エンタメ

Netflixで特集された性犯罪被害者の女性が23歳で自殺、アクティビストとして活動していた

2020年08月06日更新
Netflixで特集された性犯罪被害者の女性が23歳で自殺、アクティビストとして活動していた
レイプ犯は性的暴行の罪に問われなかった 14歳の時にレイプされ、その後、学校での性暴力を防ぐことを目的とした非営利団体SafeBaeの発足に関わったデイジー・コールマンが、23歳で自殺した。 ミズーリ州に住んでいたデイジーは14歳だった2012年1月に参加したホームパーティーで、19歳のマシュー・バーネットにアルコールを強要された後、レイプされた。さらにその様子を、パーティーにいた他の少年が携帯電話で撮影していた。デイジーは翌日、彼女の家の外に放置されているところを家族によって発見された。彼女の髪の毛は濡れていて、当時の気温は華氏22°F(マイナス5℃程度)だったという。 しかし、高校...

キーワード

  • デイジー
  • 被害者
  • 自殺
  • 被害
  • 性暴力
  • レイプ
  • セカンドレイプ
  • 相談
  • 確率
  • 暴行
  • 特集
  • Netflix
  • マシュー
  • PTSD
  • アメリカ