エンタメ

「生きジゴク」になっちゃうよ……教員も参加した“葬式ごっこ”が奪った中学2年生の命

2020年06月21日更新
「生きジゴク」になっちゃうよ……教員も参加した“葬式ごっこ”が奪った中学2年生の命
2019年、文部科学省は「2018年度のいじめ認知件数は約54万件にのぼる」という調査結果を報告している。この数値は2017年度比で約13万件増加しているが、施設別に見ると小学校での増加が特に多い。 また、「いじめにより当該学校に在籍する児童等の生命,心身又は財産に重大な被害が生じた疑いがあると認めるとき」「いじめにより当該学校に在籍する児童等が相当の期間学校を欠席することを余儀なくされている疑いがあると認めるとき」と定義される「重大事態」は602件あった。こちらも前年度比88件増加しており、いじめ行為の深刻化に歯止めがかからない状況だ。 『学校が子どもを殺すとき』(論創社) こ...

キーワード

  • 自殺
  • 菜絵
  • 学校
  • 生徒
  • 亜弥
  • 遺族
  • 教師
  • 葬式
  • 調査委
  • アンケート
  • 市教委
  • 裕史
  • 調査
  • 被害生徒
  • 担任