ剤が付いてしまうと洋服の色が変わってしまうことがあります。

また、首回りは肌が弱いので、ブリーチ剤が付かないようにタオルをまいて保護しましょう。

②ブラッシングで汚れやホコリを落とす ハイライトの入れ方は、まずブラッシングをして髪をケアし汚れやほこりを落とします。

汚れていたり髪が絡まっていると、キレイにハイライトが入りません。

このひと手間を省いてしまうと、仕上がりに差が出ますので、髪に引っ掛かりがなくなるようにブラッシングしましょう。

③髪の毛をブロッキングする 髪の毛のブロッキングは、ハイライトの入れ方で重要な手順です。

ブロッキングすることで、髪の内側にもキレイにハイライトが入ります。

また、ブロッキングは細かく分ければ分けるほど良いでしょう。

ヘアコームの反対側が細くなっていれば、その先端を使って髪を分けると上手にブロッキングできます。

④アルミホイルで包む Photo by Dwayne Bent ハイライトの入れ方でアルミホイルを敷いて包むのは、重要なポイントです。

髪に細くブリーチ剤を塗ればハイライトが入りますが、そのままですとブリーチしたくない部分にも液がついてしまいます。

ブリーチする部分との間にアルミホイルを敷いて液を塗り、他につかないようにアルミホイルで包みましょう。

⑤ブリーチ剤を塗って20~30分置く ブリーチ剤を塗布したら、そのまま20~30分置きます。

明るいハイライトの入れ方は、放置時間を長くすることです。

市販のブリーチ剤に放置時間が載っていますが、暗めの入れ方にしたい時にはそれより短く、明るい入れ方にしたい時には長くしてOKです。

⑥キレイに洗い流す 最後にブリーチ剤をキレイに洗い流します。

ブリーチのみのハイライトの入れ方でしたら、手順はここで終わりです。

キューティクルが開いているので、十分にケアをしてください。

すぐにヘアカラーをしたくても、ブリーチしたての髪はカラーが入りにくくなっています。

酸シャンプーやリンスで髪のPHを整えましょう。

【コツ・注意点】セルフでハイライトヘアカラー ①髪の根元にブリーチ剤を塗らない Photo by Marie セルフでハイライトを入れる時には、根元にブリーチ剤を塗らないよう注意しましょう。

根元までブリーチ剤を塗らない理由は2つあります。

1つ目は、頭皮にダメージを与えないようにするためです。

ブリーチ剤が皮膚につくと肌を傷めるので、十分注意してください。

2つ目は、馴染みの良さです。

根元まで液をつけないことで、ほんのりグラデーションになり馴染みが良くなります。

根元まで塗ると、髪が伸びてきたときに境目がハッキリクッキリしてしまうので注意してください。

②出来るだけ極細でハイライトを入れる Photo by Derral Chen 出来るだけ極細でハイライトを入れるのが、キレイに仕上がるコツです。

太いハイライトはメッシュのようになります。

また、細いとブリーチ部分が少なく髪のダメージも少なくて済みます。

ハイライトを補足するコツは、ブロッキングを細かくすることです。

細ければ細いほど、上品な印象のハイライトになりますよ。

③ヘアカラーは1~2週間後に ヘアカラーを追加でする場合は、1~2週間後にするのがコツです。

いつも使っているシャンプーでケアした場合、ブリーチ後の髪の PH(ペーハー)はアルカリ性になっています。

その状態でヘアカラーをしても思った色に染まらないことが多いので注意しましょう。

すぐにヘアカラーもしたいという方は、髪のPHは弱酸性なので、酸のシャンプーやリンスで髪のPH整えてください。

酸シャンプーなどがない場合は、自然に酸化するのを待つために期間を置くことがコツです。

カラーはハイライト部分だけでなく、全体を染めましょう。

部分染めは髪にムラができるので注意してください。

セルフでハイライトおすすめ市販のブリーチ剤3選 ①ホワイトブリーチ ワイエス パーク プロフェッショナル ホワイトブリーチ Amazonで詳細を見る ホワイトブリーチは、効果の高い市販ブリーチ剤です。

美容院などで採用されているパウダーを使用している、おすすめのブリーチ剤になります。

ホワイトブリーチというと真っ白になる印象ですが、日本人の髪は金髪になることが多いでしょう。

ケアアイテムは付属されていません。

ワイエス パーク プロフェッショナル ホワイトブリーチ 価格 1,340円 内容量 パウダー15gローション90ml ケアトリートメント × ②メガメガブリーチ フレッシュライト メガメガブリーチ Amazonで詳細を見る フレッシュライトのメガメガブリーチは、ムラなくきれいにブリーチ出来るおすすめブリーチ剤です。

