美容

バスタイムと美ボディの関係って!?夏に“湯船に浸かる”メリット

2020年06月03日更新
バスタイムと美ボディの関係って!?夏に“湯船に浸かる”メリット

夏本番。

暑いと、シャワーだけで済ませたくなる日もありますよね。

でも、美ボディを目指すなら湯船につかることで得られるメリットは実はたくさんあるのです。

肌の露出も増える夏、しっかりお風呂派女子の割合はどれくらいでしょうか。

そこでラブリサーチではを実施しました。

『お風呂とシャワーどちらが多いですか?』と聞いたところ、「お風呂」と答えた女性は、27.9%でした。

まだまだ「お風呂」のメリットをご存知でない方が多いのかもしれません。

今回は、気になるバスタイムと美ボディの関係、夏場の入浴のメリットをご紹介します。

美容・ボディケアについてのアンケート Q.【女性に質問】お風呂とシャワーどちらが多いですか? 回答時期:2015.06.11〜2015.06.19|119名が回答 お風呂:39名 シャワー:80名 それはなぜですか?詳しく教えてください お風呂 必ず湯船に浸かりたいから。

脚が疲れやすいのとも温まりたいのとで、シャワーだけで済ます事はほぼ無いです。

お風呂タイムはリラックスタイムでもあるので、シャワーだけで済ませることはありません。

彼に会うために、いつも綺麗で清潔にしていたいから。

むくんだりするので湯船につからないと疲れがとれないから 湯船に浸かってほっとする瞬間が大事。

静かに浸かってると、その空気で心が落ち着くから。

シャワー おふろあがりに汗凄いかいたり、ずっともわーっとするのが気持ち悪いのでシャワーで洗い流すのが良い たとえ38度のぬるめのお風呂だとしても、夏場は「気持ちいい」と思えない。

それ以下にすると体冷えそうだし。

だから夏場はシャワーだけ シャワーで十分!すーっとするボディソープシャンプーを使えば気持ち良さ倍増! せっかくシャワーで汗を流しても、熱いお風呂に入ってまた汗をかいたら意味がないから 早く終わるから。

お風呂の方が疲れは取れると思いますが、朝晩シャワーにしています シャワーで済ませることが多くなる?! ・「時間がないので、季節にかかわらずいつもシャワーで済ませます。

でも本当はゆっくりとお風呂に浸かりたいです」 ・「暑さに弱いので、シャワーで済ませた方がスッキリします」 忙しいし、暑い時間短縮のためシャワー派になる人が急増します。

特に、汗をたくさんかいた後のシャワーは気持ちがいいんですよね。

これ以上汗をかきたくないときに手っ取り早くサッパリした気分にもなれます。

海やで日焼けした肌に負担をかけたくない人や、熱中症になりかけたときなど、入浴を控えたほうがいいケースもあります。

もしっかり「お風呂派」は少数? ・「冷え性だし、ゆっくり温まって疲れをとりたい」 ・「疲れもとれるし、心身ともにリラックスできるから」 ほかにも「むくみが気になるので」「ほうが太りやすくなるので、ダイエット効果を期待して」など、気温が高くても、冷房の効いたオフィスで長時間仕事をしていたり、冷たい飲み物や食べ物によってカラダが冷えてしまうことも。

冷えや疲れをとるのに、お風呂は最適です。

夏こそ湯船につかったほうがいい理由 外の暑さと室内の冷房の気温差で疲れやすく、また、カラダの中から冷えてしまい、血流やリンパの流れが滞ってしまうことがあるようです。

むくみが気になるという人も多いですよね。

お風呂には代謝をよくするメリットがあります。

また、お風呂に入ることで毛穴が開き、詰まった汚れを落としやすくしてくれるのです。

ダイエットや美肌づくりを頑張りたいなら、湯船でリラックスしましょう。

気持ちのいい入浴で幸せな恋を引き寄せて 寝る2時間前、38~40℃くらいのぬるめのお湯に20分以内の入浴がベスト。

むくみがスッキリして、気持ちよく眠ることで爽やかに目覚めることができます。

カラダの不調を解消することで自然に笑顔も増えれば、素敵な恋も引き寄せられます。

脱水症状には気をつけて、水分補給を忘れずに入浴で美ボディを目指しましょう。

writing by ラブリサーチ

キーワード

  • シャワー
  • お風呂
  • 湯船
  • 入浴
  • 美ボディ
  • カラダ
  • 夏場
  • ダイエット
  • リラックス
  • 冷房
  • スッキリ
  • バスタイム