エンタメ

発達障害の専門家は「未熟さ」と「先天性の脳機能障害」を区別できない

2020年07月30日更新
発達障害の専門家は「未熟さ」と「先天性の脳機能障害」を区別できない
「発達障害」とは、ADHD(注意欠陥多動性障害)、ASD(自閉症スペクトラム障害)、LD(学習障害)など複数の障害の総称として使われている。厚生労働省も「発達障害」について、「生まれつきの特性で」「生まれつき脳の一部の機能に障害があるという点が共通しています」としており、発達障害支援法でも「脳機能の障害」(第2条)とされている。 しかし、実は、「発達障害」はいまだに科学的根拠のある診断が確立されておらず、「脳機能障害説」「先天性説」も実証されていない。そのため、診断は表面的兆候から症状を区別する方法が主流となる。つまり最終的には医師の主観による診断にならざるを得ない。 それにもかか...

キーワード

  • 発達障害
  • 診断
  • 専門家
  • 人々
  • エビデンス
  • 障害
  • 理解
  • 状態
  • 不正
  • 事実
  • 議論
  • 大衆
  • 医師
  • 特性
  • 発達