流動パラフィンが配合されているので、髪がきしみにくいのも大きな特徴です。

さらにブリーチ後の髪をケアするアイテムも付いていますよ。

フレッシュライト メガメガブリーチ 価格 711円 内容量 1剤25g+2剤83mL+P22g アフターカラートリートメント 15g ケアトリートメント 〇 ③ビューティーン ベースアップブリーチ ホーユー ビューティーンベースアップブリーチ Amazonで詳細を見る ビューティーンベースアップブリーチは、ブリーチ力があり髪のケアがしっかりした、おすすめのブリーチ剤です。

2回ブリーチしたような明るさが、1度で手に入ります。

すぐにカラーリングできるように、PHコントローラーケアもついています。

ビューティーン ベースアップブリーチ 価格 538円 内容量 1剤36g+2剤72mL+P23g+美容液8mL ケアトリートメント 〇 セルフでハイライトおすすめ市販のヘアカラー剤3選 ①泡カラー ブリティッシュアッシュ リーゼ 泡カラー ブリティッシュアッシュ Amazonで詳細を見る リーゼの泡カラーブリティッシュアッシュは、グリーンアッシュ系に染まるおすすめのヘアカラーです。

日本人の髪特有の、赤みや黄色味を抑えてくれます。

色落ちしても赤みや黄色味は抑えてくれるので、長くヘアカラーを楽しめます。

ケアアイテムが付いています。

リーゼ 泡カラー ブリティッシュアッシュ 価格 693円 内容量 108ml ケアトリートメント 〇 セルフでハイライトを入れたら、アッシュ系のヘアカラーで染めると赤みを抑えた外国人風のカラーに染まります。

アッシュ系のヘアカラーについてもっと知りたい方は、以下の記事も併せて読んでくださいね。

②アンナドンナ キャットグレージュ EVERY(エブリ) エブリ ヘアカラー キャットグレージュ Amazonで詳細を見る アンナドンナのエブリヘアカラーキャットグレージュは、髪にツヤと透明感を与えてくれるおすすめのヘアカラーです。

アッシュですが透明感があり、軽い仕上がりになります。

コツは、ヘアキャップをして放置することです。

ケアには、アフターケアパックが付いています。

エブリ ヘアカラー キャットグレージュ 価格 1,760円 内容量 1剤40g+2剤80ml ケアトリートメント 〇 ③泡タイプカラー ベリーアッシュ フレッシュライト 泡タイプカラー ベリーアッシュ Amazonで詳細を見る フレッシュライトの泡タイプカラーベリーアッシュは、髪にくすみ感が欲しい方におすすめのヘアカラーです。

くすみだけでなく、透明感も出ますよ。

日本人特有の赤みや黄色味も、しっかり抑えてくれます。

アフターケアトリートメントが付いています。

フレッシュライト 泡タイプカラー ベリーアッシュ 価格 680円 内容量 1剤30ml+60ml アフターカラートリートメント15g ケアトリートメント 〇 【番外編】セルフハイライトのメリット・デメリット メリット①動きのあるヘアスタイルになる セルフでハイライトを入れると、動きのあるヘアスタイルになります。

重めだった髪も、ハイライトを入れると明るく軽い仕上がりになります。

あまり明るい髪色がダメな職場でも、ほんのりハイライトであればナチュラルに明るめの色に出来ます。

メリット②価格を抑えられる セルフハイライトは、美容院に行くよりも価格が抑えられるのが大きな魅力です。

美容院で何万もするハイライトも、セルフであれば数千円で出来ます。

その分手間はかかりますが、節約しないといけない時などには助かりますね。

デメリット①失敗することがある セルフハイライトは失敗する可能性もあります。

思ったよりも明るくなりすぎてしまった、ハイライトを入れすぎたなどがあります。

ブリーチは失敗すると元には戻らないので注意が必要です。

心配な場合は、ブリーチ剤の放置時間を短くするのが失敗しないコツです。

デメリット②髪が傷みやすい セルフでハイライトを入れると、髪が傷みやすいので注意しましょう。

ブリーチは髪にダメージを与えて脱色します。

酸化しないと、どんどん傷みが進んでしまうのです。

ブリーチ剤についているケアアイテムなどでしっかりケアするのがコツです。

セルフでハイライトを入れておしゃれなヘアカラーを楽しもう! 難しそうなハイライトですが、きちんと用意をして手順を覚えれば、簡単に出来ることが分かりました。

コツや注意点も守れば、よりキレイにハイライトが入れられます。

メリットやデメリットなども参考にして、セルフでハイライトを入れておしゃれなヘアカラーを楽しんでくださいね! つぶやく シェアする LINEで送る 商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

キーワード

  • ハイライト
  • ブリーチ
  • ヘアカラー
  • セルフ
  • 入れ方
  • ブロッキング
  • アルミホイル
  • コツ
  • ケア
  • キレイ
  • フレッシュライト
  • ケアトリートメント
  • 注意
  • 用意
  • ホワイトブリーチ